夜道 後悔噬臍

yomichi-tit

【第3話】


その夜、僕は床に着いてもなかなか寝つけなかった。
彼女が草むらでもがく姿が脳裏をよぎった。
眠ったあとも彼女が夢に現れた。
夢の中の彼女は呆然と立ち尽くし悲しそうな顔をして僕を見つめていた。

(どうして私を助けてくれなかったの?)
(すまない。僕は非力だし飛び出す勇気がなかったんだ。君は僕が潜んでいたことを知っていたの?)
(知っていたわ)
(たとえ助けられなくても、大声を出せたはずだわ)
(・・・・・・)
(でも、あ、あなたは何もしてくれなかった。そればかりか自分の欲望を満たすことしかしなかった・・・)
(・・・・・・)

夢の中の彼女は恨めしそうな表情をして僕を咎めた。

(あなたが助けてくれていたら・・・私は・・・・・・)

それだけつぶやいたあと、彼女は暗闇の中へと消えていった。

その時、僕は夢から覚めた。
彼女が夢の中で最後につぶやいた一言が、起きたあとも、胸に烙印を押されたかのように余韻として残っていた。
その朝、僕はいつものように登校した。
登校途中、夢の最後の一言が頭によみがえった。
彼女はあのあと僕に何を告げたかったのだろうか。

(あなたが助けてくれていたら・・・私は・・・・・・)

急に妙な胸騒ぎが起こった。

教室には授業が始まるまでの間、何組かのグループかに分かれて駄弁っていた。
気に止めることはない。いつものことだ。
僕は輪に入ることもなく自身の座席に腰をかけた。
その時、一番近くでひそひそ話していた女子グループから、気になる名前が聴こえてきた。
霧島明日香・・・
僕はつい会話に耳を傾けた。

「可哀相にねえ」
「よほど辛かったのねえ」

端々しか聞こえず、話の要旨がつかめなかったことから、僕は思わず女子グループの会話の輪の中へ飛び込んでしまった。

「あのぅ・・・霧島さんがどうしたの?」
「あぁ、能島君、おはよう。能島君ってC組の霧島さんのこと知ってるの?」
「うん、少しばかり」
「実はね、霧島さん、昨夜遅く自殺したのよ」
「ええっ!!霧島さんが自殺したって!?」

僕は脳天をハンマーで殴られたような衝撃を受けた。

「何でも強姦されたことから悲しみにくれて、学校に戻ってきて屋上から飛び降りたんだって」
「な、な、なんだって!?」
「野島君どうしたの?もしかして霧島さんと付き合ってたの?」

僕は言葉を失ってしまっていた。

(僕のせいだ・・・僕があの時助けてあげなかったからこんなことになってしまったんだ・・・くぅっ・・・・・・)

あの時僕が飛び出していたら・・・
あの時僕が大声をあげていたら・・・
もう一度僕をあの時間あの場所に戻してくれ・・・

現場には数束の花束が手向けられていた。
僕は手を合わせ黙祷を捧げた。

(霧島明日香さん・・・許してください・・・僕に勇気がなかったばかりに・・・)

泣いても泣いても涙は尽きることがなかった。

日が沈む頃、僕は学校を出た。
例の公園に差し掛かった頃、ふと前方を見るとセーラー服の女の子が歩いていた。

彼女は振り返ることもなく、まっすぐ歩いて行く。
僕は彼女の後ろ姿を見つめながら着いて行く。
遠くから見るうしろ姿、歩くたびに揺れるお下げ髪、霧島明日香にとてもよく似ている。

(まさか・・・)

僕が階段を登りきった頃、突然、バサッと言う大きな音がして、女の子が視界から消えてしまった。その直後、引き攣ったような女性の声が漏れ聞こえてきた。

僕は道端に落ちていた石ころを握りしめ、声を聞こえてくる方へ一目散に掛けていた。

【夜道 完】

 

 

yomichi03

 

 

shu01

shu00

shu03

 
toukou02
 
toukou
 

 

この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

 

ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
p006

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA