恋人の恥ずかしい姿をネタにエッチな小説

 

shy468-02

46860-04

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

ture-ti3

 

第3話
ブレックファーストは恋人の告白タイム

もしもである。
結婚を前提とし、将来を約束し合った男性パートナーが、突然に『官能小説を描きたい!』と声を上げれば、女性側はどう対応すれば良いのだろうか?
少々驚きもするが、冷静に考えれば『ふ~ん、あなたに作れるの?』とか。
『面白そうね。完成したらわたしにも読ませてよ』とか。
『悪いことは言わない。時間の無駄だから止めなさいよ』などが、レギュラータイプの回答だろうか。

なかには『それ、どこで発表するの? もしプロの目に留まって出版なんてことになったら、版権の半分はわたしのモノだからね』とかいう、したたかな女性もいるかもしれない。
そして『もしも』が現実に置き換わり、このカップルの場合はどうだったのか?

「涼花……ちょっと相談があるんだ」

吾朗が神妙な面持ちで涼花に話し掛けてきたのは、窓際でエッチをした翌日のことであった。

「相談って……なによ?」

小さなダイニングテーブルで向かい合ったまま、涼花が警戒の眼差しで訊いた。
吾朗の『ちょっと』には、とんでもなく重大な意味が込められることがある。
そういうのを、過去の経験則が知らせてくれるのだ。

「あっ、スープ冷めちゃうわよ」

涼花は、立ち昇る湯気が減ったマグカップを指さした。
そのうえで彼女はというと、丸皿に載せられた食パンを摘まみ上げた。
大雑把にマーガリンの塗られたソレを、口をめいっぱいに拡げてパクリとする。
続けて唇のパクリを数回繰り返すと、均一とは程遠い歯型の付いた食パンを、今度は手元のマグカップに運んだ。

薄い膜が張り始めたポタージュスープの中へと、勢いよく浸け込む。
クリーム色のスープがパン生地に沁み込んだところで引き上げ、耳の部分を摘まんだまま急いで口元へと運んだ。

吾朗が見つめている。
食パンだけを先に平らげ、空になった丸皿を手元に置いたまま、彼女の一連の動作を固定させた瞳孔に追いかけさせて。
まるで観察でもしているかのように。

「や、やだ……わたしの顔に何かついてる?」

ホテルで愛の契りを終えて一年余り。
このマンションで二人っきりの生活を送り始めて半年余り。

その間、毎日のように顔を突き合わせて朝食を共にしているが、こんなにぎこちなく感じたのは初めてである。
涼花は、テーブルの端に置いてあったボックスティッシュから数枚引き抜くと、慌てて口元を拭った。

「ねっとりとした唇……鮮やかに紅い舌……たらたらと垂れ落ちそうな透明な唾液……」

「ち、ちょっと……吾朗ちゃん?!」

「その小さな唇が、熱く焼けた肉棒を咥え込み……」

「に、肉棒……? 吾朗ちゃん、朝からなんてこと言うのよ!」

昨夜から少々様子が変であったが、わたしの彼氏はついに壊れてしまったのだろうか?
虚ろな瞳でこちらをじっと見据えて、あらぬ単語を取り憑かれたように語り出している。

「もう、いい加減にしてよ! エッチ! スケベ!」

涼花は叫んでいた。
バンッと音を立てて、テーブルを叩いていた。
並べられた食器が驚いたように、甲高い音色を響かせた。

「あぁ、ははははっ……ごめん、涼花……お前の顔を見てたら、ふぅっと思い浮かんでさ」

ようやく怪しげな妄想癖が解けたようである。
吾朗が取り繕うように苦笑いを浮かべた。
前髪の生え際のところをボリボリと掻いて、忘れていたようにマグカップに手を伸ばしてみせた。

「ずずぅーっ……実はさ、涼花、ズズゥ……俺、小説を書いてみようと思って……」

「小説?」

「ズルズズゥ……そう、小説……ちょっとエッチぽいやつ」

吾朗はアゴを持ち上げた。
マグカップに残されたスープを一気に呑み干そうと、肘を張って顔全体を大きく上向かせた。

「それってさ……いわゆる官能小説?」

オツムの方は壊れてなかったらしい。
いや、まだ要警戒であるが……涼花は頬杖をついて訊いた。

「最近、ずーっと考えたんだよな。涼花と俺の関係。愛し合ってるし、セックスしてる時だって気持ちよく快感できてるんだけど……何かこう、中弛みというか……」

「ふ~ん、それで?」

「それでさ、バイトをしてる間もさ、一生懸命考えたってわけ。涼花と俺のエッチをモデルにしてだな、小説を書こうってな。もちろん偽名でだけど。はぁ~、ごちそうさん」

空になったマグカップが、トンとテーブルに置かれた。
吾朗もティッシュを摘まみ出すと、口元をゴシゴシと擦った。

「嫌よ、そんなの。恥ずかしいじゃない。吾朗ちゃんと……その、セックスしてるところを小説にするなんて、わたし絶対にお断りだからね」

涼花の頬杖が崩れた。
意識して感情を消した流し眼が、瞳を見開いたドングリ眼に変わり、今度は両手の拳でドンドンとテーブルを叩いていた。

「涼花、そう剥きになるなよ。これも涼花と俺との愛を永遠にするためには、避けて通れない道なんだ」

「エッチな小説が、永遠の愛を保証するとでも言うわけ?!」

「保証される」

吾朗は自分の胸をドンと叩くと、自信ありげな顔を作った。
拒絶一辺倒だった涼花の目を覗き込み、スープの拭き残しが目につく口の端をニィっと笑わせた。

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA