全裸彼氏の肉棒を覗き見

 

shy468-02

46860-10

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

%e6%99%82%e3%82%92%e5%b7%a1%e3%82%8b%e5%b0%91%e5%a5%b3-ti

 

第9話
あなたがいない世界なんて

それは生きているというより、明らかに死に近かった。
どこまでも広がる白い闇の彼方から、その人の身体はゆっくりと音もなく流れ着いていた。
うつ伏せのまま、ゆらゆらと宙に浮かんでいる。

「し、翔くん……」

美桜の唇が細い声を吐いた。
下着一つ身にまとっていない。
逞しく引き締まった男の背中を、臀部を、太腿から足先を、最後にはっきりと見覚えのある刈り上げられた後ろ髪を。

「ふぅっ、この男で合っているわね?」

常にポーカーフェイスを気取っていたサキコだが、気力なり体力はそれなりに消耗していたのだろう。
肩を小さく弾ませながら美桜にたずねた。

だが美桜は答えなかった。
確かに翔吾らしい身体の半分を眺めたまま、心を抜かれた人形のように立ちすくんでいた。

「もう、世話のかかる子ね」

年下なのに、年上のセリフを吐いて、サキコは腕を伸ばした。
まるで水死体そのままの身体に軽く指を当てると、その肌をなぞるように指の腹を滑らせる。

「翔吾で間違いないよね?」

音もなく男の身体が反転する。
愛おしかったその人の全てを晒すように表向きにされ、サキコがもう一度念押しした。
そして美桜は、声を失くしたままうなずいた。
腕を伸ばしかけて、けれども止めた。

「ちょっと残念かも。美桜と違って、彼氏の魂の方はもう……」

サキコの放った重たい一言に、全身の筋肉まで硬直させたのである。

(翔くんは死んじゃったの? 美桜をこんな所に置いてけぼりにして、翔くんだけなんて……)

出来ることなら、二人で手を取り合ってもう一度あの世界へ。
ここに立っている不思議な力を持った彼女なら、もしかしたらと期待して。

「泣いてるのね、美桜?」

「グス、グスン……泣いてたら、悪いの?」

サキコに対する畏怖の念は消えていた。
好奇な目で眺めるサキコに、美桜はギロっとした目を向けた。

「うふふ、それにしても翔吾のアソコ。とっても立派なのを生やしてるのね」

「ヤメテ! 翔くんに触らないで!」

しかし、そんな美桜の哀しみもよそに、サキコの目はスライドする。
むき出しで放置された翔吾の股間へと注がれていた。
黒々と生い茂った陰毛の中から伸びる男根へと、美桜が止めるのも聞かずに指を這わせようとする。

「うふふ、冗談よ。今のところはね、まだ冗談で勘弁してあげる」

そして表皮の剥けきった大人の亀頭を前に、サキコは指を離した。

「冗談って……ひどい……」

ほっと安堵して、同時に悔しい思いが込み上げてきた。
涙でゆらりと歪んだ視界。
その中で、美桜は愛する人の顔を眺めた。
もう少し不幸な瞬間が遅れたなら、きっと結ばれたに違いない愛する人のペニスも、目を背けずに見つめていた。

「あっちの世界へ戻ったって……」

考えること。
思うこと。
全ては翔吾のことにつながっていた。

「二人してあちらの世界へ戻っても、どうせまたこっちに……」

だから背伸びしたサキコが、美桜の耳元でささやいても反応を示す余裕もなく。

「ねぇ、聞いてるの?」

「えぇ、ちゃんと聞いているわよ」

それなのに、美桜は言い返していた。
片目を翔吾に当てながら、もう片方の黒目の端でサキコの顔を半分だけ捉えながら、理不尽な腹立たしさをぶつけるようにさせて。
ほとんど耳に残っていないのに強がるフリもしてみせて。

「ふーん、それじゃ説明はいらないわね」

「えっ? なに……なんのことなのよ? ちょっと!」

腹を立ててみせ、強がってみせて。
美桜は今更になって慌てた。
目を細めたサキコが、漆黒のドレスを振り乱すように両腕を掲げたのだ。

薄く開かせた唇が何かを詠唱している。
生まれて初めて耳にするミステリアスのメロディーをサキコが紡いで、そして……

「滅びし肉体よ! 砕けし魂よ! いざ廻らん! 現世への扉へと!」

あどけない少女の覇気のある美声が、美桜を襲った。
中空に漂う翔吾の抜け殻を包んだ。
サキコが突き上げていた両腕を、斜め下へと振りぬいた。

「キャァッ! サキコ、助けて! ごめんごめんなさい……!」

質感を伴わない風が、美桜と翔吾を巻き上げる。
膝に手をつきながらも顔を持ち上げ、無表情のまま見送るサキコが見る間に遠ざかる。

『翔吾と結ばれなさい。美桜の……バージンを……翔吾に……』

それは耳鳴りだろうか?
それは空耳だろうか?
それは気まぐれなゴスロリ少女の、危険なスパイスの効いたアドバイスなのだろうか?

美桜はそれを胸の奥に秘めさせた。
漏れだすのを封じるように、両手で胸を抱え込んだ。

指先から肩口へと。
つま先から太腿へと。
希薄化していく大気のように、煌きながら肉体が消え去っていく。

「翔くん! 翔くん!」

そんな中でも、美桜は愛する人の名を夢中で叫び続けていた。
やがて身体の存在が失われ、それでもどうにか保たせた魂の気配だけを頼りに、はぐれたその人を懸命に探した。

彷徨い、そして流されていく。
数年、数百年、数千年……
時が過ぎ去るのを、魂の欠片が感じた。

数千年、数百年、数年、数か月、数日、数時間、数分、数秒……
時が縮むのも感じた。
限りなく収縮し、収斂していく。

(わたしはどこへ? それよりも翔くんは? 翔くんも一緒なの?)

考える傍から白くなって消滅する。
思考そのものがあやふやな感に陥っていく。

光が明滅して闇の大気が攪拌され、無限に広がっていた空間は、いつしか細く連なるトンネルへと変わった。
しかし美桜は逆らわない。
ただ流れに身を任せたまま彷徨わせていく。

(翔くんともう一度……美桜は翔くんとあの場所で……)

永遠で、一瞬で。
時を忘れた浮遊の中で、美桜の思考が産声をあげる。
誰かに言い含められ、誰かに踊らされながらも、美桜は宿していた想いを脳裏に描き始める。

やがて、無で構成されていた大気に変化が生まれる。
懐かしい質感に透明な肌が刺激され、美桜は何かを悟った。

本能が蘇り、美桜は感じたばかりのまぶたを閉じた。
失われていた五感が復活するなか、美桜は大きく息を吸い込んだ
肺の隅々に恐る恐る染み込ませてから、深くゆっくりと吐きだした。
懐かしい呼吸を再開させる。
それと共に、『生きている』という根拠のない実感に安堵した。

透明からミルク色へ。
清らかに色づく素肌が、探し求めていた人の息遣いも拾った。

 

 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA