ありさ姫 地獄槍  INFORMATION

arisahime-top1

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます

 

第一話
裏切り

 

第二話
見せ槍

 

第三話
恥辱の磔台

 

第四話
飴色の張形

 

第五話
紅き御印

 

第六話
花芯のほてり

 

第七話
媚薬とのいくさ

 

第八話
地獄槍

 

第九話
夕陽の彼方

 

 

【第三話 恥辱の磔台 より抜粋】

観衆のどよめきはすぐには収まらなかった。
それもそのはず、敗れたとはいっても一国の美しい姫君が一糸まとわぬ姿で縛られ今まさに処刑に臨もうとしており、さらには本来あるべきところに大切な恥毛がないと来れば、誰しも驚いて当然であった。

「おおっ、なんと!あのお姫様“かわらけ”ではないか?」
「ほんとだ!つるつるだ~!大事な場所に毛が生えてねぇぞ」
「もしかしたらお役人に剃られてしまったために毛がないのではないか!?」
「うんだうんだ。おれもそう思う。見た感じでは17、18ぐらいだし、毛無しというのも妙だからな~」
「それにしても、あのくっきりとした縦線、ううっ、たまらないね~」
「おれの女房のように黒ずんでねえし、ふぁ~生娘はたまらないなあ~」
「きれいな桜色したべっちょだねえ。うっとりするよ~」
「それにしても素っ裸にひん剥かれてどうされるんだんべい?」
「裸のまま槍でぐさり……じゃねえのか?ああ、可哀相に……」
「んだら何も裸にひん剥くことはないのにね」
「きれいなお姫様なのにもったいないねぇ」

 

 

arisahime-top2

 ありさ姫

 

 

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

shy280165
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA