哀奴まどか 第4章 子猫(2)

 

aido-tit

 

 

【第4章(2)】

イヤ・・たとえミミでも・・・・こんな私を見られるのは・・恥ずかしい・・・

でも、ご主人様は一向に構わないご様子です。
それどころかミミを抱き上げると、意地悪なことを言われます。

ミミちゃん・・お腹が空いたでしょ・・・。
今日はね・・・・変わったミルクを、たくさん飲ませてあげるね・・・。

そう言ってミミを、私のお腹の上に降ろしたのです。

あぁっ、イヤッ・・・

私は反射的に身を捩り、ミミを振り落とそうとしたのですが、却って爪を立てるようにして、しがみついて来るのです。
鋭い爪が私のお腹に食い込み、とても痛いのです。

フフフ・・・今からそんなに、喜んでいいのかしら・・・
今日はミミちゃんが、素敵なお仕置きをしてくれる筈よ・・・
ゆっくり楽しんでね・・・

ご主人様が、牛乳を小皿に注いでいます。
そして私の横に立たれると、私のお腹の上に、お臍の当たりに、その牛乳を少しかけたのです。
ミミは喜んで、私を舐め始めました。

アアァァッッ・・クスグッタィッ!!・・イヤァッ!!・・・

私はそれまで知らなかったのです。
猫の舌が、あんなにザラザラしたものだったとは。

とても、我慢のできる擽ったさではありません。
ミミがペチャペチャと音を立てて、私を舐め回しています。

ヒィッ・・ヒィッ・・アゥッ・・ヤ、ヤメテッ・・・ヒィィィッッ・・・

私は何とか逃れようと、僅かにしか動かせない、不自由な体を必死に捩ったのです。
でもそのことは、ミミに一層強く爪を立てられるだけにしかなりませんでした。
私は擽ったいのと痛いのと、二重の苦痛に苛まれたのです。

ミミが牛乳を舐め終わると、またご主人様がかけてくれます。
私は、何時終わるとも知れぬお仕置きを、耐え続けるしかなかったのです。

それが・・・

最初は擽ったかったミミの舌が、同じところを・・私のお臍の周りを、何度も、何度も舐められている内に、痛みに変わり始めたのです。
私のお腹の、その辺りは真っ赤になってしまい、その中に何本もの掻き傷が走っていたのです。

今度は、ご主人様は絵筆を取り上げると小皿の牛乳に浸し、私の脇腹をス~っと撫で上げられたのです。

キャアアゥゥゥッッッ・・・ヒィィッッ・・・

予想もしていなかった部分に加えられた刺激に、私は固定されている手足に必死の力を入れ、身体を丸めて脇腹を庇おうとしたのです。
もちろん、叶うはずもない、無益な抵抗でしかありませんでした。
しかもその上に、私のお腹から飛び降りたミミが、喜んでそこを舐め始めたのです。

アアアァァッッ!!・・ヒッ!・・ヒッ!・・ヒェィッッ!!!・・・・

先程よりも、もっと、もっと辛い擽り責めです。
私は半狂乱のように、笑っているような、泣いているような悲鳴を上げ続けていたのです。

執拗に、何度も何度も、私の脇腹と腋の下が狙われます。
私は汗と涙と鼻水と涎で、顔をグチャグチャにしながら、泣き叫んでいたのです。
ほんの僅かに動かせる手足をバタバタさせ、身を捩り続けたのです。


どれ程の時間を責められたのでしょうか、私は荒い息をつきながら僅かな休憩を許されたのです。
私は必死にお願いしたのです。

これは・・とても・・が、我慢・・できません・・・
お、お、オネガイですから・・・・あ、あの・・ほかのことを・・・

ご主人様が、ジッと私を見つめています。
ご主人様の瞳がキラキラと、本当に美しく輝いていました。
あぁっ、きっと許して頂けないのでしょう・・・

私がもう一回、お願いしようとした時、ご主人様が言われたのです。

ミミちゃん・・変だよね・・ミルクは、そんなとこから出て来ないよね・・・
やっぱりミルクは、オッパイからじゃないと・・おかしいよね・・・

アァッ!!・・・そ、そんな・・・

私がなにも言う暇もない内に、ご主人様は私の胸の上に小皿を翳されると、乳首に牛乳を垂らされたのです。
ミミは、流れてきた牛乳を追うように、私に飛び乗ると、私の胸を前足で押さえ付けるようにして、乳首を舐めたのです。

aido12

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA