湯船に浸かったまま勃起ペニスが女の子の膣に中出し

 

shy468-02

46860-16

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

ture-ti3

 

第15話
浴槽の中で生まれたピュアな恋

涼花の身体が弾んだ。
吾朗の両腕が、彼女のヒップを下から持ち上げたのだ。
お湯の浮力も生かしてはいる。
けれども鍛えられた男の筋力を主役にして、腰を上下させた。

「あっ、ああぁんっ、入ってるぅ……はあぁ、出ていっちゃぅっ……」

涼花が可愛らしく鳴いた。
両手の指を吾朗の首の後ろで組ませて、ギュッと身を縮込ませてしがみついていた。
出し入れされるペニスの感触に、背中を反らせて、丸めて、吾朗と深く結びつき合う腿の付け根で、強く強く男の身体を挟み込もうとする。

「はぁ、くはぁ……涼花のなかぁ、ヌルヌルして……気持ちいい……」

「あくぅ、ふぅんんっ、いいからぁ、そんなこと言わなくていいからぁ……涼花のオマ○コ、もっと突いて……グチャグチャにしてぇっ!」

浴室の壁に反響する男女の嬌声。
けれども気になどしていない。
誰かが聞き耳を立てようが、また誰かが鼻息を荒くして、硬い分身や、濡れきった割れ目に指を這わそうとも。

「くぐぅ、深いぃ……吾朗ちゃんの太いオチ○チンが、ふぁっ……子宮まで揺らせてるのぉっ!」

いつしか、涼花も動いていた。
か弱い女の子のように身を任せるだけだった彼女は、吾朗に抱かれたまま腰を捻った。
反らしては丸まる背中のラインもくねらせて、男のペニスを更に深く咥え込もうとする。
雄々しく反り返った肉の棒を膣の壁に添わせて、膣奥に潜む幸福の扉を叩かせる。

「り、涼花ぁ! うぅ、はぁっ!」

「はひ、ひあぁっ! 吾朗ちゃんのオチ○チン……気持ちよすぎぃ! エッチなお肉がぁ、はあぁ、痺れちゃうぅっ!」

吾朗が呻いて、涼花が途切れ途切れの鼻声を連ねさせて喘いでいた。
無色透明な風呂の湯なのか。
それとも男との共同作業で滲ませた官能の汗なのか。
涼花の背中を光輝く水滴が浮き上がっては、サラサラと流れ落ちていく。
激しく波打つ湯面に向けて、仰け反っては振り乱すうなじの肌から、ギュギュッと引き締める両肩の筋肉を通じて、しなやかなくねりをみせる背中のラインを滑らせて。

(吾朗ちゃん、わたしね勘違いしてたかも)

(それを言うなら俺なんか、大間違いをしてたさ)

懐かしさまで感じる心の会話を二人は再開させた。
押し潰されて、それでもゴムマリのように弾む涼花の乳房と、厚い筋肉の鎧を纏わせた頼りがいのある吾朗の胸板。
触れ合せるというより、強く密着させて狂おしく擦り合わせながら、お互いのハートへと忍び込ませていく。

「吾朗ちゃん、あのねぇ……はあぁぁ、涼花は大好き……」

「好きだ、大好きだ! 俺も……涼花ぁっ!」

湯船の底に直付けさせて、涼花の足が踏ん張っていた。
吾朗の腰を跨ぐようにして下腹部を落とし込み、そのまま一気に上昇させる。
膣の括約筋を恥じらいも忘れて引き締めさせ、鉄芯のようなペニスの肌を愛おしく扱きあげていく。

そして、彼女自身が披露する肉のピストンを、吾朗がサポートする。
和式トイレスタイルで向かい合う涼花を見つめて。
彼女の泣き笑いをする顔に向けて、想いの全てを声にしてぶつけて。

柔らかくてモチモチとしたヒップの肉を、両手で掴んだ。
勢い余って、指先が深く突き刺さろうが気にしていられない。
巨大な桃のような双球をグイグイと押し上げた。

「あぁぁっ、すごいの! こんなエッチ……ひぅっ、涼花ぁ、初めてなのぉっ!」

涼花の息遣いが変わった。
上げては落とされる激しいピストンに、全身の筋肉を弛緩させては緊張させて、幼い女の子のように男の肌に寄り添わせている。
大人の女に成長しきった花弁の肉も、処女だった面影を忍ばせて、男の肉棒と愛の戯れを続けた。
いつまでも、果てることのない夢を追いかけて……

「くはぁ、はぁ……お、俺……」

「ちょうだい……吾朗ちゃんの精液……ふぅ、たんさん涼花のオマ○コに……」

脈動するペニス。
包み込み、絡みつく膣ヒダ、濡れきった粘膜。

涼花は膣口の筋肉に気合を込めた。
抽送しては、流れ込んでくる人肌の湯をシャットアウトさせると、密封された契りの空間を作り上げる。
迸る体液を詰め込んだペニスが律動のダンスをしてみせ、デリケートで過敏な柔肉が、薄皮を剥がされながら悦びの涙を沸き立たせて……

「涼花ぁ! ハァッ……!」

「吾朗ちゃん! ふあっ、とんじゃぅっ! 涼花ぁ、あぁ、はぁっ……いぃ、いくぅ、イクゥゥゥッッッ!!」

圧縮された精液が、涼花の膣を満たしていた。
吾朗の腰が真下から突き上げ、涼花の身体が浴槽からジャンプするほど浮いた。

それと同時に、涼花も絶頂の声を張り上げた。
愛する人の体液を心と身体で感じながら、白い電流を駆け巡らせていく。
幸せなセックスを大切そうに噛みしめながら、火照らせた顔を吾朗の肩に埋める。

「はあ、はぁ……はふぅっ、ふうぅっ……」

荒い息遣いが聞こえた。
幅広な肩が上下して、華奢な撫で肩も小刻みな震えと共に弾んでいる。
セックスは終えても、吾朗と涼花は結ばれたままであった。
ひとり用の狭い浴槽の中で、性器と性器を結合させたまま、二人は抱きしめ合っていた。

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01

 toukou
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA