哀奴まどか 第2章 氷雨(3)

 

aido-tit

 

 

【第2章(3)】

お願いですっ・・中に、もう中に入れて下さいっ・・・

思わず声を上げた私は、ご主人様の横をすり抜けて、部屋に入ろうとしたのですが・・・。
素早く私を捕まえたご主人様は、私を後ろ手にして持っておられた手錠を掛けてしまったのです。
そして、涙を流してイヤイヤをしている私に、今度はゆっくりと買ってきた鎖を首輪に繋いでしまいました。

もう私には、逃げる術もなくなったのです。

首輪に繋いだ鎖の、反対の端を持ったご主人様は、庭の真ん中に、私を引いて行きます。
もうその頃には、周囲は暗くなっていましたが、誰かに見られたらどうしようと、私は不安で一杯でした。

太い庭木の前まで私を連れだしたご主人様は、私の頭の上にある枝に鎖を巻き付けて、繋いでしまわれたのです。

あと30分・・5時半になったら、家に入れて上げるからね・・・
それまで雨に打たれて、よく反省しておきなさい・・・

ご主人様はそう言い置いて、家の中へ戻られたのです。
明るい窓越しに、ご主人様がゆったりとソファーに腰を降ろし、読書されているのが伺えます。
対照的に哀れな私は、歯の根も合わないほどガタガタと震えながら、裸身を氷雨に打たれ続けていたのです。

ご主人様・・あんまりです・・
私は・・私は、ご主人様の気に入るようにしているのに・・
ご主人様と、一緒にいたいのに・・ご主人様に、可愛がって欲しいのに・・

それは気の遠くなるような、永い、永い時間でした。
最初は寒さで、冷たい雨が針に刺されるような痛みと感じていた身体が、次第に感覚を失い、私は眠気に襲われ始めたのです。

これではいけない・・ここで寝てしまったら・・
私は首を吊られて・・死んで・・しまうかも・・
そうしたら・・もう・・ご主人様の近くに・・行くことも・・できない・・

時々薄れる意識に首が締まり、ハッとして我に返るのでした。
そんな私の様子に気が付かれたのでしょうか、それとも時間が来たのでしょうか。
私は夢遊病者のようにご主人様に連れられて、部屋の中にいたのです。

ご主人様は、お風呂を用意して下さっていました。
私は首輪だけを外されて、手錠のまま、そっと抱き抱えられるように湯船に漬けられたのです。

用意してあったのは、温(ぬる)いお湯だったのですが、徐々に感覚が戻ってきた身体には、まるで熱湯のようでした。
全身の激痛に私は悲鳴を上げ、泣き叫びながら浴槽から出ようともがいたのですが、ご主人様に許して頂けませんでした。
肩まで何とかお湯から出ると、強い力で押さえ付けられて、また湯船に沈められるのです。
僅か数分の内に、私の身体は真っ赤に火照っていました。

ようやく許されて、タオルで身体を拭いて頂いた私は、ご主人様とリビングに戻り大きな鏡の前に立たされたのです。

泣きそうな顔で、雨に濡れているまどかって、とっても可愛かったわよ・・
それにまどかの身体、綺麗だし・・まどかのこと、とても好きよ・・
今日はお食事をしたら、もう休みなさい・・
また明日、うんと苛めてあげるから・・・

鏡の中で私の顔が歪み、ふいに泣き出してしまったのです。

そうだったのです。
ご主人様は、私を虐めるためだけに、あんな目に遭わしたのではなかったのです。
ご主人様も、私を好いて下さるのです。
それに気付かせるために、それを言うために、あれだけのことをして下さったのです。

それならば、私も嬉しいのです。
それならば、あの辛さも耐えられるのです。

ご主人様が喜んで下さるのなら・・・愛して下さるのなら・・・

私は奴隷として、これからも一緒に生きて行く・・ご主人様の奴隷として・・・

aido07

 

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA