哀奴まどか 第2章 氷雨(1)

 

aido-tit

 

 

【第2章(1)】

もう、クリスマスも近い頃でした。
その日の朝、私は妹と二人で、2日間の旅行に行く父と母を見送ったのです。
父と母を乗せた車が、交差点を曲がって見えなくなると、妹と私は顔を見合わせたのです。

そうなのです。
ホンの一瞬の目配せで、私達にはその意味が通じるのです。
二人の素晴らしい、誰にも邪魔されることのない、2日間が始まるのです。

明日まで、まどかは何も着なくていいのよ・・
下着も、洋服も、なにも要らないでしょ・・

早速ご主人様の命令です。
大急ぎで私が脱いだ服を、ご主人様は持っていってしまいました。

もう、大分前から、私の部屋の洋服タンスの鍵は、ご主人様が持っているのです。
私はご主人様のお許しがないと、洋服はもちろん、下着一枚すら身に付けることができないのです。

何一つ纏わぬ生まれたままの姿で、ジッと立っている私の周りを歩きながら、ご主人様が呟くように言われます。

まどかは、私の奴隷なのよね・・
奴隷は・・・何も持ってはいけないし、何も着てはいけないのよ・・
でも、まどかは奴隷のくせに、身に着けているモノがあるわ・・
今日は綺麗にして、本当の奴隷の姿になりなさいね・・

暫くの間、私にはご主人様の言われている意味が、判らなかったのです。
そんな私に構うことなく、ご主人様も服を脱がれると、さっさとシャワーを浴びに行ってしまいました。
私はぼんやりと立ちつくしていたのです。

まどかっ!!・・何をしているのっ!!・・早く来なさいっ!!!

突然、ご主人様の大声です。
私は慌てて、浴室まで走ったのです。

ご主人様はシャワーを浴びて、上気した身体をバスタオルで拭いているところでした。

まどかも、シャワーを浴びて、綺麗になっておきなさい・・
特にアソコは丁寧に洗っておくのよ・・

私は、命令された通りに身体を清めます。
言われたままに、特に念入りに石鹸を泡立たせていた時です。
剃刀を手にして、ご主人様が戻って来られたのです。

全身を、泡にまみれた私を見て、ご主人様が満足そうに頷きます。

いい子ね、まどか・・ご褒美に、今日は私がサービスしてあげる・・
その浴槽の縁に腰を掛けて、足を開きなさい・・

あぁ、ご主人様は私の若草を剃ってしまおうとしているのです。
恥ずかしい・・

でも私は、言われたとおりに足を拡げたまま、ジッとしていたのです。
剃刀の刃が、私の微妙な辺りでしきりに動いています。
サワサワとした感触が、次第に無くなって行きました。

私はそんなに濃い方ではなかったのです。
でもご主人様は丁寧に、時間を掛けて処理をして下さいます。

剃刀が私を刺激し続けている内に、何か切ない気持ちがこみ上げてきて、それで濡れてしまったみたいでした。

ほんとにまどかって、いけない子ね・・
濡らした罰として、今日はうんと恥ずかしい思いをさせてあげる・・

さっ、できたわよ・・ご覧なさい・・・

ご主人様は、私にシャワーを掛けると、鏡を指さしたのです。

あぁ、私のそこは、まるで幼女のようでした。
とても綺麗・・そう、私の望んでいた姿はこれだったのです。
もう後戻りはできないのです。

私は、恥ずかしさの余り両手で顔を覆って、動けなかったのです。
でも時々指の隙間から、翳りを失った可愛いふくらみを見つめていたのです。

午後の4時頃、私はご主人様の命令で買い物に出かけました。
買ってくるものは犬の首輪なのです。
私を繋いでおくためのものだと、ご主人様は言っておられました。

aido05

 

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA