見えぬ赤い糸 夫婦の契り

akai-ti

【第5話】 
 
 
2人はそれからも、度々寿治の見舞いに行っていたが病状は次第に悪化している。
「靖子に寿哉。もう長くないのはわかってるから、一度でいいから、帰らせてくれないか」
「父さん、家に帰りたいんだ」
「そうだ。それに、お前達夫婦の誓いも見たいし」
「そんな、夫婦の誓いを見せるなんて、恥ずかしいです」顔を赤らめる靖子と寿哉だが「やってくれ、俺の目の前で…」熱心に頼み込んだ。
それには「わかった、やるよ。父さんの見ている前で」寿哉は承知し「私もやります」靖子も承知した。
「やってくれるか。期待してるぞ」笑顔の寿治だが、痛みを堪えているのは2人にもわかる。
「お父さん、これから頼んでくる」靖子は主治医と掛け合い、1日だけ自宅に帰れるように頼み込み、医師も長くないのはわかっているから希望を聞いて許可した。
「お父さん、来週ならいいんだって。いいよね」
「勿論だよ、家に帰れるならいつでもいいよ」幾度も頷く寿治だ。
2人はその後も話をして病院を出て歩いていた。
「寿哉、セックスはいいけど、出来たら困るの。だから、買ってきて」靖子は薬局の前で足を止めた。
「あれ使うの?」
「勿論よ、2人ともまだ生活力ないのよ。できないようにしないとダメだし」
「わかった、僕が買うよ。姉さんは買いにくいだろうし」
「当然よ、あれは男が買うのよ」顔を赤らめながら財布から金を取り出して渡した。
それを持って、薬局に入っていき、5分ほどして戻ってきた。
「ほら、買ったよ」見せびらかすと「隠して、見られたらどうする気よ」奪い取るとバックに押し込んだ。
「そんなに恥ずかしいのかな、夫婦だったら必需品なんだけどな」
「だからって、見せびらすことないでしょう」まだ顔が赤いがまた歩き出した。
 
 

そして、一時帰宅の日になり、2人は病院に着替えを持って出かけた。
「お父さん、これに着替えてね」パジャマを脱がせてポロシャツやズボンを着させる。
「何だか、気持ちが軽くなっているよ」その言葉通りで、着替えると生き生きして見える。
「寿哉、これ持って!」
「わかってる」靖子は寿治を抱くようにして病室から出て、寿哉が荷物を持っている。
3人は病院でから、タクシーに乗って自宅へと戻った。
自宅に戻った寿治は「懐かしいな。何年も留守した感じがする…」家の中を歩きながら思いにふけり、妻の位牌に線香を立てた。
「父さん、食事の前に、体を洗った方がいいよ」
「そうだな、久しぶり入るか。靖子さんも一緒に入ってくれないかな」
「えっ、私も一緒に?」靖子は驚き顔になった。
「そうだ、家内の変わりになってくれ。これが最後だから、今日だけ家内の役と、寿哉の妻の役をやってくれ」
「でも、一緒にお風呂だなんて…」
「姉さん、入ってやれよ。何なら、僕も立ち会うよ」
「それならいいけど、お父さんそれでいい?」
「いいよ。3人一緒だなんて子供以来だな」
「そうかもね。そうと決まれば、行こうか」3人は風呂場に向かった。
 
 

 風呂場に来ると、3人は服を脱ぎだし、靖子も下着を脱いで全裸になった。
「靖子さん、大部膨らんだね」乳房が触られた。
「だって、もう子供じゃありませんし」
「そうだな。それに、ここも生えたしな…」絨毛も撫でた。
「大人だっら、普通です。お父さんだって、ほら」靖子も寿治の股間を撫でる。
「そうだな、その通りだ。寿哉も、大人のチンポになったしな」寿治が触ると膨らみだした。
「若いから元気がいいな。靖子さん、背中を頼むよ」寿治は座り、靖子が石鹸を塗り出した。
「気持ちいいよ。母さんが良くやってくれたよな」思い出したのか涙がこぼれていく。
「お父さん、泣かないで。私がお母さんの変わりをするから」
「そうだった、よろしく頼むよ」靖子は石鹸を塗るとお湯で流し、寿治は浴槽に浸った。
「寿哉、今度はお前が靖子さんを洗わないと」寿哉が急かされて「姉さん、洗うね」石鹸を泡立てて背中に塗っていく。
背中を塗りおえると向き合い、首から塗りだした。
「オッパイもやるからね」優しく揉みながら、股間も撫でていくと肉竿がそそり立った。
「姉さん、ここをやったらこんなになって…」指が淫裂の中を触っていく。
「まだよ、お風呂に入ってからしよう」
「その通りだ。体を洗ってからだ」
「わかった、そうするよ」寿哉も体を洗い出した。
 
 

そして、体を洗い終えた3人は風呂場から出た。
「寿哉に靖子さん、やってくれるよね」
「はい、やります…」覚悟していたとはいえ、震えが来ている。
「姉さん、やるよ」寿哉は肉竿にコンドームを被せると靖子を寝かせて乳房に顔を埋めた。
「そうよ、それでいいの…」頭を撫でながら催促している。
その催促に従い、体をずらして淫裂に肉竿を当てた。
「ゆっくりよ、ゆっくりして…」淫裂に肉竿が入り込むと「うっ!」一瞬顔を歪めたが、足を開いて受け入れている。
「入ったよ、行くからね」小刻みにピストンをしながら奥を目指した。
「一気にして…。そこは一気に…」長年守ってきた封印を肉竿が破ろうとしている。
「姉さん、行くよ!」腰の振りを大きくして突きだすと「ヒ~!」悲鳴と共に、淫裂から鮮血が流れてくる。
「姉さん、幸せになろうね」なおもピストンを続けると「勿論よ。いいお嫁になる…」破瓜の痛みと寿哉の労りに涙を流していく。
そんな2人を満足そうに見つめている寿治だ。
 
 

寿哉は靖子の唇を吸いながらピストンしているが「う~!」唸り声と共に動きが停めた。
「姉さん、出したよ」
「わかるわ。姉さんで良かった?」
「勿論良かった。僕も、これで男になったんだし」
「私もよ、寿哉に女にして貰ったし」2人は結合したまま抱きあっていたが「靖子さん、洗わないとダメだぞ」血が絨毛まで汚している。
「そうします、寿哉も行こう」2人は一緒に風呂場に入って、汚れを落としていく。
「姉さん、痛かった?」
「破ける時が痛かった…。でも、後は平気だった…」
「そうか、今は痛くないよね」
「ええ、痛くないわよ。もっとしたいの?」
「勿論さ。それから、お願いだけど、父さんともやって欲しいんだ」
「寿哉、姉さんに、父さんとセックスしろというの?」
「そうだよ、もう長くはないんだ。だからやってあげて」
「イヤよ。セックスは寿哉としかやりたくない…」声を上げて泣き出した。
「父さんと、約束したよね。母さんの変わりをやるって」
「約束したわ、でも、セックスの約束はしてない…」
「そんな事言うなら、僕のお嫁にしないよ」
「イヤよ、寿哉と一緒に暮らしたい」
「だったら、やってあげて。今夜だけでいいから。それに、僕も付き合うし」靖子は泣きながら暫く考え「わかったわ。コンドーム付けてだよ。それから、寿哉は付けないでしてよ」
「オ○ンコに、出してもいいんだね?」それには黙ったまま頷いた。
 
 
 
 

akai06

 

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou07
 
toukou

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA