人権停止法 性指導

jinnkenn-ti

 

【第11話】

「直美、僕にやらせて」
「自分でします」良道の申し出に慌てる直美だ。
「せっかくだからやってもらいなさい」靖子も言うから「わかりました。パンティからお願いします」
「パンティからだね」良道は立っている直美の前にかがみ込み、両手を薄い生地のパンティに掛けた。
(見られてしまうわ、性器を!)良道の手が足の付け根まで下がった。
絨毛がごま塩のように点々と生えているがピンクに淫裂を隠すことできない。
「綺麗だな、いつ見ても直美のオ○ンコは!」
(言わないで恥ずかしいから言わないで!)太股がブルブル震えている。
良道のパンティを掴んだ両手がさらに下がって淫裂が丸見えになっている。
「足をあげて!」(性器の中が見られるわ。恥ずかしい!)目を閉じて足をあげていく。
「綺麗だよ。オ○ンコのヒラヒラも!」
(いや、言わないで、恥ずかしいの、死にたいくらい恥ずかしいのよ)もう片足もあげていく。
良道の手には温もりのあるパンティが残されている。

良道は直美のパンティを脱がすとブラジャーを脱がにせかかった。
背中のホックを外すとカップから乳房が飛び出していく。
「はい、手を抜いて!」言われたとおりにブラジャーから手を抜いて全裸にされてしまった。
(恥ずかしいわ、ヌードを見られているなんて!)両手を後ろで組み、乳房と淫裂を晒した直美は全身が恥ずかしさでピンクに染まり、乳首も限界まで膨らんでいた。
(痛いわ、乳首が痛い!)自分でも恥ずかしさで乳首が固くなっているのが分かっている。
「直美、こっちにおいで!」全裸になった直美は良道の隣に座らされ乳房、淫裂と触られている。
「裕美、早く脱いで。僕も裕美のオッパイとオ○ンコを触りたいよ」
(いや、そんな言い方はいやです。フルヌードにはなるけど)裕美も直美を見習ってGパンを脱いだ。
「あら、あなたも可愛いわね、ブルーなんて!」
「脱ぎますからみているだけにして下さい」恥ずかしさでやはり、顔が真っ赤になっている。
「裕美、僕も手伝うよ」裕美も直美同様に良澄によってパンティ、ブラジャーが脱がされ乳房と淫裂を露にしている。
「裕美、おいで!」(オッパイを触るのね!)裕美も体を震わせながら良澄の隣に座った。
「優しくして下さい!」小さな声で言う。
「勿論さ、僕の宝だから!」丁寧に乳房、淫裂と撫でていく。

「直美、オッパイとオ○ンコを触っていたら、やりたくなったよ。やらせてくれないか」良道はズボンを脱いで下半身を露にした。
「待って下さい。卒業したらバージンを差し上げますから卒業までは待って下さい」泣きそうな顔で両手で股間をしっかりと押さえている。
「直美さんの言う通りよ。卒業まで待ってあげなさい。その代わり、お口でしてもらったら?」
「したことがありません」声を震わせて言う直美に「大丈夫よ、教えてあげるから」靖子は良造のチャックを下げて肉竿を取りだした。
「いい、こうするのよ。直美さん」靖子は肉竿を握った手を上下にゆっくり動かしていく。
「いい、気持いい!」萎縮していた肉竿が膨らんでいく。
(オチンチンが膨らんだ!)初めて見る光景を食い入るように見ている直美と裕美だ。

「やって、裕美もやってよ」興奮した良澄もズボンを脱いでいく。
「直美さんに裕美さん。分かったでしょう。堅くなったらこうするのよ」膨らみきった肉竿を口に含んで頭を振っていく。
(やらないといけないのね)直美と裕美は肉竿を握っていく。
(暖かい、オチンチンが暖かい!)握った手を上下に動かしていく。
「して、口でして。直美!」「は、はい」直美は良道の股間に顔を埋めて肉竿を口に含んだ。
(苦しいわ、息苦しい!)それでも我慢して顔を振っていった。
良道も直美の乳房を揉んでいく。
「裕美、口でして。出したいんだ!」
「分かりました」裕美も股間に顔を埋めて口に肉竿を含んでいく。
「靖子、こんな気分久しぶりだよ。オッパイ、いいだろう」良造は靖子の服を脱がせてていく。
「うん、うん、うん!」」3人は肉竿をくわえて喘いでいる。
「行く、行くぞ。靖子!」良造は靖子の乳房を掴んで動かない。
しばらくして靖子が頭を上げると涎のように精液が糸を引いている。
「よかったわ。久しぶりのエキスが」靖子は手で口からこぼれた精液を拭いている。

同様に良道と良澄も絶頂を迎えていた。
「だすからね!」乳房を掴んでいた手で頭を押さえている。
「うー!」「あ、あー!」喘ぎ声をあげて放出を始めた。
(何かしら、ネバネバしたのは。もしかして…)「飲むの、飲むのよ」靖子がいう。
「ゴクン!」液体を飲み込んでいく。
(臭い、これ精液なんだ!)初めて精液を飲み込んだ。
「良かったよ!」良道と良澄は手を離し、頭を上げた二人は口から糸を垂らしている。
「やり方が分かったでしょう。浮気をしないように溜まったら抜いてあげるのよ」口を手で拭きながら頷く2人だった。
排出を終えると良道と良澄はズボンを履いていく。
「あなた達も手伝ってあげて。片づけって大変なのよ」
「わかった。行こう!」直美と裕美は与えられた部屋に向かった。
「明日から大学だろう。僕もつき合うからね」良澄と良道は片づけをしている2人の背後から抱きつき、乳房を掴んだ。
「待って、終わったらしますから。これじゃ片づけができません」乳房を掴まれながらも荷物の整理をしている2人だった。

今野家に住み着いてから初めての朝がきた。
今日から2人は良道、良澄を伴って大学に向かった。
「見ろよ、この前は素っ裸だったのに服を着てるぞ」
「ツルツルオ○ンコが見たかったのに」皆が陰口を言っている。
(ひどいわ、そんなことを言うなんて!}泣きたい気持を堪えて俯いていた。
大学でも恥ずかしいことが待っていた。
「写真集を買って下さい。カンパと思って買って下さい」嫌がる直美と裕美を無理に縛って撮った写真だった。
「ひどいわ。縛って撮ったくせに!」写真を見た2人は泣き出した。
それはポルノ同然で足を開かされ性器が口を開いている。
「訴えてやる。縛り付けて撮ったのだから」泣きながら言う裕美だ。
「もういや。こんな学校やめる!」直美が言い出すと「後悔するぞ、最後までやれよ」良道も心配して言う。
「こんな事をするなんて大学じゃないわ、良識の欠片さえないのよ。私もやめる」裕美も泣きながら言う。
「とにかく、家に帰って相談しよう。お前の両親と」4人は大学から伸一の家へと向かった。
しかし、そこにも辱めが待っていた。
「こ、こんな事までされるの!」家の塀や玄関には直美と裕美の屈辱刑を受けた時のヘアヌード写真がいっぱい貼られていた。
「もう、戻れない。家には戻れない!」泣き出す2人だった。

jinnkenn13

 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou07
 
toukou

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA