哀奴まどか 第5章 妬心(4)

 

aido-tit

 

 

【第5章(4)】


そして一度部屋を出て行かれたご主人様は、手に歯ブラシと、半分ほど水の入ったコップを持って、すぐに戻って来られたのです。

今日はね・・さっき思い付いたんだけど・・・・
まどかのあそこ・・・綺麗に磨いて上げるね・・・
他の人と話そうなんて・・絶対に許さないから・・・
もう2度とそんなこと、できないようにしてあげる・・

ご主人様の目が、燃えているようです。

やはり男性と、ご主人様以外の方とお話しするのは嫌なのでしょうか。
それならば、以前のように私を、まどかを毎日愛して下さればいいのに・・・ご主人様、どうしたのでしょう。
そんなことを考えている内に、ご主人様はまち針を取り出して言われたのです。

まどかのあそこ・・・隠れることができないようにしてあげる・・・
痛いわよ、きっと・・・我慢できないと思うな・・・ゆっくり味わってね・・・
今日はホントに虐めてあげる・・何時もと違うんだから・・覚悟してね・・・

アアァァッッ・・・そんなの、イヤです・・・
まどかを・・・まどかに、針を刺すなんて・・・
もうしませんから・・許して・・・

声を出すことのできない私は、必死に首を振って許して頂こうとしたのです。
そんな私に構うことなく、ご主人様は私の腰の向こう側に座られると、隠す術もなく開かれている私の股間に手を伸ばされ、恥ずかしい襞を押し拡げられたのです。
私の、あの敏感な突起が、ひんやりとした夜気に晒されます。
私は摘まれた激痛よりも、そこに針を刺される恐怖に、目眩がするほど強く頭を振り続けたのです。

イ、イヤ・・イヤです・・そんな酷いこと・・
ヤメテ・・オ、オネガイ・・ユルシテ・・・

アッ・・アッ・・アアアァァッッ!!!・・・

突然、鋭い痛みが私に襲いかかります。
まるで、焼けた火箸を押し付けられたような・・神経を掻き毟られるような・・例えようもない痛みが、私の全身を駆け巡るのです。

私の目から、涙が噴きこぼれています。
あまりにも酷い、本当に鋭い残酷な激痛が、私を苛んだのです。

ふと気が付いた時、まだズキズキとした焼けるような痛みが残っていました。
ホンの僅かの間、私は気を失っていたのです。
ご主人様の顔が、私を覗き込むように、目の前にあったのです。

ダメよ、今日は・・・気を失ったぐらいじゃ、許さないから・・・
やっと針が通ったわよ・・これで、まどかのあそこ・・隠れられないわ・・

でも、まどかって・・本当にイヤらしいのね・・・
すっごく膨らませて・・グチャグチャに濡らすんだから・・

まだ私の意識は、霞がかかっているようでした。

ぼんやりと目に写っていた、ご主人様の顔が見えなくなった瞬間です。
私は再びあそこに、まだ疼いている敏感な突起に、次の激痛を感じたのです。

アアァッッ!!・・イアアィィッッ!!!・・・
ヤ、ヤ、ヤメテエェェッッッ!!!・・・

それは何をされているのか、見当も付かないほどの激痛でした。
実際にされたことは、ご主人様に針を通されて剥き出しにされた、私の敏感な突起の頭のところを、歯ブラシで擦り上げられたのだそうです。
私のそれは、固く充血し、歯ブラシの動きのままに、前に後ろにと首を振っていたのです。

 

 

aido17

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA