処女の女の子がクリトリスを押しつぶしてオナニー

 

shy468-02

46860-09

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

%e6%99%82%e3%82%92%e5%b7%a1%e3%82%8b%e5%b0%91%e5%a5%b3-ti

 

第8話
あなたを想えば全裸オナニーだって平気

 「ふあぁ、ひぁっ! ビンビンしちゃうぅっ! はあぁぁ、感じちゃうのぉ」

押し迫ろうとする恥肉のヒダを泳いで、ヌラリとした指先が踊った。
切り上げられた割れ目の先っぽを、人差し指の腹でなぞったのだ。

痺れるような快感が、美桜を襲った。
性感を束ねたような器官、クリトリスへの刺激に、丸みを帯びた背筋がピンと跳ねる。

「気持ちいいのね、美桜。独りエッチして、大切な人を忘れるくらい感じてるのね」

いつしかサキコは、ベッドの縁に寄り添っていた。
息を吹きかければ届く距離で、美桜の濡れそぼった花弁に目を当てている。

「はあっ、くっ……そんなことぉ、ふあぁんっ……」

美桜はすぐに否定しようと唇を動かした。
けれども甘く緩んだ女の吐息に呆気なく阻まれてしまう。

「うふふっ、無理しなくていいのよ。もっと自然に……気を楽にして、美桜の大切な処に沈めた指だけに……神経を集中させて……」

「いぃ、嫌ぁ……くぅ、でもぉ……指が勝手にぃ、あぁんっ……」

身体の中心を切ない電流が駆け抜けていく。
まるで子守歌のようにささやきかけるサキコの声。
それに操られるかのように、美桜の両手がハシタナイ振る舞い披露させる。

(ごめんね、翔くん。こんな淫らな美桜を許して……)

ギュッと閉じては、薄く開いて……
美桜の瞳からは、贖罪色をした涙が零れ落ちていた。

「はうんっ、だめ、ダメェッ! はあぁっ、でもぉ……くふぅんっ……」

しかしである。
透明な光の粒が滴る先では、緩く結ばれて、戸惑うように開かれて……
赤く色づいた美桜の唇は、歓喜の唄声を鳴り響かせているのだ。

じゅちゅぅ、じゅちゃ、にちゅぅっ……

柔肉を弄る指音が増した。

「はあぁ、あぁっ……身体がぁ、溶けそうでぇ……ひうぅんっ……」

漏れ聞こえる喘ぎに艶やかさが増した。

(美桜、飛んじゃう……エッチに指を使って、何もかも白くさせて……)

胸の膨らみを絞りあげていた右腕が、股間に宛がわれていた。
利き腕だからこその器用な指捌きで、蕩けた合わせ目の感じるポイントだけを刺激する。

「ハア、ハァ……イクんでしょ、美桜? だったら……うふぅ、おイキなさい。なにかも忘れて昇りなさい」

そして、向き合うサキコもまた喘いでいた。
質感があり、なのに質感を失って。
そんなグニャグニャと揺らめくベッドの縁に、小さな身体を預けている。
地面なのか? 床なのか? 
それさえもあやふやな所に、膝立ちのまま漆黒のドレスの裾を捲りあげ、華奢な腕をその奥へと忍び込ませ。

「き、気持ちいいのぉ……わたし、もう……ふあぁ、あはぁっ」

「ひふぅ、んはぁ……あたしもよぉ、美桜……オマ〇コが、痺れてぇ」

少女と少女の悦びの声がハーモニーされる。
ふしだらに奏でては吸い込まれて、それでも止まらない指使いを、性感の大波がさらに後押しする。

「んぐ、はぁ……イク時は知らせるのよ」

サキコが美桜に命じた。
優雅にカールされた髪を振り乱して、幼い身体を上下に弾ませながら。

「はぁ、はい……サキコ様……んふぅっ」

美桜も素直に従った。
湯立つように赤く染められた顔をコクコクとうなずかせながら、ラストスパートのように指を滑らせた。

「あくっ、くぅっ……美桜の……おぉ、オマ〇コ……ひあぁぁっっ!」

右手の指先が、処女膜すれすれのラインを抉る。
左手の指先が、硬質な肉真珠の包皮をめくり、根元から強く揺さぶった。
とても躊躇して、肝心のそこだけ声のトーンを落として、美桜は禁句の単語も口にする。

その瞬間、全身を包む素肌がヤケドをしたように熱く燃え上がり……

「ふぁんっ、すごい……み、美桜ぉ、昇っちゃうぅっ! い、イク、イク……イクぅぅっっ!!」

花弁の肉が激しく収縮する。
ほぐされて蕩ける間際の肉ヒダが、ギュッと閉じ合わされ、絞り立ての愛液をジュワっと放出させる。

美桜は絶頂を感じていた。
腰から背中の真ん中を痛々しい電気に貫かれたまま、放心したように唇をパクパクとさせていた。

「うふぅ、イッたのね……美桜……くはぁ、あたしもぉ、んんっ……オマ〇コ、いぃぃっ! はあぁぁっっ!!」

そして、幼い少女の絶叫が後を追った。
美桜が果ててまもなく、サキコもまたエクスタシーの声を響かせたのだった。
煌びやかにまとわせたゴシックドレスを波打たせ、チラリと覗かせた純白の太腿を身震いさせる。

(わたし……何を? わたしは……そんな……)

美桜は両腕を引き上げた。
だらしなく股を開かせたまま、緩やかに伸ばした指の一本一本を見つめた。

「まだバージンなのにね、美桜は。だけどとってもエッチなのね……うふふ」

「違うわ……わたしはエッチなんかじゃ……笑わないで」

動揺する美桜の心を、サキコが抉った。
否定したくて、言い返そうとする美桜をからかうように、サキコもまた腕を掲げた。

「とっても濡れてるでしょ。人差し指も、中指も、他の指もぜーんぶ。うふふ、オナニーして感じちゃって、オマ〇コからたくさん溢れさせた恥ずかしいお汁で」

白色の腕とミルク色の腕がクロスしていた。
ほっそりとした女の子の指と指が交わって、重なり合って、淫靡に光る液体をまぶし合っていた。

「美桜は翔吾と結ばれたいの?」

サキコの問いかけに、美桜はコクンとうなずいた。

「美桜は翔吾とセックスして、バージンをプレゼントしたいの?」

続くサキコの問いにも、美桜は少し恥じらいの目を見せながらうなずいていた。

「ふーん、そんなに美桜は翔吾のことを愛してるんだ」

「はい、わたしはあの人を愛しています。ですからサキコ様……どうか翔吾に合わせてください。そして、出来ることならわたしと翔くんを……」

サキコは一人で納得したように声を吐いた。
するとうなずくだけだった美桜が、意を決したかのような顔つきで声をあげた。
声帯を振り絞るように震わせて、すがりつくような眼差しも抱き合わせて。

「ここから元の世界へってこと?」

言葉に出来なかった最後のフレーズを、サキコが代弁する。
美桜はウンウンと、首が折れるくらいにうなずいた。

「だけど美桜も翔吾も、ホテルの火事で丸焦げになったんでしょ。今も限りなく死人の立場だし」

「そこをなんとかお願いします。翔くんと一緒にもう一度! サキコ様の力で……どうかお願いします」

うなずくだけでは足りないと悟ったのか、美桜は膝をついた。
両手も揃えてついた。
白いモヤの沸き立つあやふやな床上で、全裸のまま土下座をしてみせる。

「まあ、そこまでされたらダメって言えないわね」

「あぁ、ありがとうございます」

プライドも捨てた形振り構わぬ美桜の態度であった。
それが功を奏したのか、サキコの声が緩んだ。

「ちょっと、喜ぶのはまだ早いわよ。それよりもまずは、美桜の彼氏を召喚させないと」

そのサキコが片腕を中空に翳している。
さっきまで花弁に浸していた指先を、今はしなやかにくねらせながら、すっとまぶたを閉じた。
風がないのに風の気配を感じる。
水がないのに、ざわざわとした流れの気配も感じる。

美桜は跪いたまま見上げた。
漆黒のドレスをまとった少女が大いなる力を宿した女神に思えて、瞬きも呼吸も止めて、祈り続けていた。

「燃え尽きし若き肉体を是へ!」

あどけない少女とは思えない覇気のある美声が、無の空間へと拡散された。

 

 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA