魔性少女・妖子 前編(7)

 

mashou-ti

 

 

【前編(7)】


(大丈夫…なのかな…)

顔をあげると、みんながミチルのことを見ていた。
何も言わずに。

「おはよ…」

それに帰る声はない。

まぁ、シカトはあっても仕方ないかもしれない。
あの薫子なのだ。
早く席に着いてしまおう。

「…あれ?」

机がない。
ミチルのだけ、どこにもないのだ。

「…机が…」

これじゃあ席に着けない。
座れもしない。

「誰か私の机…知らない?」

恐る恐る、周囲に伺うが、みんな何も言わずに座っているだけだ。
こちらを向いたのもあれきりで、いつものように煩く話したりもしない。
寒気がするほど、怖い空間だった。

「ね…ねぇ、美香! 由美子、千春!」

視線の先に入る友人。
呼んでも返事どころか、反応すらない。

不安で胸が潰れそうになる。
シカトされるって、こんな気持ちなんだ、と体が震える。

「…隣の空き教室よ」

不意に聞こえたのは、薫子の声だった。

「薫子…! ホント? ありがと!」

薫子がやったことなのに。
やっぱり友達だから、許してくれたんだ。
そう思うと、ミチルの表情がパッと明るくなり、急いで空き教室に入る。

そこにあったのは、確かにミチルの机だった。
しかし。

「…何これ…」

机の中からドロドロした何かがはみ出している。
上には、大量の虫や蛙の死骸。
誰が持っていたのか、牛乳をその上からかけたのだろう。
床にポタポタと雫が滴っている。

(…ひどいよ…)

ここまでするなんて。
あんなに、いうことだって聞いて来たのに。

色々遊びにも行った。
きっとグループの中で、一番薫子と仲がよかったのはミチルのはずなのに。
たった一言気に入らなかっただけで、こんなことされるなんて。

今まで上手く逃げて来て、虐められたことのなかったミチルには、十分な仕打ちだった。
虐められたショックと、そんなにも簡単に裏切られたことが。

確かにミチルだって、虐められたくないという防衛心で薫子と仲良くなった。
けれどそれはきっかけにすぎない。

仲のいい友達だった。
そうミチルは思っていた。

「ひどいよ…薫子…」

机の中央に見える、牛乳まみれのハンカチ。
二人でお揃いにと、薫子の誕生日に買ってプレゼントしたハンカチ。
あんなに喜んでいたくせに。

涙は不思議と出なかった。
悔しくて悲しくて、呆然としか出来なくて。

そのままふらふらといつの間にか、学校を飛び出していた。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:

気付けばあの洋館の前に、ミチルは立っていた。

もう学校になんかいきたくない。
薫子にも会いたくない。
家にもこんな時間に戻れない。

脚が勝手に、中に入って行く。
道なんか覚えていなかったのに。
昨日だって、いつの間にか家路についていて、ここには二度と来ないと思っていたのに。

ドアが開くと、あの広い廊下が続いている。
あの部屋に、脚が勝手に進み出す。

「お待ちしておりました。山岡様」

背後から聞こえた声に、ミチルは息を飲む。
怪だ。

「あのっ…私ッ…」
「妖子様がお待ちです。どうぞ奥の部屋へ」

不法侵入を咎められると思っていたのに、何も言わないまま怪は、また奥に向かって行く。
もう、後には引けなかった。

黒い扉、怪がノックする。

「どうぞ」
「失礼いたします」

ドアが開いたその向こうに、昨日以上の衝撃の光景が、ミチルを待っていた。

「何…あれ…」

 

 

mashou-07

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA