哀奴まどか 第3章 姿見(1)

 

aido-tit

 

 

【第3章(1)】

やっと春らしくなってきたその日、私は何時ものようにご主人様に愛されていたのです。
その日は、父と母が1週間の予定で外国に出張した3日目のことだったのです。

その頃にはご主人様もいろいろと研究をされていて、その度に私は耐えられない程の辛い思いをさせられるのです。

私は部屋の真ん中で、一時はやった「ぶら下がり健康器」に、両手を真っ直ぐ上に延ばして、一纏めにして縛られていました。
両足も健康器の左右の脚に、それぞれ固定されていました。
私は僅かに腰の辺りを揺するしか、身動きができないようにされていたのです。

私の前には、大きな姿見が置かれています。
私を固定した後、私に自分の姿が見えるよう、わざわざご主人様が部屋の隅から運んできたのです。

鏡に映った私は、何という滑稽な姿なのでしょう。
「人」の字の形に吊し上げられて、誘うように、促すように翳りのない丘をくねらせているのです。

・・・そうなのです。
私は、あの最初に剃られた日以来、毎日自分で綺麗にしておくよう命令されているのです。

フフフ・・そんな格好のまどかって、スゴク可愛いわよ・・
今日はね、この前からズット考えていた、とってもイイコトしようと思うの・・

まどかは、この頃すごく感じやすくなっているから・・・
罰として一番感じるところに、お仕置きしてあげるわ・・・

でも、まどかは耐えられるかな・・我慢できないかも知れないね・・・
可哀相だから、一回だけ許されるチャンスをあげるね・・・

そう言われてご主人様が取り出したのは・・ご主人様の新しいおもちゃ、ピンクのパールロータだったのです。

ご主人様もインターネットを使って、最近いろいろなものを集めておられるのです。
それは皆、私の身体を責め苛むために購入されるものばかりでした。

私にパールロータを見せつけながら、ご主人様はこんなコトを言われたのです。

お仕置きされるのがイヤだったら、何も感じないことよ・・・
もし、大きくしちゃったら、とっても辛いことになるからね・・・

そんなことを言われても無理です。
あのパールロータには、昨日も、その前の日も散々に囀らされたのです。
執拗に、私の敏感な器官に押し当てられ、私は無理に興奮させられ、そこを大きく勃起させられて、何度も何度も頂点に追いつめられたのです。

それを耐えろなんて・・・

でも、もし耐えられないと、ご主人様の微笑みを見ていると、もっと、もっと辛い眼に遭わされるのでしょう。
私には、判っているのです。
ご主人様の瞳は、残忍な期待に輝いていました。

許して・・お願い・・・でも、ご主人様のお仕置きをして・・下さい・・

私はイヤイヤと、首を振ることしかできませんでした。
それでいて、私はお仕置きを、もっと辛いお仕置きを望んでいるのです。

もちろんご主人様が、容赦をしてくれる筈はありません。
私の前に来てしゃがまれたご主人様は、私の襞をそっとかきわけると、プ~ンという微かな音を立てているロータを、押し当てたのです。

アアァッ・・・気持ちイイ・・・やめないで・・・

私にも、忽ちそこが勃起してしまったのが判りました。
鏡に映るそこは激しく充血して、イヤらしい色の頭をもたげ、誘うように痙攣していたのです。

まどか、やっぱりイヤらしいのね・・・
本当に辛い、お仕置きをされたいのね・・・

イヤです・・許して下さい・・・でも・・このままでもイヤ・・・
まどかに・・・死ぬほど辛いお仕置きを・・・して・・・下さい・・・

私の前でしゃがまれたご主人様の指が、私の微妙な辺りでしきりと動いています。
私はただ、敏感な器官が訴える苦痛を耐えるしかありません。

aido08

 

 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou

   

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA