魔性少女・妖子 前編(5)

 

mashou-ti

 

 

【前編(5)】


学校から一人でとぼとぼと帰りながら、ミチルは明日からの不安に怯えていた。

きっと薫子は、ひどいことをしてくる。
今まで自分がほかの子にしたような、ひどい仕打ちを。

心構えはある。
しかし…。

(もしかしたら、私はなれてるから、もっとひどいことされるかもしれない…)

水をかけられたり、ノートを隠されるのはまだいい。
服をぬがされたりしたら、堪えられるだろうか。

もしかしたら、信じられないようなイジメを始めたら。
ミチルの不安は募るばかりであった。

「お嬢さん」
「ぇ?」

不意に背後から聞こえた声に、ミチルは振り返る。
そこには、二十歳くらいの若い青年が立っていた。

真っ赤な髪は長く、腰まである。
それを首元で結び、フォーマルなスーツを着たその青年は、ゆっくりミチルの側に歩み寄って来る。

「あ…あの…」
「悩み事がおありですね」

薔薇のように赤い髪と同じくらい赤い瞳で、青年がミチルを見つめてくる。
そういえば妖子の瞳が赤かったと、薫子は言っていたが、こんな感じだろうか。

「ぇ…?」
「この近くで『願い屋』をやっているんですが…よかったらお話伺いましょうか」

「願い…屋…?」

オウム返しにそう問うと、青年は眼鏡を軽く上げて微笑む。

「貴女の願い事悩み事を、解決して差し上げようという慈善事業ですよ。初回の方はただでお受けします」

こんな言葉、普段なら信じるわけがないのに。

誘拐犯の手口かもしれない。
もしかしたら、詐欺かもしれない。
早く逃げなくてはいけない。

そう思っているのに、脚はちっとも動かなかった。

虐められるかもしれないという恐怖から、どうしても逃げたくて、藁をも縋る思いで、その青年の言葉の意味を考える。

「…どんな願いも、叶えてくれるの?」
「えぇ勿論。内容によっては、多少見返りをいただくかもしれませんが。簡単なものなら、本当に無料です。
よろしかったら、館でお話を。私の主が詳しい御依頼を聞いて、見返りの値段を判断いたしますので」

この時、どうしてついて行こうと思ったのだろう。
初めて会った、見知らぬ男に、聞いたこともない職業の話をされて。

そんな都合のいい話あるわけがないはずなのに。
もし合っても、決してそれが、まともなものであるはずがないのに。

なのに、何故か信じなくてはいけない気がして。

ミチルはその青年の後をついて、大きな洋館へと向かった。

こんな場所あったんだ…。
そう思うくらい、そこは広かった。

段々と知らない道にきて、気付けば洋館の門をくぐり、玄関への道を歩いていた。
庭には薔薇や季節の花が咲き誇っていて、まるで花園にきたような気分になった。

中に入ると、赤い絨毯の敷き詰められた広いロビーがあり、シャンデリアが天井で神々しく輝いている。
高級ホテル…否、行ったことはないが、童話の中のお城とは、こんな感じなのだろう。

「こちらです」

広い廊下を歩いて行くうちに、何種類もの部屋が見えてくる。
どれもチョコレートのような茶色の扉をしている。

だが最奥までいくと、今度は六つのドアが顔を出した。
真ん中に黒と銀の扉があり、右側には赤と青、左側には白と、勝手口かといわんばかりの、この家にそぐわない鼠色の粗末な扉がある。
その中心に聳える黒い扉を、青年はノックする。

「どうぞ」

中からの声に、青年は扉を開いた。

 

 

mashou05

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA