脱衣場で若妻は全裸に~使用済みのパンティも晒して

 

shy468-02

46860-03 (1)

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

wakazuma-ti

 

第2話
壁を隔ててもあなたの目を意識して……

亮哉がお風呂から上がって、リビングのソファーでくつろいでいる。
早く服とかパジャマとか着ないと湯冷めするのに、腰にバスタオルを巻いたままの格好でテレビを見ている。
リモコンを使って適当にチャンネルを変えて、熱烈○○ファンじゃないのにプロ野球中継を眺めている。

わたしは、そんな亮哉の後ろ姿に目をぶつけていた。
洗い物をして濡れたエプロンの裾を握りしめたまま、1分……2分……3分くらい。
そして野球中継に差し込まれるようにCMが始まると、わたしは急いで脱衣場へと向かった。

今は後ろ姿だけでもお腹が満腹で。
もしもだよ。その亮哉が何気なく振り返ったりしたら……?

「はあ、はぁ……」

息が乱れていた。
脱衣場の湿った空気の中でわたしは、「すぅーっ、はぁーっ」って深く呼吸して、身に着けていた服に指を掛けた。
幼い子供がお母さんのお手伝いでびしょ濡れにさせたように、じっとりと重たいエプロンを外した。

真希ったら、お風呂に入る前から顔が真っ赤になってるわよ。
暑いの?
それなら早く、服を全部脱ぎなさいよ。

脱衣場とセットの洗面台から、もう一人のわたしが話しかけてくる。
曇りガラスになりかけた鏡の中から、蔑むような顔つきで唆して……

シュル、シュル……ファサ……

わたしはTシャツを頭から抜き取った。
クルクルっと丸めて、プラスチック製の赤いカゴに放り込んだ。
続けて腰を少し屈めると、両手を腰の部分に当てる。
ぴったりフィットのジーンズをなぞるように指を走らせて、左手の指がおへその真下にあるリベットボタンを外した。
右手の指が少し引っ掛かりのあるファスナーを引いた。

「ふぅ、はぁ……」

せっかく深呼吸してあげたのに、どうしたんだろう。
唇だって結び合わせているのに、胸の中から突き上げるように熱い空気が漏れてきて。

スル、シュル……シュルル……

わたしはジーンズを引き下ろした。
だらしなく開いたウエスト部分を握り締めるようにして、押し潰したように丸まったソレを足首から抜いた。

見せてあげないから。
夫婦喧嘩している亮哉には、真希の裸は見せてあげないから。

ただお風呂に入るだけなのに、わたしの心は揺れ動いていた。
ただ服を脱いで素裸を晒すだけなのに、わたしの本能は余計な感情を呼び寄せていた。

「ンンッ……はあぁ……」

わたしはおっぱいをガードするブラジャーを外した。
プルンって弾む乳房に目をやりながら、下半身に残された最後の一枚に指を掛けた。

「ふくぅ……あぁぁ……」

なんなのよ、その溜息は?
それはエッチな時に漏らすものでしょ?

制御不能な吐息はそのままにして、わたしは腰を大きく屈めていた。
お尻のお肉を包むように貼り付くショーツを、ペロンと捲るように下ろした。
そして「キャッ!」っと小さく悲鳴をあげて、身体の向きを急いで変えた。

壁を挟んで感じる亮哉の気配。
もしかしたらテレビを付けっ放しのまま、耳を壁に当てて。

有り得ないよね。
だけどそんな光景まで脳内でねつ造しながら、わたしはショーツを下ろしていく。
右足、左足と交互に持ち上げて、それを脱がせた。
たった一人の閉め切られた脱衣場で、羞恥心を全身で感じ取りながら、ほんのりと温かい布切れをぶら下げていた。

「生理はまだだし……そんなに汚れていないよね」

わたしの耳でも聞き取れるのが精いっぱいのボリュームでささやいてもいた。
そのままカゴの中に入れるか、隣に並んだ洗濯機に放り入れればいいのに、そのショーツをわざわざ広げて。
裏返すようにしてクロッチの処を露わにさせて。

そんなにってことは、少しは黄ばんだオリモノが沁み込んでいるのに。
女の子や、女の人は、絶対に他の人の目に触れさせてはならない使用済みのショーツ……ううん、パンティーなのに。

わたしは壁に向かって捧げていた。
ちょっぴり挑発の顔を引きつりながらこしらえて、物音一つしないのにじっと耳を傾けながら。

きっと今夜のわたしはどうかしている。
だけどこれは全て、72時間継続中の夫婦喧嘩のせいなの。

わたしは湯船に浸かったまま、白い湯気のつまった天井を見上げた。
露天風呂中継に登場するアイドルみたいに、波立つ湯面を手のひらですくっては肩に掛け流していた。

出来るなら何も考えたくない。
胃の中がムカムカするくらいに辛くなっているのに、それを無視して、自在に姿を変えるお湯と戯れていたい。

「ふぅ、そろそろ上がらないと……」

だけどもう限界。
いつのまにか肩までお湯に浸からせて、わたしは上せていた。
浴槽に縁に手を掛けると、勢いよく身体を起こした。
湯面にザブンと荒波を立てさせて、濡れたタイルの上へと足を乗せた。

頭を洗わないと……でも……
身体を洗わないと……だけど……

シャワーノズルに腕を伸ばしかけて、わたしは止めた。
せっかく立ち上がったのに気だるそうに息を吐くと、浴槽の縁に腰かけていた。

身体が熱いの。
素肌も焼けるように熱いけど、真希の身体の芯は溶け切るくらいに、もっと熱いモノが渦巻いているの。

これって冷たいシャワーを浴びても、きっと治まりそうにないから。
氷の浮かんだお水をゴクンって飲み干したって、全然効き目なんてないから。

「ちょっとだけ……ほんのちょっぴりなら……」

わたしはつぶやいていた。
ムラムラした時にだけささやく言い訳を口にしていた。

閉じていた太腿に隙間を作って、左手を湯船の縁を掴ませて支えると、右手を……
ドクドクとしている胸の鼓動を拾いながら、手のひらを伸ばした。
お湯の滴を垂れ落としている膨らみに指先を沈めて……

「はあぁぁ……」

わたしはエッチな声を漏らしていた。

 

 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA