ありさ できごころ  INFORMATION

dekigokolo-top

● 目次をクリックすればそのページへ飛びます


deki01

deki02

deki03

deki04

deki05

deki06

deki07

deki08

 

 

 

【第4話 より抜粋】

脱衣時にはつい屈み込んでしまうので、引力に逆らえない乳房がひときわ誇張される。
一糸まとわぬ姿となってしまったありさは恥ずかしさのあまり両手で秘所を覆っている。

「手で隠していたら証明にならないじゃないか」

車野山の放った一言でありさはすごすごと手を放す。
繁みはかなり薄めで辛うじて秘所を隠している。
それでも車野山は、

「よく見えないな。繁みの中に隠している可能性もあるし」

意地の悪い詰問を浴びせさらにありさを窮地へと追い込んでいく。

「隠してなんかいないです。こんなところに隠せるはずが無いじゃないですか」
「それはどうかな?まあ調べれば分かることさ。そこに横になってもらおうか」

車野山は宿直用の簡易ベッドを指差した。

「嫌です!そんなこと絶対に嫌です!」

逆らうと不利益になると考え車野山の指示に従っていたありさだったが、この時初めて拒絶の態度を示した。

「嫌だって?じゃあ警察に電話するけどいいんだね。もちろん大学にもね」

 

arisa350

 野々宮ありさ

 

 

 

toukou02
 
toukou00
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
画像(ありさ嬢)も 、Shyrock様のご好意によりお預かりしたものです。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数

x_mas-bigaku-himopan
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA