魔性少女・妖子 前編(3)

 

mashou-ti

 

 

【前編(3)】


「あら。黒河さんがトイレ好きみたいだから、みんなで掃除場所残しておいてあげたのよ」

薫子が楽しそうに笑う。
妖子を泣かせたくて堪らないのだ。

「はぁ…どこをやるんすか? どうせ終わるまで、帰して貰えそうにないし…掃除は好きだから構いませんが」
「…そこよ」

薫子が指差したのは、一番奥の個室だった。
女子トイレらしく、髪の毛や埃で汚れた便器。

「そこの床に座って、便器舐めて綺麗にしなさいよ」

ミチルも、早く薫子の機嫌を直すため、それを急かした。

「ん~…なんか病気になりそうですねぇ…ブラシとかは使うなとか、言うんでしょうねぇ…参ったなぁ」

ちっとも参っていないように言う妖子に、薫子が眉をひそめる。

「早くしなさいよ!」
「いやぁ…そういわれても準備しないと…」

「準備なんかしなくていいから、さっさとやりなさいよ!」

ごうを煮やした薫子が、ついに妖子の腕を掴む。

「あの…痛いんで引っ張らないでもらえます?」

余程きつく掴まれている筈なのに、妖子はやはり冷静だった。
その様子に、薫子はさらに怒りを募らせる。

「このっ…! あんた達! こいつの服脱がせなさい!」
「あ…うん」

ミチル達は、薫子の怒りに呆然としながらも、言われた通りに妖子の側にくる。
そして…妖子の服が、脱がされだした。

「別に見たって、いいことありませんょ?」

呆気なく服を脱がせる妖子に、多少不気味なものは感じたが、薫子の怒りを買うよりはマシと、靴下と内ばき以外全てを脱がせる。

真っ黒な服を全て脱がせた下には、陶器のように白い肌と、六年生にしては少し小振りな形の良い胸があった。
胸の先端には、薄いピンク色の乳首が、つんと上を向いている。

腰は細く、まさにスレンダーと言っていい体つきだ。
尻の形もよく、思わず触りたくなる肌をしている。
体毛は薄い方らしく、恥丘にはうっすらとしか生えていない。

今までも、たまに何人かを裸にしてきたが、こんなに綺麗な体は見たことがなかった。
正直、色っぽい。
胸が大きい訳でもないのに、すごくいやらしいのだ。

見ているだけで、やけに興奮してしまうのだ。
それはミチルだけではなかったらしい。
他のみんなも、薫子さえも、呆然と見つめていたのである。
妖子の美しい体を。

「あの…寒いんすけど」

妖子の言葉に、やっとみんなが我にかえる。

「…生意気なのよ…そんな…あんたみたいな女が…」

妖子の体に、明らかに薫子は嫉妬している。
子役モデルとしても人気の高い薫子ですら、見惚れるほどの美しさだったのだろう。
冷静さに欠けだした薫子が、いきなり妖子の髪を掴む。

「あんたみたいなのは、便器でも舐めてるのが似合いなのよ! さっさと舐めなさいよ!」
「ちょっ…痛い…髪はダメなんだけどなぁっ…」

痛みのせいか、多少妖子の声が荒げられる。

「あんた達も、早く手伝いなさいよ!」
「ぇ…けど…」
「私に逆らう気!?」

その言葉に、誰も逆らえる訳がなかった。
明日からの学校生活がどうなるか。
それにかかっているのだから。

最初に動いたのは、ミチルだった。
妖子の後ろに回り、体を押さえる。

「っ…痛いんだけどなぁ…髪の毛触らないなら暴れませんて」
「煩いわね…誰かハサミ貸して!…そんなに大事な髪の毛なら、切ってあげる。明日から外を歩けないような頭にしてやるから!」

 

 

mashou-03

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「M・Y様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA