哀奴まどか 第4章 子猫(3)

 

aido-tit

 

 

【第4章(3)】


爪を立てられた乳房の激痛を感じる暇もない内に、乳首に加えられた信じられない刺激に、私はそれこそ絶叫を上げ、身を悶えたのです。

私が身を揉み、捩るたびに、ミミは振り落とされまいとして、しがみついてきます。
私の乳房に、一層深く爪を立てるのです。
しかし私には、そんなことを考える余裕などなかったのです。

アアァッ!!・・アアァッ!!・・アアアアァァァッ!!・・・・

それは、まるでヤスリをかけられているようなものでした。
忽ちの内に、私の乳首は充血し、大きく尖り、なにもされなくてもズキズキと疼く位なのです。

その、血を噴き出すかと思うばかりに膨らんだ、そっと触られても飛び上がる程敏感にされた乳首を、あのザラザラの舌で舐め回されているのです。
あのご主人様の作られた、特製の洗濯バサミで苛められた時とは比べることもできない、辛い、本当に辛いお仕置きです。

ご主人様が手を休め、やっと許して頂けたと思った次の瞬間。

ッッキイィィィッッ!!!!

まだ牛乳を飲み足らないミミが、鋭い歯で私の乳首に噛み付いたのです。
その激痛に、あまりの激痛に、私は目の前が真っ白になったかと思い・・・そして、あの欲求が、あの疼きが、身体の奥で弾けるのを感じたのです。

アアァァッッ!!・・・オネガイッ・・・オネガイデスッ・・・
ワタシの・・机の・・一番上のヒキダシに・・・オネガイッ!!・・・

一瞬、怪訝な顔をされたご主人様は、それでも私の机に行き引き出しを開けられたのです。
そしてご主人様が取り出したのは・・・

もう、1ヶ月も前になるのでしょうか、私がインターネットを通じて購入したバイブレータだったのです。
太さは3cmもあるのでしょうか、イボのたくさん付いた、とても淫靡な器具だったのです。

暫くの間、ご主人様は凍りついたように、呆然とそれを見つめておられました。
漸く私のところに戻られたご主人様は・・

まどかって・・・まどかって・・・
不潔よっ!・・・きらいっ!!!・・・

いきなりバイブレータを、床に投げ捨てるようにしたご主人様は、そのまま私の寝室から走るように出て行ってしまわれたのです。
ミミもその後を追うように出て行きました。

一人残された私は、乳首から血を流したまま、肉体の奥で燃えさかる炎に、身を焦がし続けたのです。

あぁ・・ご主人様・・・この炎を、消して欲しいのに・・・
この、疼きを満たして欲しかったのに・・早く・・お願いです・・・
私は・・私は、我が儘なのでしょうか・・・欲張りなのでしょうか・・・

どれ程の時間が経ったのでしょうか、あの疼きも漸く静まり、私も少しは冷静になったのです。
気怠い頭で、暗澹とした気持ちを抱えながら、考え続けていたのです。

ご主人様・・私は・・私は・・・・我が儘でした・・・
ご主人様の気持ちを・・考える・・・・ことも・・ありませんでした・・
でも・・判って欲しい・・のです・・オネガイ・・です・・・
このまま・・見捨てないで・・・クダサイ・・・・・

いつの間にか、私はウトウトとしていたのでしょう、ふと気が付くと、ご主人様が戻って下さっていたのです。
ご主人様の顔にも、涙の跡が光っていました。

まどか・・さっきはゴメンね・・・ビックリしちゃった・・・
そうなの・・まどかは・・まどかは・・・して欲しかったのね・・・

でも、今日はイヤなの・・・私もまだ・・気持ちが落ち着かないし・・・
それに、もう遅いわ・・・もうすぐ、お父さん達も帰ってくる時間よ・・・
今度・・・この次の時は・・必ずね・・・

ご主人様は、いつものように私の傷の手当をされると、縛めを解いて下さり、そしてご自分の部屋に帰って行かれたのです。

私はその夜、微かな疼きを感じながらも、満ち足りた気持ちで眠れたのです。
その頃、眠れない夜が多かったのに、本当に安らかに眠れたのです。

有り難うございます、ご主人様・・・・私は待っています・・何時までも・・・

aido13

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA