見えぬ赤い糸 母の代理

akai-ti

【第6話】 
 
 
寿治に抱かれるのを承知した靖子は寿哉と一緒に風呂場から出た。
「寿哉、父さんとセックスしても、姉さんを嫌いにならないでよね」
「そんな心配要らないよ。僕は姉さんが好きなんだから」
「約束よ。絶対に嫌いにならないって」
「約束する。それに、父さんとした後は僕が姉さんと生でやるのも」靖子を安心させようと心使いをしながら戻った。
「父さん、今度は父さんの番だよ」
「俺の番って、何のことだ?」
「姉さんが、母さん替わりになることだよ。ほら、これは要らないよ」腰に巻き付けたタオルを外させ全裸にした。
「お父さん、約束通りにお母さんの変わりをします」靖子は寿治の前で正座して肉竿を口に迎え入れた。
「ウグ、ウグ!」唇を動かすと「そんな事しなくてもいいのに…」そう言うが、肉竿は大きく膨らんでいく。
それを確認して「お父さん、許してね。寿哉の赤ちゃんしか産みたくないの。だから…」コンドームを取り付けた。
「本当にいいのか、寿哉」
「勿論さ、ほら寝ないと」寿治は仰向けになり、靖子は淫裂にゼリーを塗ってから跨った。
「やってくれるんだね」
「ええ、お母さんの変わりですから」肉竿を掴み、腰を降ろして淫裂に迎え入れた。
(痛くないわ、前は痛かったのに…)なおも腰を降ろして全てを吸い込むと、腰を動かし出した。
「やったことないから下手だけど…」
「そんな事ないよ、母さんと同じだよ。凄く気持ちいい…」乳房を揉みながら言う。
(良かった、喜んでもらえたし…)寿哉の頼みでやっているが、喜んでもらえればやり甲斐もあり、靖子は腰の振りを速めていく。
それには「出そうだ、もうすぐだ!」登りきってしまった。
「出して、付けているから出していいのよ」その言葉に薄いゴム越しに暖かいのを感じる。
「お父さん、良かったわ」
「俺も良かった。こんな感じは久しぶりだ」満足そうに息を弾ませている。
 
 
 
「姉さん、今度は僕だよ。付けないでやるからね」靖子を四つん這いにして腰を押さえた。
「ゼリー、塗ったけど、痛かったら普通でして」
「わかった、とにかく入れるよ」淫裂に肉竿が入った。
「感じるわ、寿哉の熱いのを感じる…」
「僕も感じる、生だから余計感じる…」先程とは違った感触に次第に登り詰めていく。
「出していいのよ。できたら、産むから…」
「僕もそうして欲しい…」肉竿のピストンが激しくなって「あ、あ、あ~!」靖子も声を上げ、髪の毛を振り乱している。
(寿哉が、膣の奥まで入っている…)破瓜したばかりの淫裂に、後から入るのは堪えるのか、両手がマットを握りしめている。
(寿哉の好きなようにしないと)声を上げながら堪えていると「出る、出る~!」叫ぶと同時に噴射した。
「わかる。出したのがわかる!」暖かい液体が膣の中を漂い出すのを感じた。
「姉さん、凄く良かった」肉竿を抜いて抱きつくが、淫裂からは白い液体が流れ出ていく。
靖子はそれを拭こうとはせず「私も良かった。私に綺麗にさせて」口付けすると、寿哉の股間に顔を埋めて肉竿をなめ出した。
「姉さんにして貰うと、また出来そうになっていくよ」確かに、放出したばかりだが、ゆっくりではあるが堅くなっていく。
それでも、肉竿をなめているとカチカチになってしまった。

 
 
「今度は、姉さんがするね」寿哉に跨り、腰を降ろしていくと「見えるよ、入っていくのが見
える…」興奮が増していく。
「そんな事言わないで、恥ずかしいから」靖子はなおも腰を降ろして全部吸い込み、腰を動かし出す。
「気持ちいい、姉さんにやってもらえるなんて思わなかった」
「これからもしてあげる。でも、付けないでやるのは今回だけよ」
「わかってる、まだ子供は早いよね」
「そうよ、就職したら造ろうね」靖子は腰を動かし、寿哉は乳房を揉みながら話している。
やがて「姉さん、出すよ、出るからね」乳房の手を腰に当てた。
「出したのね。わかるわよ」腰を上げ、股間を押さえて風呂場へと向かった。
「寿哉、仲良くやるんだぞ」
「わかっているよ。大事にするから、安心して」
「その覚悟があるなら安心だ。それから、これなんだけど、俺が死んだらこれを渡してくれ」名前の書かれた封筒を渡した。
「叔父さんに渡すんだ。それに叔母さんにも」
「そうだ。それに、これもな」
「この人知らないけど誰なの?」
「弁護士だ。事務所はここだ」名刺も渡した。
「頼んだからな」そう言うと布団に潜り込み「必ず、渡すからよ」寿哉は部屋から出た。
翌日、寿治は病院に戻ってまた2人だけの生活が始まった。
「寿哉、勉強しなくていいの?」
「これからする。その前に、姉さんのオッパイ吸わせて」抱きつくと胸を広げて、乳房を露わにして吸い付いた。
「寿哉ったら、甘えん坊なんだから」拒もうとはせずに、頭を撫でていく。
暫くして「もう終わり、ほら勉強しないと」頭を退けさせ、乳房を仕舞い込むと「わかった、始めるよ」参考書と向き合った。
 
 
 
その後、寿治は一進一退を繰り返しながら3ヶ月が過ぎた頃、靖子に電話があった。
それは、弁護士からで、裁判所の裁定が出て、養子を解消し戸籍を造る許可が下りたとの連絡だった。
靖子は早速弁護士の事務所を訪ねて自分の戸籍を確かめた。
「これが私の戸籍なんだ…」希望への第一歩を踏み出し満足顔になっている。
戸籍を確かめると礼を言い、事務所を出ると寿治の元へと向かった。
「お父さん、裁定がおりて新しい籍になったわよ」早速寿治に報告した。
「そうか、それは良かったな、後は寿哉と一緒になるだけだな」
「その前に大学だけは出て貰わないと」
「そうだな、大学なんてあっという間だから、辛抱してくれ」
「それはわかってる。私も、しっかり働かないと」
「そうだったな。もうすぐ社会人だからな」感無量といった感じでいる。 
 
 
 
 

skai07

 

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou07
 
toukou

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA