バージンを奪ったペニスを美少女がフェラチオ

 

shy468-02

46860-09

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

seinaru-ti

 

第8話
一足早いクリスマスプレゼント その1

12月23日 日曜日 午後11時  二宮佐緒梨

「今夜は『マッチ売りの少女の部屋』をご利用くださいまして、誠にありがとうございます。気が向きましたら、またのご来店をお待ちしております♪♪」

わたしは閉じていくドアに向かって頭を下げていた。
そして、それを見届けると同時に、壁に寄り掛かって荒い息を繰り返した。

今夜は、さっきのお客さんで10人目だったかな? 12人目だったかな?
もう、数える気にもなれない。

午後7時頃から始めて、今は11時すぎ。
さすがに限界。身体もクタクタ。
そろそろ店じまいして欲しい。

いくらアソコをお見せして、色んな物で刺激されるだけといったって、辛いよ。
佐緒梨は4時間以上も、強制的にオナニーさせられているのと同じなんだから。

今夜だって何回イッちゃったんだろう。
だいたい、ふたりにひとりのペースだから、5回、6回……って……もういや!
そんなの数えたくなんかないよ。

でも、さっきのおじさんはしつこかったなぁ。
2回も時間を延長して、指と舌とおまけにピンクローターまで……
ほとんどフルコースって感じで……

それでなくても佐緒梨。
身体の芯が熱くて疼いているのに、アソコをネチネチ責められて大きくイッちゃって、その後だって、気づかれないようにもう一回、小さくイッちゃったんだから。
いったい、お義母さんにいくら払ったのかしら?
もっと大切な人を愛してあげればいいのに……

♪♪……♪♪……

「あ、メールだ……」

わたしは、部屋の隅っこに置いてあるバッグからスマホを取り出すと、画面を覗いた。

『佐緒梨、住田が来ているの。いつもの感じでいいから、相手をしてあげて……』

住田……!

読み終えた途端、目の前が暗くなってくる。
あの殺気だった恐ろしい目が脳裡に浮かんで、毛穴という毛穴から冷たい汗が滲み出してくる。

「そんなぁ……今からなんて……」

でも、泣き言なんて言ってられない。
あの男の機嫌を損ねたら、どんな恐ろしいことをされるか……
それに、そろそろ決めないといけないのかも……そのために佐緒梨は……

微かに聞こえる。足を引きずったようなだらしない靴の音。

わたしは腰に巻き付いたロングスカートを解くと、自分の液で汚れたアソコを急いで清めた。
そしてブラジャーも取り去り、全裸のまま部屋の中央に立つ。

やがてドアが嫌な音を立てながら開いて、サリーの前に住田という男が立っていた。

「い、いらっしゃいませ。住田様。お待ちしておりました……」

「よぉ、元気にしてたか? 佐緒梨」

男は馴れ馴れしい態度で、わたしの名前を呼んだ。
服を全て脱ぎ去った生まれたままの姿の佐緒梨を見ても、眉ひとつ動かさない。

中肉中背。平凡な身体付きだけど、猛禽類のような鋭い目付きにパンチパーマ。
細くて三角形のような銀縁メガネに、着崩した高級ブランドスーツ。

どこからどう見ても、刑事ドラマに悪役で登場する怖い人。
実際、わたしたち女の人を、金を稼ぐための道具のようにしか考えていない最低の人間だけど……

「住田様、今夜はどうされます?」

わたしはさり気なく両腕を前で交差させながら、大切な処を隠していた。
そして、そのまま上目遣いに住田の顔色を窺った。

「おぅ、そうだな……んんッ! なんだぁっ! あのハバァッ! ベッドを入れておけと言っておいただろうがッ!」

それは突然だった。
住田が唾を飛ばしながら喚いていた。

「ひ、ひいぃ!」

「こんな硬い床の上で、女が抱けるわけないだろうがぁッ!」

ドンッ!

今度は握り締めた拳が、穴が開くくらいの勢いで壁を殴りつけていた。

「あ、ああぁ……?!」

わたしの顔から血の気が引いていく。
あまりにもの恐怖に心臓が凍りつきそうになる。

ベッド……? それって、なんのこと?
お義母さん。佐緒梨はなにも聞いていないよ。

「仕方ない。佐緒梨、まずはいつものようにおしゃぶりからだ!」

「は、はい。住田……様」

わたしは苛立つ男の前に慌ててひざまづくと、ズボンのファスナーを引き、指をそっと差し入れた。
震えそうになるわたしを叱りつけながら、下着の中に潜む肉の棒を優しく包むと、慎重に引き出していく。

「そうだ。俺様のチ○ポはデリケートだからな、丁寧に扱ってくれよ」

男の言葉に曖昧にうなずきながら、鼻先にぶら下がっている赤黒い肉の棒に右手の指を添える。
そして、根元を黒々とした繁みに覆われた部分までその指をスライドさせると、左手の指で丸く膨らんだ先端部分を持ち上げた。

「し、失礼……します……」

くちびるを開くと、前歯を当てないように注意しながら喉の奥まで頬張った。
生暖かい肉の棒に舌を絡めながら、余計な空気が入らないようにくちびるをすぼめた。

「んんむぅ、ちゅぷっ、ちゅぷっ……」

男の身体から、勢いよく血液が流れ込んでくる。
生暖かかった肉の棒がどんどん熱くなって、硬い凶器に変身する。

忘れるわけがない。
佐緒梨の大切なバージンを奪ったモノなのに……
佐緒梨のくちびるだって、口の中だって、今まで何度も苛められたのに……
でも佐緒梨は……

「んんんぷぅ、れろっ、れろっ……どぉぅ……ですかぁ? ちゅっぱっ、きもぉちいいですかぁ?」

頭を前後させながら舐め続けている。
ビクンビクンって、ほっぺたのお肉を内から撫でられながら、おいしそうな顔を作って頬張っている。

そうよ。この棒は、口元をベチャベチャにして舐めてるアイスキャンディなの。
熱くて火傷しそうで、いつまで経っても消滅してくれないけど、こうして舌とくちびるを使えば白いミルクが溢れてくるの。

でも、どうしてかな?
舐めていると、哀しくなって気持ち悪くなって、ものすごく惨めになってくるの。

だから佐緒梨。早く出しちゃおうよ。
本当はわたし。アイスキャンディが苦手だから。
ううん、大っ嫌いだから。

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA