魔性少女・妖子 前編(4)

 

mashou-ti

 

 

【前編(4)】


ミチルが押さえたことで、他の女子も妖子の体を押さえだす。

そして手渡されたハサミを、妖子に向ける。

「…忠告です。辞めときなさい。あたしゃ構いませんけど、やばいことになりますぜ?」

今まで飄々としていた妖子が、初めて真剣にそう言った。
それが、妙に怖くて…ミチルも薫子も、恐らくそこにいた女子全員が息を飲んだ。

「ぅ…煩い!!」

だがここで辞めることを、薫子のプライドが許さなかったのである。

妖子の前髪を、薫子が乱暴に掴んだ、その瞬間だった。

「きゃっ…!」

何かに驚いた薫子が、妖子から離れて尻餅をついて転ぶ。

「薫子?! 大丈夫っ?」

ミチルの声掛けに、薫子は怯えたような瞳を向ける。

「…あーあ。だから言ったのに」

前髪を直しながら、妖子がいつの間にかいつもの口調でそういう。
けれどその口調の中に、何か楽しげな色が見えた気がした。

「見ちゃいましたね。後悔しますよ。あんた」

見える薄いピンクの唇が弧を描く。それは乳首のピンクとよくにた色に思える。

「これで…二度と楽には生きられない。死ぬことも辛くなる」

服を手際よく着て行く妖子を、薫子はただ怯えながら見るだけだった。
着替え終わった妖子は、ランドセルを背負って、ミチル達の方に顔を向ける。

「あたしは忠告しましたからね?…お嬢さん」

その楽しげな妖子の声が恐かった

トイレから出ていく妖子の背が見えなくなった頃、ようやくミチルが我に返る。

「薫子っ…大丈夫? 一体何だったの?」

駆け寄って立たせてやると、薫子は震える唇を開く。

「…赤いの」
「え?」
「あの子…眼が赤いの…。カラコンとかじゃない…ホントの赤…どす黒くて、怖くて、冷たい赤…まるで…まるで」

何かを薫子は見たのだ。
赤い瞳を見たというのである。

そんな馬鹿な。
今日びウサギではあるまいし、カラーコンタクトでもないのに赤いわけがない。

そしてその赤い毒々しい瞳を見ただけで、ここまで怯えるものだろうか。

しかし、解らなくもなかった。
実際、妖子の雰囲気に、全員が気圧されていたのだから。

「…大丈夫だよ。きっと見間違いだって。カラコンだよ」

何とか薫子を励まそうと、そうミチルは微笑んだ。
だがそれが仇になった。

「…何よ。私の言葉が信じられないの?!」
「そんなこと…」

「馬鹿にしてんでしょ!? あんな子にビビらされて、いつも偉そうにしてるくせにって!」
「ち、違うよ。そんなんじゃ…」

まずい。
薫子の逆鱗に触れたかもしれない。

機嫌が悪い理由は明らかだ。
妖子を思う通り虐められなくて、トイレで座り込むような不様な姿を曝したのが、プライドの高い薫子には許せなかったのだ。

「…ミチル。あんた明日から、覚えてなさいよ!」

ランドセルを持って、薫子が走って帰っていく。

明日から。
まさか。

(どうしよう…私…イジメの的にされちゃう…!)

すぐにそばにいた他の友達に、助けを求めようと視線を向けたが、無駄だった。
ミチルを憐れむように見つめながら、ランドセルの置いてある方に向かっている。

「ね、ねぇ待ってよ! 一緒に帰ろうよっ」
「ごめんミチル…あたしたち、巻き込まれたくないから…」
「次のターゲット見つけるまで頑張ってね?」

ミチルの言葉に、無情な返事が返って来た。

終わりだと思った。

 

 

mashou-04

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA