魔性少女・妖子 後編(3)

 

mashou-ti

 

 

【後編(3)】


「なんで…? 私家で…寝てるはずなのに」

「これは夢の中なのです。我々は、夢でお客様の願いを叶えるのです」
「夢…?」

確かにパジャマのままだ。
それに、歩いて来た記憶すらない。

「さぁこちらに」

通されたのは、妖子の隣の部屋。
あの銀色のドアをした部屋だった。

扉が音を立てて開く。
そこには、ミチルの想像を遥かに絶する光景が、待っていたのである。

「か…おる…こ…?」

広い、体育館くらいありそうな部屋。
天井はそれほど高くないがそれなりで、いくつか滑車があるらしい。
その一つから、鎖で吊されている全裸の少女は、間違いなく薫子だった。

「一体なんなのよ?! こんなことしていいと思ってるの!?」

すごい剣幕で怒鳴る薫子には、目隠しがされている。
両腕はまとめて、天井からの滑車に吊られている。
脚はかろうじて床に着くくらいだ。

「怪。お疲れ様」

聞こえた方にむくと、本当に体育館の檀上に見える場所に置かれた椅子に、妖子が座っていた。
前髪はもう降ろしてはいず、赤い瞳があらわになっている。

「始めますか?」
「そうしましょっか」

ミチルは、その会話を聞きながら、薫子の方も見る。

「もう離しなさいったら! 一体なんなのよ…目が覚めたらこんな…洋服まで取られて…」

暴れても、そう簡単に逃げられるようには出来ていないようだ。
壇上から妖子が降りてきて、薫子の側に行く。

「お客様はこちらですよ」
「キャッ!」

今まで後ろには誰もいなかったはずなのに、いつの間にかあの魔御という少年が立っていた。

「お客様には、観賞していただこうかと。あまりにそぐわなかったら、またこっちで変えますし」
「変える…?」

「そ。基本的に、妖子様は表のお仕事をするときは、普通の探偵なんかと変わらないこともなさいます。
しかし裏の…魔の制裁を与える場合、このようなことが行われるのです。
もし貴女がご不満なら、他のことで片桐薫子を屈服させましょう」

「屈服…ですって?」

魔御の楽しそうな声を聞きながら、ミチルは側の椅子に座らせられる。

「あの手の少女には、プライドをズタズタに引き裂くのが1番きくでしょうから。
それに…彼女は過ちも犯しました。いずれ処罰せねばならなかった。それだけだ」

「なんなの…過ちって」

遠くから怪が薫子に歩み寄る。
そしておもむろに顔を上げさせる。

「ヒっ…誰…誰なの!? こんなことして、ただで済むと思ってるわけ!…キャッ!」

怒鳴る薫子を止めたのは、怪が薫子の頬を平手打ちしたからだった。
パンッと渇いた音が響く。

「口を慎め…貴様は主を愚弄した…これは正当な報復だ」

親にもまともに打たれたことのない薫子は、頬を軽く叩かれただけで呆然としている。

「怪。それはまた別でしょ? 今は依頼を遂行するだけっしょ。それに…女の子を叩いたりしちゃダメ」

怪の側に来て、妖子は怪の手を取り、指を舐める。

「…申し訳ありません…妖子様…」
「アヤ…コ…?まさか…黒河…?!」

声と名前で気付いたのだろう。
薫子は息をのむ。

「そうっすよ。クラスメートの黒河妖子っす。覚えていてくれてるなんて…光栄だなぁ」

楽しそうに笑いながら、妖子は薫子の髪を撫でる。

「何のつもりよ!
誘拐?
それとも虐めの仕返しな訳!?
大人の力を借りるなんて卑怯だわ!」

「仕返しなんて滅相もない」

怪が下がるのを気にも止めず、妖子は薫子の頬に触れて微笑む。

 

 

mashou-10

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA