舌と舌を絡み合わせて美少女のねっとりキス

 

shy468-02

46860-03 (1)

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

%e6%99%82%e3%82%92%e5%b7%a1%e3%82%8b%e5%b0%91%e5%a5%b3-ti

 

第2話
初体験の幕開けは恥じらいのキスから

「お待たせ、美桜」

「……ゴクン」

優しくささやかれても、美桜の両目は固く閉ざされていた。
目尻にいくつものしわを作りながら、口内に溜まった唾液を音を立てて飲み干した。

「もしかして、眠っちまったのか?」

しかし控えめだった声音は、一言どまりである。
反応を見せない美桜に、あっさりと豹変した。

「もしもぉーし、俺達はまだセックスしていないんだぞぉ。美桜と俺とはまだ、記念のオマ○コをしていないんだからなぁ」

多少やんちゃで、多少は好奇な感で、男らしいフェロモンを発散させながら。
その男の声は土砂降りの雨のように降り注いでいた。
女の子が赤面絶句する卑猥な単語も携えて、顔面ごと覗き込むようにして……

「し、翔くんのバカ! エッチ! スケベ!」

だが、眠り姫を演じていた少女も負けてはいない。
ぱっと目を見開くと、むくっと起き上がる。
そして、接近する顔面をかろうじて交わすと、無防備な彼の耳の穴に絶叫した。

腰にバスタオルを巻き付けただけの男らしい肉体が、ビクンと震えて動きを止める。

(ちょっとやりすぎたかな? でもでも、今夜はとっても大切な日なの。女の子にとってセックス初体験は、一生の思い出なの)

美桜はもう一度寝そべっていた。
ダブルベッドの端っこに乗せられた頭が「うーん」と唸って、それを少しの間だけ眺める。
そしていがらくなった喉を整えるように、喉元に手を当てると、優しくおしとやかに……
「わたしと……そのね、キスして……し、翔くん」と。

短髪に刈られた頭が、飛び跳ねるように浮いた。

 

「キ、キス……いいのか、しても?」

「う、うん。唇と唇をひっつけて、チューって吸い合って……それで慣れてきたら、翔くんとあたしの舌と舌を一緒にさせて、唾とかの交換とかもするの」

瞬きをして、また瞳がシュンとして瞬きをして、美桜が三度目の瞬きをしようとした瞬間、上ずった声で訊かれた。
だから仰向けのまま見上げて、まぶたを叩くように連続して瞬きをしながら、美桜は長々と答えを返していた。
最後は聞き取れないくらいの早口で捲し立てるようにしながら。

「ご、ごめんね。わたし……ちょっと緊張しちゃって……」

「ははっ、それなら俺だってそうさ。こういうのはお互いに慣れてないってことだよな」

見上げる『翔くん』こと『大山翔吾』は、そう言うなり頭を掻いた。
髪の生え際をぽりぽりとさせて、気まずそうに眼を逸らせて、ここだけは早速というように唇の筋肉を指でほぐしながら。

「み、美桜……」

「し、翔くん……」

そして、翔吾はパートナーの名を呼んだ。
遅れまいと美桜もまたパートナーの名を口にした。

緊張という感情が、これでもかの勢いで襲い掛かってくる。
口の中が乾ききった砂漠のように水気を失って、美桜は急いで舌先を意識させた、
唾液をじゅわっと滲みださせて、同時進行させるようにお肌の触れ合いの覚悟も決める。

(キスよ! 口づけよ! 接吻よ!)

美桜の視界が、勝手にその人を消した。
ギュッと固くではない。
柔らかな力配りでまぶたを閉じさせると、唇を尖らせた。
洗い立ての髪に空気を含ませるように、ほんの少し頭を浮かせた。

(ファーストキスしてもらうの。ううん、美桜の方からおねだりして、翔くんにファースト口づけをしてもらうの)

その思いは通じたのか、見下ろしていた気配は動いていく。
直ぐに反応できずに微妙な間を開けて、じれったいスピードで落下して……

「ちゅぶっ、ちゅばっ……美桜……」

「はむぅ、ちゅむぅ……翔くん……」

尖らせていた唇はぺしゃんこにされた。
半開きにさせて肉感を強調した唇が、美桜の口を圧し掛かるように塞いでいた。
向き合う鼻の頭どうしがぶつかるなか、ちょっぴりマヌケな声音でお互いの名を呼び合っていた。

「むちゅ、ちゅりゅ……レロ、レロ、レロ……」

そして一分余りが経過して。
触れ合わせていた唇が、モゾモゾとし始める。
愛する人の鼻息を間近で感じながら、美桜は舌を伸ばした。
溢れそうなほど湧き出した唾液と一緒に、厚めな唇の隙間に押し流そうとする。

「んむ、むふぅ……!」

しかしそれは、呆気なく押し返されてしまう。
唇と唇が密着し合って作られたトンネルを、男臭い唾液とこってりとした舌肉が、美桜の舌と唾液と絡み合うようにして逆流させるのだ。

「ゴク、ゴク……」

尖ったあごの真下で、小さな喉仏が控えめに鳴らされた。
ミックスされて男女の区別が消えた液体を、美桜は懸命に飲み干していく。

(これは大好きな翔くんの唾だから。美桜と翔くんが、初めて経験したファーストキスにプレゼントされたものなの)

「ちゅぬ、ぬちゅぅ……愛してるよ、翔くん……」

「ネロ、ちゅにゅっ……俺もだよ、美桜……」

不器用で、ついでにオドオドとして、『下手くそ』と一言で片づけられそうな深いキスである。
それでも愛する者どうしの儀式は延々と続けられる。
プチ贅沢なシティーホテルの一室でそれは、お互いの唇が溶け合う感覚に浸れるほど熱く。
混ぜ合わせる唾液が涸れ尽きるほどの時間を共に。

「ぷはぁ……はぁーっ……」

やがて、唇どうしの結び目がほどかれる。
途端に美桜は、大きく息を吸い込み、大きく吐き出した。
露わにされた鎖骨ごと、両肩を上下させている。
ふくよかに膨らんだバストも、つられるように弾ませる。

「美桜……はあ、はぁ……いいかな?」

降り注ぐ声音もまた、息を切らしていた。
凛々しい眉毛の下で、やはり精悍さが売りの瞳を、当てもなく宙に彷徨わせていた。

「優しく……してね……」

ありきたりだが、それ以外のフレーズは思い浮かばなかった。
初体験を控えた女の子に、気の利いたセリフなんて必要ない。
キスだけでのぼせ上がった本能が、そう開き直って見せる。

「美桜……好きだ……大好きだ……」

「わたしもよ、翔くん……好きよ……大好きよ……」

セックスを前にして交わされる常套句。
それをお互いに掛け合って、美桜ははにかんでみせる。
脇の下に挿し込むようにして留めていたタオルの端を、彼女自身の指でそっと緩めた。

 

 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA