哀奴まどか 第5章 妬心(5)

 

aido-tit

 

 

【第5章(5)】


それは、どれ程私が身体を捩り脂汗を流しても、全身を痙攣させてさえも許されずに続く激痛だったのです。

私は、目の前が真っ白になったかと思うと、次に漆黒の闇になり、その闇の中に赤や黄の星が輝くと、再びまた白くなるのです。
その激痛は、私の全身を責め苛み、私は瘧のように痙攣し続けたのです。
そして再び、何もない闇が私を包んで・・・


遠くから、ご主人様の囁きが聞こえています。
最初は何を言われているのか判らなかった囁きが、段々ハッキリしてきたのです。

綺麗に・・なったわよ・・
まどか・・のあそこのところ・・・
歯ブラシで・・よーく磨いて・・あげたから・・・
でも・・血だらけに・・なっちゃった・・・

だから・・洗って・・あげる・・・
塩水よ・・・きもちイイ?・・・

まだぼんやりとしている私が、ご主人様の言われている意味が理解できる前に、次のお仕置きが始められたのです。

イイイィィッッッ!!!・・ィイアアアィィィッッッ!!!・・・

私の頭に、また新たな激痛が突き刺さったのです。
ご主人様は、私の血まみれになるほど傷つけられたク○○○スを、コップの塩水に浸した歯ブラシで、また擦り始めたのだそうです。

ただでさえ敏感な器官の、傷つけられた薄い表皮に、固いブラシの穂先が触れるのです。
それだけでも、とても耐えることのできない激痛です。
その穂先が、塩水に濡れているのです。

傷口に、私のク○○○スに塩水が滲み入った瞬間、私は口に詰められたハンカチの奥から、声にならない絶叫を上げ・・・そして三度目の、闇の中へ突き落とされたのです。

気が付いた時、もうすっかり明るくなっていました。
窓からは、夏の日差しが差し込んでいます。
爽やかな風が、通り抜けて行きました。

私はパジャマを着せられて、ベットに寝ていたのです。
目を向けると、机の椅子に妹が腰を掛けていました。
泣いていたような、赤い目をしていたのです。

お父さんもお母さんも、もう出かけたわ・・
お姉チャン、どうしたかって聞かれたから「お寝坊でしょ」って答えたけど・・
今日から夏休みだし・・お父さんは「珍しいな」って言ってたわ・・

お姉チャン、私・・・やっぱりダメなの・・・
だから・・この頃、遊ばないように・・してたんだけど・・・

夕べ、お姉チャンのこと、取られるかと思うと・・
急にたまらなくなって・・・どうしても止められなかった・・・

好きよ・・好きなの・・・でもこんなの、やっぱり変だよ・・・
昨日も、最後にお姉チャンのオモチャ・・入れて上げようと思ったの・・・
だ、だけど、できなかった・・・私じゃ、できないの・・・

だから、お、お姉チャン・・・誰か・・誰か好きな人、探してっ・・・

そこまでヤッとのように言った妹は、目頭を押さえるようにして、走るように部屋を出ていってしまったのです。
後に、微かな涙の香りをのこしたまま・・・

私は・・私は無理に、妹を変えてしまったのでしょうか。
・・・今、冷静に考えてみると、これは私の我が儘、私の自分勝手な欲望、人往かぬ道でしかないのです。
妹も、自分の道を、自身の希望を求める権利があるのです。

でも、でも私は寂しい思いをしていたのです。
これで終わってしまうのかと思うと、とても耐えられない気がしたのです。

これは夢だったのでしょうか・・でも、もう一度会いたい・・ご主人様に・・・

 

 

aido18

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA