魔性少女・妖子 後編(2)

 

mashou-ti

 

 

【後編(2)】


「魔女…!?」
「あたしゃあね、ちょいと不思議なことが出来るんですよ。
昔から。それを使って色々やって、仕事にしてるんすけど。
後は体質がちょいと変わっててねぇ。あたしの体は、男も女も狂わす、所謂魔性って奴なわけです」

布のような服装の裾から、白い脚が組まれて見える。
魔性と言われても疑う余地のない、美しい脚だ。

「あの人達もそれで…?」
「いや、あの子達は昔からうちにいて…まぁ、あたし専用の使用人って形で三人、父親から貰ったんす。
もう一人は、昼間は屋敷に滅多にいないで、遊んでますね。余程世間が珍しいのか…」

溜息まじりに言いながら、妖子は頭を軽くかく。

「それで? ここにもう一度きたということは…願いが決まったんすか?」

妖子の笑みに、ミチルは俯いて考える。
願い。
叶えて欲しいこと。

どろどろのハンカチも、一人退かされた机も、苦しくてたまらなかった。
あんな目にもう会いたくない。

「私…」

虐められたくなんかない。

「私の願いは…」

もう、友情すら信じられないのだから。

「…薫子への報復。私もう、虐められたくないの。…助けてよ」

少し強気に言った声とは逆に、ミチルの体は震えていた。
もう、後には引けないことを言ったのだから。

「…御依頼、引き受けましょ。ただし一つだけ約束を守っていただきます」
「約束…?」

ミチルが首を傾げると、妖子はソファーから立ち、クローゼットに向かう。

「えぇ。ここのことを誰にも言わない。そして…ここで起こったことも」

開いたクローゼットの中に、黒いピッタリとした、露出の高い革の服が見える。
それを取り出し、妖子が微笑む。

「もし誰かに喋ったら…取り返しの着かないことになりやすから」

ドレスを脱ぎ捨て、妖子はその革の服を着て行く。
ミチルの視線は、その美しい体に釘づけだった。

女王様ルックというのがしっくり来る革の服は、ちょうど胸の先端と股間が隠れるようにはなっているものの、背中や腹のラインはさらけ出されている。
先程まで履いていたパンプスから、膝まであるロングブーツにはきかえると、妖子は楽しげに振り返る。

「今夜を楽しみにしておきなさい。夢の中でお会いしましょう…」

赤い瞳が笑う。

黒い髪は闇より暗く、白い肌は雪より白い。
血よりも赤い唇と瞳。

それはミチルのよく知った魔女よりも美しく、童話の中の白雪姫のようにあどけない微笑みを浮かべていた。

帰り道も、よく覚えていない。
屋敷からでたら、もう夕方だった。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.

家についても両親には何も言われず、ミチルはただ普通に夜を過ごした。
家族で夕食を食べて、一時間くらい風呂に入り、流行りのドラマを見る。
そんないつもの夜だった。
だが、どうしても頭から離れない。

--夢で会いましょう

あの妖子の言葉の意味を、ずっと考えながら夜を過ごしたミチルは、少し早めにベッドに入る。

(これで本当に明日から虐められなくなるの?)

信じていいのだろうか。
彼女の言葉を。

あの、衝撃的な光景は本物なのか。
それすら怪しいというのに。

そう考えていると、不意に眠気に襲われ、そのまま毛布を抱きしめて、ミチルは眠りに着いた。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:

「…様。山岡様」

不意に声をかけられ、ミチルは振り返る。

「あ…貴方は…」

そこにいたのは、怪だった。
ミチルはまた、あの屋敷の中にいた。

 

 

mashou-09

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA