見つかればアウト! 少女の股間丸見え角オナ

 

shy468-02

46860-04

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

hidamarii

第4話 机の角っこを割れ目にフィットさせて

そういうこと。今のわたしはノーパンなの。
その人に大切な処を覗いて欲しくて、風通しの抜群なお股のままで登校したの。
家を出た時からずぅっと、このままんな格好で。

「んん……ど、どう? わたしのアソコ……ううん、オ、オマ……オマ○コ、きれいかな?」

意識して声にしてみた。
とっても恥ずかしくて、頭の芯までぼおっとさせながら、わたしは禁句の単語を口にしていた。
そして机までほとんど隙間なんてないのに、4分の1歩だけ身体を前進させる。
スカート裾は俯かせたアゴに挟ませて、自由にになった両手を股間に宛がってみせる。
割れ目のお肉をグイっと拡げた。

「あぁ、あはは……ち、ちょっとだけ……恥ずかしかったり……でもぉ、くぅぅっっ……」

その人は嫌がっているかもしれないのに、わたしは止めない。
その人は、汚いモノを見るように目を細めているかもしれないのに、わたしは変態行為を続ける。

上半身を前のめりになるほど傾げると、その勢いでお股の部分を机の角っこに圧し掛けた。
むにゅっとした押し潰される肉音を、心の隅っこに飼ってる女の子が聞いて、泣きそうな顔をして、真面目に恥ずかしがって、取り合えずわたしは知らんぷりをする。

「ご、ごめんね……なんだか、おぉ、オマ○コのお肉が……痒いの、だから……んんふぅぅっっ」

その人の机が、ズズッと音を立てて動いた。
わたしは弾き出されたように暇になった両手で、机の二辺を支えると、腰を上下に揺すった。
禁句の単語をまた吐いて、痒くて堪らないはずのアソコを慰めるつもりで、割れ目のお肉を机の角で擦った。

にちゅ、にちゅ……ぬちゅ、ぬちゅ……

「ふぁ、はぁ……痒い処にぃ、んんっ、ピチっと当たってぇ……はあぁ、いい感じなのぉ」

角っこといっても、一応だけどアールは付いている。
強く押し付けたって、アソコのお肉が傷ついたりしないはず。

そう信じてわたしは、机を支える両腕に力を込めた。
体重を乗せるように、大陰唇の膨らみを机の角に密着させる。

「うぐぅっ! ふぅ、はあぁっ……おぉ、奥までぇ、喰い込んでるぅ……ひうぅっ!」

吐き出されたのは、情けないくらいに余裕のない喘ぎ。
泣き笑いさせたような惨めな変顔。

ビリビリの刺付き電気に襲われた。
丸まっていた背中がピンと伸び切って、それでも足りないように頭が天井を向いた。

生まれて初めての角オナなのに、調子に乗りすぎたかな。
その人の匂いがする机だからって、張り切りすぎたかな。

「あふぁっ! はんっ……少し、慣れてきたからぁ、ふひぃ……エッチなお汁だって……」

でもね、慎重なオナニーなんてする意味ないでしょ。
朝の教室で、下半身丸出しで、ガラガラって、前か後ろの扉が開かれたら、わたしはそれで……

じゅにゅ、じゅにゅ……じゅちゃ、じゅちゃ……

「ふはあぁぁ……だんだん、気持ち良くなってぇ……オマンコぉ、つぶれそうでぇ……はあぁぁぁ……」

それでもグイグイと押し付けていた。
両腕の筋肉に『気合いだよ』ってエールを送って、わたしは全身をスライドさせる。
90度ささやかなアール付きの角に、割れ目の底まで押し付けて、柔らかいお肉をズルズルと解してもらうの。

「ファイト♪ ファイト♪ ファイト♪」

爽やかな青春の掛け声が、鼓膜を振動させた。
ずっと先のグランドから仄かなメロディーになって、オナってるわたしを嘲笑するように。

「や、はぁっ、感じるぅ……かんじちゃうのぉ、んん、ふうぅっっ……」

負けてなんかいられない。
目の前で教科書もノートも拡げて、それなのに頬杖を突いたまま見つめられているから。
その人が、クリっとした瞳を輝かせて、わたしのオナニーを愉しんでくれているから。
きっと……きっと……

机のフレームが、軋むような音を立てている。
わたしの身体だって、全身の骨格がミシミシと鳴いて、恥ずかしい下の唇からはエッチな水の音がクチュクチュ響いて……

「ひゃんっ! はうんっ! そこぉ、ダメぇっ! はぁ、んはあぁぁっっ!」

快感の気持ちを素直に吐き出していた。
支えてくれる両腕の肘を伸ばして、二の腕の筋肉をプルプルさせて、わたしは背中の筋を何度も仰け反らせていた。
机のコーナーで、割れ目の先っぽの感じるお豆を潰して、瞬間電気信号に全身を踊らせて。

水族館で芸を覚えさせられたオットセイのように。
たった1人だけど、じっと眺めてくれているその人のために。
ううん、スケベでエッチな自分自身のために。

「ふはぁっ、あはぁっ! あついのぉ……オマ○コもぉ、くふぅっ、もっとぉ……おくの方までぇ……」

支柱になってくれた両腕を引き寄せていた。
その人が使ってる机なのに、片方の脚が浮くほど抑えつけて、わたしは濡れたお肉を思いっ切り歪ませた。
ビラビラの形が左右不揃いになったって平気。
スリットのお肉が口を開けたままになったって、全然平気。
そんなこと、どうでもいい気分で、硬質な机の舌に気持ちいい愛撫をしてもらうの。

コツ、コツ……コツ、コツ……

微かに、本当に小さな音だけど、誰かの足音が近づいてくる。
それは規則正しい同じリズムで、真っ直ぐに次第にはっきりと……

「あくぅっ、くふんんっ……」

わたしはイクことを急いだ。
心地よい官能の波を無理やりな大波に変えて、ザブンザブンと脳の中へと浴びせ掛ける。
これがオナニーの絶頂の奥の手のように、ヴァージンな膣口を机の角で抉らせた。
クイクイと、引き絞ったお尻の肉を上下に揺すって……

「くはぁっ、くふぅっ……い、いいぃっ! オマンコぉっ! ああぁっ、ふあぁぁぁっっ!!」

ガラ、ガラ、ガラ……

どっちが早かっただろう。
わたしが気持ち良く飛んで、教室の後ろの扉が控えめに音を立てて。

「んはぁ、はあっ……お、おはよう……」

掠れて上ずった声で、わたしは朝の挨拶をした。
ジャンプするように大きな一歩で後退して、持ち上がったスカートを自由落下させる。
それが待っていられなくて、ヒダヒダを掴んで一気に引いた。

「おはよう。もう来てたんだね。うふふ♪」

その人は通学カバンを腰の前に当てて、柔らかい笑みをこぼした。
何も知らない。そんな表情のまま、スキップするような足取りで、廊下側のあの席へと向かった。

机と椅子の配置が見るからに歪んでいるのに、気にすることなく腰を下ろすと、ぶら下げていたカバンを机の上に置いた。
プンと香るかもしれない、女の体液で濡れた机の角を隠すように……

わたしは俯いたまま、窓際の席へと移動する。
粘っこくて糸を引きそうなお汁を、太股からふくらはぎへと垂れさせて、それを隠す暇もなく小走りに歩いていた。

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA