女子高生が極太バイブに膣肉を掻き回されて絶頂

 

shy468-02

46860-11

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

seinaru-ti

 

第10話
一足早いクリスマスプレゼント その3

12月23日 日曜日 午後11時50分  二宮佐緒梨

両手の爪で壁紙を掻きむしりながら叫び続けた。
爪が剥がれそうになるくらい指先を立てて、うつむいたまま首を左右に振った。

そんなに痛くなんかない。
痛くはないけど……

膣の壁が破れそうなくらい引き伸ばされているの。
佐緒梨の大切な処をメリメリと音を立てながら、太いバイブが貫いていくの。

息苦しくて……恐ろしくて……
わたしの女の子が喉が裂けるくらい泣き叫ぶから、佐緒梨も負けないくらい大声で泣いたの。叫んだの。

だって、まだ女子校生だし、恥ずかしいお仕事をしていても、そんなふしだらな身体じゃない。
こんなモンスターみたいなバイブ、佐緒梨の膣に簡単に入ったりしたらいけないの。それなのに……

「ふふっ、根元まで入っちまったぜ。佐緒梨、それも呆気ないくらいにあっさりとな」

「はあっ、あぁっ、い、いやぁ……う、嘘よぉっ、そんなこと……はぅぅっ……ない……」

「そうかぁ? 嘘つきは……佐緒梨、お前の方じゃないのか? さっきからポタポタと垂れているぜ。恥ずかしいマン汁がな。ははははっ……」

わたしは、下を向いたまま視線を足元に向けた。
肩幅に開いた足首の真ん中に光る数粒の水滴。
その瞬間、雨粒のようにまたひと粒、淡い毛を伝うように淫らな水滴が落ちてくる。

「んくぅっ、はあ、はぁ……わたし……イヤァッ!」

「ふふふっ、だろう? 口では嫌がって見せても、佐緒梨の下の口はまんざらでもないようだぜ。というより、まだまだ刺激が足りないんじゃねえのか? 玩具をオマ○コに突っ込んだだけではな……だからよ!」

カチッ……!
ウイィ―ン、ウイィ―ン、ウイィ―ン、ウイィ―ン……

「んあぁッッ?! ああぁぁぁぁッ! んぐぅぅぅぅっ!」

佐緒梨の膣に突き刺さるバイブが、突然運動を始めた。
破れそうな膣の壁を更に引き伸ばしながら、ウネウネと回転し始めた。

言葉なんか出てこない。
獣のように叫ぶだけ。
イヤも、許しても、苦しいも、全部ダメ!

口は開いているのに……
くちびるも動いているのに……
喉を搾り出すような声しか出せないよ!

こんなの玩具なんかじゃない。
女の子の大切な処を壊す凶器よ。

「はぐぅぅぅっ、むぐぅ、お、奥に……子宮にあたってぇっ! ううぅっ、きつぃぃぃっ!」

「随分と苦しそうな声で鳴くじゃねえか。まあ、多少はきついだろうな。割れ目が限界まで裂け切っているんだからよ。さすがに直径5㎝の特大バイブは、佐緒梨にもちょっとばかしハードだったようだな」

背中の向こうで聞こえていたバイブの音が、耳元で鳴り響いている感じ。
頭の中でガンガン音がこだまして、同時に荒っぽいバイブの刺激に、恐怖と切なさがごちゃ混ぜになっていく。

わたしは、住田の前でお尻を振っていた。
訳のわからないおぞましい感触に、背中をくねらせていた。

怖い! 佐緒梨、ホントに怖いよ!

こんな刺激をいつまでも与えられると、佐緒梨のアソコが壊れちゃう!
ううん、その前に佐緒梨がわたしではなくなっちゃう!

ぐちゅぅッ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ……
ウイィ―ン、ウイィ―ン、ウイィ―ン、ウイィ―ン……

「ひやぁぁっ! な、なかがこすれてぇっ……めちゃくちゃに……う、うごいてぇっ……あふぅぅぅっ!」

指でカリカリと壁を引っかいているのに。
バカになるくらい首を左右に振っているのに。

どうしたのよ、佐緒梨?
怖いのが、恐ろしいのが、気持ちいいに置き換わっていく。
お化けバイブに犯されているのに、大切な処が……ううん、下半身全体が疼いているの。

「おいおい、ずいぶんと汗をかいているじゃねえか。全身がびっしょりだぜ。ふふふっ、まあ、佐緒梨のオマ○コは、違う汁でベチョベチョだがな。どうだ? そろそろこんな刺激では満足できねえだろ? なあ……はははははっ」

カチッ……!
ヴイィ―ン、ヴイィ―ン、ヴイィ―ン、ヴイィ―ン……

「ひいっっ! だ、だめぇっ! くぅぅぅぅっ……ああぁぁぁぁっ!」

壁にへばりつかせた両手が、ずるずるって下がった。

壁紙に汗を滲ませながら、引っかいた跡を残しながら。
ひざが折れて、太腿がもっと開いて。

わたしは、がに股のような姿勢でお尻を左右に振った。
一気に強くなったバイブの刺激に、上下にも振った。
お尻をぐるりと回転させた。

「ああぁぁっ、き、きついよぉう……と、とめてぇぇっ! バイブぅ、とめてよぉっ!」

住田が、わたしになにか話しかけている。
背後から囁くように呟いた。
あざけるように笑った。

でも、聞こえないの。
きっと、佐緒梨のエッチになっちゃったアソコを指差して、もっともっとわたしを辱めようとしているのに、なにもわからないの。

聞こえるのは、身体の芯まで響いてくる玩具の音。
掻き回されるお肉の音。
感じるのは、身体の芯まで気持ちよく疼かせている玩具の振動。
敏感な壁を伸び縮みさせる玩具の運動。

そうよ。佐緒梨は感じちゃったの。
お腹の中で好き勝手に暴れるバイブに、気持ちいいって鳴いちゃうの。
背筋をビクビクさせながら、エッチなお汁を溢れさせちゃうの。

ぐぢゅぅッ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐぢゅぅっ……
ヴイィ―ン、ヴイィ―ン、ヴイィ―ン、ヴイィ―ン……

「はあぁぁっ、あくぅぅっ……わたしぃっ、わたしぃ……あはぁぁぁっっ!」

頭の中が、ぼーっとしてきちゃった。
半開きの口からいやらしい声と一緒に、涎まで垂れてきちゃう。

でも、仕方ないよね。
女の子の身体は、感じやすいの。デリケートなの。
だから、心の中で哀しくて泣いた涙も、ほっぺたを滑るときは、嬉しくて鳴いた涙に変化しているの。

「あぁぁっ、佐緒梨ぃ、気持ちいいぃっ。バイブぅ、いいのぉっ……ひあぁぁぁっ」

住田が、また耳元でささやいた。
でもやっぱり聞こえない。
聞こえないのに、イヤイヤって首を振って……

それなのに、ビンビンしているバイブをグニュグュって動かされた。
尻尾のように突き出したバイブのグリップを握って、膣の感じる壁に押し当てられた。

いっちゃう! 佐緒梨、お化けバイブでハシタナク絶頂させられちゃう!

全身を高圧電流が貫いていく。
割れ目からエッチなお汁が噴水みたいに溢れて、床の上に水溜りをつくっている。

熱い炎に火傷しそうな子宮が、哀しく悲鳴をあげた。
同時に、膣がキュゥッってなって、暴れているバイブを締め付けて、大きな大きな快感の波が、足先にも指先にも頭のてっぺんにも拡散していく。

ヴイィ―ンッ、ヴイィ―ンッ、ヴイィ―ンッ、ヴイィ―ンッ……
ぐぢゅぅッ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐぢゅぅぅぅっ……!

「ひぃっ、ふあぁぁっ、はぁぁっ……い、イクぅ、佐緒梨ぃっ、いっちゃうぅぅっっ……はああっ、はああぁぁんんっ!!」

わたしはあごを突き出して、喉元をさらして絶叫してた。
淫乱な佐緒梨を見せ付けるように、お尻をブルブル震わせて背中を湾曲させて、ついでにおっぱいも揺らせて……

お仕事でも見せない、サリーじゃない佐緒梨で絶頂しちゃった。
大ッ嫌いな男の前で、笑われながら感じさせられちゃった。

「ううぅ……はあぁ……ああぁ……」

視線がすぅーって落ちていく。
ひざが床に付いて、両手も引っ付いて、それと同時に意識が薄くなっていく。

頭の記憶が、さっき囁かれた住田の言葉を再生した。

「このバイブは、俺からのプレゼントだ。1日早いクリスマスプレゼントだ」って……
そして「明日の夜、また来るからな。そのときに、俺の女になるか決めてもらう」って……

わたしは、勢いよく閉まるドアに向かって呟いていた。
「そう思うんだったら抜いてよ! 今すぐ、このお化けバイブを引き抜いてよ! 佐緒梨……明日からアナタの彼女なんでしょ!」って……

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA