加奈子・屈辱の身体検査 INFORMATION

bus-top

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます


bus01

bus02

bus03

bus04

bus05

shu00

 

 

 

【第3話 より抜粋】


「サックを填めてるとよく分からないな~」

検査係はそうつぶやくと、指サックを外し、直接指を捻じ込んできました。

「ひぃ~~~!やめ、やめてください!本当に隠していませんから~!」

(グチュグチュグチュ、グチュグチュグチュ)

「ふうむ、見つからないなあ。検査棒を使ってみるとするか」

検査係はニタリと微笑みを浮かべると、まるで教師が使う指示棒のような細長いプラスチック製の棒を取り出しました。

「後に隠しているかも知れないので、今からお尻も調べる~。ハイ!もっと尻を上げて!」

(パチン!)

検査係は加奈子の桃尻を平手で叩いた。

「うっ!」

「お前も手伝えよ。え~っと」

続いて検査係は、舌なめずりをして加奈子の尻を覗き込んでいる防犯係に何やら耳打ちをした。
防犯係はこっくりとうなずき、まもなく満面笑みを浮かべた。

「へへへ、いいとも。任しておけ~」

そうつぶやくと、防犯係は検査係に代わって加奈子の膣に指を挿し込んだ。
加奈子は犯し手が交代したことを悟り、強い拒絶の姿勢を示した。
一人でもおぞましい行為を二人から受けることなど耐えられない。
狼狽する加奈子をよそに、検査係は用意した検査棒をワセリンで光った肛門にズブリと突き立てた。

bus-top2

 

 

 

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

x_mas-bigaku-himopan
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA