男に脅迫されて女の子が自慰

 

shy468-02

46860-06

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

shyou02-ti

 

 

第5話
汚されたパジャマ


8月15日 金曜日 午前3時  早野有里

夢を見ていた。

男に襲われ、無抵抗のままレイプされる無垢な私……
男の腰が前後に振れ、少女の純潔な身体を切り刻んでいく。
逃れようと顔を上げた私を、もう一人のわたしが傍観している。
『助けて』と叫んでいるのに、かき消される声……
伸ばした腕も、どこかに消えていく。
私は、もう一人のわたしに、目で合図を送った。
『逃げて』と……
でも、わたしは立ちつくしている。
わたしは気付いた。
ふたりのわたしは、実はひとつなのだと……
ならば、汚されてはならない。
せめて、もうひとりのわたしだけでも守らねばならない……

時計の針が、午前3時を指している。

あのまま眠ってしまったみたいね。
行為を終わらせて、1時間弱。
わたしは生まれたままの姿で横たわっていた。

それにしても、変な夢。
手足がだるくて重い。
これって、副島に処女を奪われた時とよく似てる。

……起きよう。
わたしは腰の横に手を付くと、ゆっくり身体を起こした。
エアコンの風が素肌に吹き付け、自分が何も身につけていないことを教えてくれた。

役目を終えたビデオを停止させ、脱ぎ捨てたパジャマの上着を肩から羽織る。
ベッドの下で丸まったパンツを手に取り、諦めた。

わたしは汚れた股間を清めると、パジャマのズボンを直に履いて再びベッドに入った。

「また、パンツ汚しちゃった。有里って小さな子供みたい。お母さん、洗ってくれるかな?」

生まれてくる赤ちゃんのように、身体を丸めてみる。
柔らかい安らぎを感じて、心がぼんやりとしたものに包まれていく。
眠くなってきた。
理性さんも一緒に、さあもう一度、夢の世界へ……


8月15日 金曜日 午前9時  副島徹也

「……はい、予定通り順調に進んでいます。ええ、もちろん。満足いただいて光栄です。
……はい……ええ……今回の作品は、苦労しましたからね。認めていただき有り難う御座います。次回作も納得してもらえるよう、頑張らせていただきます。
……はい、その気持ちはよく分かります。ただ、急かすのはどうかと……なにしろ素材が初心すぎます。ここは、焦らずじっくりと……はい……はい……では、私の判断でやらさせてもらいます。許可していただけますか。
……はい、有り難うございます。誠心誠意、希望に添えるように努力致します。
……ああ、言い忘れるところでした。もうひとりの件ですが……はい。準備が出来次第、実行に移します。後しばらくお待ちください。では、失礼致します」

私は携帯をサイドテーブルに投げ置くと、目頭を押えた。

「今、何時だと思っているんだか……」

時刻は午前9時……
だが、私にとっては真夜中に等しい。
私の一日の始まりは正午から……そう勝手に決めて久しいのだから。

まあ、あの方にそれを言っても通用しないが。
欲しい物は、どんな手段を使ってでも手に入れる。
金、会社、人材、そして、女までも……
ついでに私の時間も……

イラついても仕方がないが、中途半端な時間に起こされてしまった。
つい先日も、有里の付き添いで徹夜?をしたというのに……

「こうなったら、起きるしかありませんねぇ」

私は携帯を開くと、昨日少女に送ったメールを読み返した。
指示には従っただろうか?
少々、ハードルが高かったかも知れない。

「ですが、あの小娘……大切な者を守るためなら、自分の身体を省みない。今時、絶滅危惧種みたいな方ですから、面白いかもしれません。さあ、朝食でも作りますかぁ」

サイドテーブルに、私は携帯が置いたままにしておいた。
そこのあなた。見たいんでしょ?
どうぞ、ご勝手に……

有里への指示 続き……
次の行為を説明します。

ビデオ鑑賞は終わりましたか?
さすがに疲れたでしょう。

疲労を取るにはリフレッシュするのが、一番です。
そのままベッドに上がりなさい。
そして、自分を慰めなさい。
始めは服を着ていても構いません。
ただし絶頂時には下半身は裸で、出来れば上半身も……

あと、必ず絶頂まで導きなさい。
手抜きすれば、お仕置きが待っていますよ。
それでは、可愛い有里様の喘ぎ声を期待します。

尚、ノートと撮影記録は後日回収します。
それでは愉しいひと時を……

副島

役目を終えたように、携帯の画面が暗くなる。
その横に、意味深に置かれたファイルが1冊……
詳しいレポートに添えられた、盗撮らしい女性のスナップ写真。

どれも視線がカメラに合っていない。
被写体は、物憂げな表情を浮かべる黒髪の少女。
氏名は吉竹舞衣……18歳……次期候補生……

 

 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA