哀奴まどか 第5章 妬心(3)

 

aido-tit

 

 

【第5章(3)】


もう真夜中を過ぎた頃だったでしょうか、やっと扉が開き、ご主人様が私の寝室に入って来られました。

私はホッとした安心感と、来ていただいた喜びと、これから始まることへの期待を込めてご主人様の方を見たのです。

薄暗い部屋の中で、ハッキリとは見えませんでしたが、ご主人様は少し青ざめているように見えたのです。

フフフ・・来てあげたわよ・・・
明日から夏休みだし・・暫く遊ばなかったから・・・
今日はうんと苛めてあげる・・・昼間のコトの償いも、させてあげるね・・・

さっ、ベットから降りて、床に座りなさい・・・

私はご主人様に言われた通り、ベットと机の間の床に正座したのです。
私は正座する時は、両手を背中で組むことになっているのです。
ご主人様が私の身体を自由にできるよう、何も隠さない姿勢になるのです。

その日も、いつものようにしっかりと手を組み、胸を突き出すようにして、ご主人様が次になさることを待っていました。

ご主人様は早速綿のロープを取り出されると、組んでいた手をそっと解かせて、私の左の手首を同じ側の足首に縛り付けたのです。
そして余ったロープを手に持ったまま言われたのです。

今度は横になって、手を伸ばしなさい・・・

私は自由な右手を後ろについて、そっと仰向けに横たわったのです。
それから両手を横に伸ばそうとしたのですが、足首に結わえられた左手がなかなか伸ばせないのです。
私は一所懸命に、膝を立てたまま足首を動かして、少しは手を身体から離したのです。

ご主人様はロープを張るようにしながら延ばして、私の重い机の脚にしっかりと結わえ付けたのです。
そして次のロープを取り出されたご主人様は、今度は私の右手首を縛り上げると、そのロープを部屋の反対側にあるベットの脚に巻き付けて、強い力で引かれたのです。

私は部屋の真ん中で、机とベットの中間で両手を左右に引かれ、左手首に縛られた左足の膝を立てたまま、殆ど身動きのできない状態にされたのです。

僅かに自由の残された右足で、股間が晒されるのを庇おうと虚しい努力をしていた時です。
更にもう1本のロープで私の右足首を縛ったご主人様は、そのロープをベットの脚に巻き付けて、容赦のない力でそれを引き始めたのです。

あああぁぁっっ・・イ、イタイィィッッ・・・

じりじりと両足が開かれるにつれ、内腿に裂かれるような痛みが走ります。
体育の授業で柔軟体操をする時の、両足を開き背中を押されて前屈する時と同じ痛みです。
柔軟体操ではすぐにやめて貰えるのですが、これは許されることのない痛みです。

メリメリと、内腿が音を発するような痛みでした。
私は身体が柔らかい方なのですが、それでも耐え難い痛みに、全身から汗が吹き出していました。
ご主人様がロープをベットの脚に固定したときは、私は「大」の字よりも「土」の字に近い形にされていたのです。

今度は私の口に、丸めたハンカチを押し込まれました。
その上からしっかりとタオルを巻かれ、私は全く声の出せないようにされたのです。
いつもより厳重な猿轡に、今日はとても厳しく責められるのだと感じられました。
しかしあれ程の目に遭わされるとは、思ってもいなかったのです。

私を固定したご主人様は、私の腰の下にビニールのシートを拡げ、敷いています。
きっと床がベトベトになるまで、汗と体液を絞り取られるのでしょう。

 

 

aido16

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA