哀奴まどか 第2章 氷雨(2)

 

aido-tit

 

 

【第2章(2)】

その日、朝から曇っていたのですが、今はパラパラと冷たい雨が降っています。
みぞれ混じりの雨のようでした。
それ程強くはなかったのですが、風も吹いていました。

私は家から15分位の所にある、ペットショップまで、ガタガタと震えながら歩いて行ったのです。
私に外出着として許されたのは、レインコートとゴムの長靴・・・それだけなのです。
薄いレインコートでは・・透けて見えることはないのですが、全く寒さが防げないのです。

小さな傘では避けることのできない雨滴が、コートの襟元や裾から容赦なく滲みてきて、身体を湿らせます。
吹き付ける風は、氷の刃のように私を苛むのです。

やっとの思いで辿り着いたペットショップに、しかし私は暫く入ることができませんでした。

レインコートの下に、何も着けていないことを気付かれるのではないか・・
でも、買わずに帰ったら、どんなに怒られるのでしょうか・・

そうしている間にも、身体が凍えて行きます。
それに、店の前にあまり永く立っていると、変に思われるかも知れません。

思い切って店の扉を開けた私は、大急ぎで犬の首輪と、それに繋ぐ鎖を買ったのです。
最初に目に付いた、赤く太い首輪と、銀色の長い鎖でした。

私は店員に何を言われたのか、殆ど判らないままにお金を払い、逃げるように店から飛び出したのです。

家に帰り着いたとき、ベルを鳴らしても玄関の扉は開きませんでした。
私は凍える指で何度も、何度も、ベルを押し続けたのです。

ふと気が付くと、扉の下の方に小さな紙が貼ってありました。
私は腰を屈めると書かれた文字を読んだのです。

┌────
 奴隷は傘を置き、裸足になって庭に回ること。
                 ────┘

ご主人様の命令が、書かれていたのです。
私は長靴を脱ぎ、傘を畳んでその脇に置いて、濡れながら庭に回りました。

リビングの前まで来た時――庭のその部分は、両側にある食堂と応接室に囲われ、周囲からは少し見えにくいのです――暖かそうな部屋の中から、ご主人様が私を見ているのに気が付いたのです。

私は早く部屋に入れて貰いたくて、大きな窓に近づこうとしたのですが・・
ご主人様は、用意しておられた紙に書かれた命令を見せたのです。

┌────
 裸になって、首輪を付けなさい。
           ────┘

あぁ、そんな・・酷すぎます・・
やっとの思いで買ってきたのに・・
こんなに寒くて、凍えてしまいそうなのに・・

そんな不満が、顔に現れていたのでしょう。
ご主人様は、鼻をならされるようにすると、プイっと向こうをむいてしまわれたのです。

しかたがありません、私はご主人様の奴隷なのです。
でも、あまりの仕打ちに、少し反発を感じてしまったのです。

私は心の隅に疼く、苦い固まりを押さえ付けるようにしながら、殆ど感覚のなくなった、自由にならない指でレインコートのボタンをのろのろと外したのです。

再びこちらを向かれたご主人様は、これまでなかったような冷たい目で、私を睨んでおられました。
怒っておいでなのです。

あぁ、でも・・・私だって・・・

しかし私は、ご主人様の目に追われるように、やっとの思いでレインコートを脱ぐと、買ってきた首輪を自分で付けたのです。

ようやく窓が開き、暖かそうな衣服に身を包んだご主人様が出てこられました。
片手に傘を、そしてもう一方の手には手錠を持っておられます。

まだ家の中に入れて貰えないのです。
私を、もっと辛い目に遭わせるおつもりなのです。

aido06

 

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA