哀奴まどか 第3章 姿見(3)

 

aido-tit

 

 

【第3章(3)】

ご主人様は椅子を持って来られると、私の前でその椅子に馬乗りに座られたのです。
そして、ちょうどご主人様の目の前になった私のク○○○スを、つついたり摘んだりして、楽しまれているのです。

私は身を捩り、腰を振るわせながら、脂汗を流し続けたのです。
しかし、流されたのは、絞り出されたのは、汗と涙だけではなかったのでしょう。

アラ、ずいぶんグッショリと濡れているじゃない・・・
気に入ってくれたのね・・・嬉しいわ・・・
まだ時間もたっぷりあるし・・・もっと、イイコトしてあげるから・・・

フフフ・・・これは、どう?・・・さっきとは、感じが違うかな・・・

そう言いながら、なんとご主人様は鬱血している頭のところへ、パールロータを押し当てたのです。
その刺激は、いや、激痛は、私の頭に突き刺さり、私は喉も裂けるほどの悲鳴を上げ続けたのです。

私は全身がガクガクと痙攣するのを、止めることもできませんでした。
その度に糸が締まり、締め付けられている根本が、本当に千切れそうに痛みます。

やっとロータを、離して頂けたので、今度は本当に必死でお願いしたのです。

お願い・・お願いです・・まどかは・・・チギレそう・・・
本当にイタイ・・・許して・・ガ、ガマン・・・デキ・・マセン・・
何でも・・シマス・・・オネガイ・・・・・許して・・クダサイ・・・

私の様子を、ジッと見ていたご主人様は、私のあそこに手を当てられたのです。
そして、身を捩って耐えている私に言われたのです。

まだチョットしか経っていないのに・・・残念だわ・・・
本当に我慢できない子ね・・・まどかって・・・

でも、今日は許してあげる・・・糸も赤く染まっているし・・・
ここも、さっきより膨らんでいるわ・・・
糸を解く時、今までより痛いわよ・・・
2・3日はきっと歩けないわね・・・

残念そうに、それでもご主人様はペットボトルを持ち上げ、糸を鋏で切って下さいました。
これで吊り上げられている状態からは許されたのですが、相変わらずきつく締め上げられた結び目はそのままです。

ご主人様の言われたとおり、信じられない大きさに腫れ上がったク○○○スは、赤く染まった糸を垂らしたまま、どす黒い色を晒して震えているのです。

どうやってほどくかな・・・こんなに食い込んじゃって・・・
とっても指ではできないね・・・まどか、そのまま待っててね・・・

そう言って部屋を出て行かれたご主人様は、直ぐに戻って来られたのです。
手には爪楊枝の入れ物を、持っておられました。

いま、これでほどいてあげる・・・
少し痛いかもしれないけど、我慢するのよ・・・

ご主人様は跪き、顔を近づけて、糸を解いて下さろうとしています。
でも、なかなか上手く行かないようです。
あまりに糸が食い込んでいるのと、私のが腫れ上がっているために、爪楊枝が結び目に掛からないのです。

何度も、何度も、私の敏感な部分に尖った先端が突き刺さり、その度に私は悲鳴を上げ、身を捩って苦悶し続けたのです。

・・・それともご主人様は、わざとされたのでしょうか。

漸く全ての作業が終わり、手足の縛めも解かれたとき、私は立っていることもできなかったのです。
ご主人様に手伝って頂き、やっとの思いで立ち上がっても、とても歩くことができません。
私のそこは、まだ腫れたままでした。

それから3日間、私はベットで過ごしたのです。
その間、ご主人様はとても優しく、私の世話をして下さったのです。

私のご主人様への思いは、一層募るばかりでした。
でも、私には淡い失望が・・身体の奥の方にある、咽ぶような満たされない疼きが消えなかったのです。
その疼きが、少しづつ大きく、強くなってくるのです。

あぁ、あれ程して頂いたのに・・私は欲張りなのでしょうか・・ご主人様・・・。

aido10

 

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03

toukou

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA