哀奴まどか 序章 創生 (1)

aido-tit

 

 

【序章(1)】


アアァァッッ・・アアアァァァッッッ・・・アァッ、アァッ・・・

・・・これで何度目になるのでしょうか。
果てしのない苦痛の中に、私はまた絶頂を迎えようとしているのです。

本来なら、甘美な快感をもたらしてくれるあの淫靡な器具が、私の敏感な器官を苛み続けているのです。
これほど長い時間、永遠かとも思われる時間を責め続けられると、これは苦痛・・・本当に苦痛でしかないのです。

その苦痛の中で、私の肉体はまるで機械のように一定の周期で反応してしまい、大波の頂点を超えて、また谷底に転がり落ちるのです。

そう、私は奴隷・・・性の奴隷なのです・・・

私の名は「まどか」、ある大学の付属高校3年生です。
体付きはどちらかと言えばふっくらとしている方でしょうか。
一応クラスでは美形、というよりカワイイと言われています。
街を歩いていると、時々声を掛けられることもあるので、まんざらでもないのでしょう。
昔は、こんな奴隷になる前は、男性から声を掛けられるのは少し嬉しかったのです。

私は4人家族、父母と妹、それに子猫のミミがいます。
私の家庭は裕福な方なのでしょう、付近でも大きな家に住んでいます。

父は仕事の都合で、よく外国に出張しています。
ある商社の役員を務めているのです。

私と妹――同じ高校の1年生です――が大きくなってからは、母を伴って出張することが増えました。
向こうでは、人を招いたり招かれたりする時に、夫婦揃っている方が、都合が良いそうなのです。

その留守の間、私と妹の2人だけでこの家で過ごすのです。

妹は、学年は2年下なのですが、誕生日の関係で実際には1歳と3ヶ月位しか離れていないのです。
内気な私と違って、明るい、積極的な性格だと思います。
小さい頃からスポーツをしていたからでしょうか、体格も私より大きい位です。
2人で並ぶと、知らない方は私の方が妹だと思われることも多いのです。

私には、幼い頃から被虐への願望があったようです。
テレビや映画の中で、美しい女性が悪役に捕らえられるシーン、少女漫画の中でヒロインが男の人にいたぶたれるシーンを見つけると、心の奥に何とも言えない感覚が湧き起こるのです。
甘いような、酸っぱいようなその感覚の中で、「あぁ、私もあんな風に苛められてみたい」と思っていたのです。

もちろん、私はそんな気持ちを誰にも気取られないようにしていました。
誰も知らない、私だけの秘密だったのです。

去年の夏、私がたまたま家に1人でいた時のことです。
その日私は、インターネットでいろいろな検索をしてみたのです。

検索キーは「拷問」「奴隷」「苦痛」・・。
そうして見つけたHPを、次々と見ていったのです。
一つのHPから次のHPへ、リンクを辿り続けたのです。

表示される画像はどれも衝撃的な、私にとって余りにも衝撃的なものばかりでした。
私は魅入られたように、パソコンの前から離れることができませんでした。

やっとの思いでパソコンの電源を切ったのは、もう真夜中を過ぎていたのでしょうか。
その時、私の下着はぐっしょりと濡れていたのです。

 

 

aido01

 

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、ひとみの内緒話 イネの十四郎様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu00

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA