放課後の憂鬱 最終章 余韻(2)

houkago

【最終章(2)】


「・・衣装合わせ、この前やったじゃないですか?」
「そうなんだけどな、まだなんだとさ。・・これも所長命令なんだよ。その後サイン会がある。けどな、俺は行けそうもないから七種が一日おまえについてるんだ。」
「・・・そうなんですか。」

藍は複雑だった。真里・・この前のようなことが、また・・怖い気持ちと、嬉しいような気持ちが同居していた。

「心配だからこっちが片付いたらすぐ行くけどな、おまえ、気をつけろよ?!」
「気をつけろったって・・」
「・・・この前言ったろ? 見境ないからな、あいつ。所長まで使って俺引き離して・・・絶対なんか企んでるからな。」

藍は高科との出来事、手首の跡、そして岸田の電話にもうわけがわからなくなっていた。

「だいじょぶですよ。あたし、子供じゃないんですから。」

もう話を切り上げて電話を切りたかった。
しかし岸田はまだ続けた。

「何言ってんだ! おれからすりゃ、おまえなんかまだ子供なんだよ。なんかあったら困るんだ。」
「だいじょぶですって。もう子供じゃありません! 今日だって・・・」

藍は「もう経験した」と危うく口にしそうになったが、ハッとして口を噤んだ。

「今日だって?」
「な、なんでもないです。いつまでも子ども扱いしないでください!」
「・・・まぁ、なんでもいい。なんかあったらすぐにケータイに電話しろ! いいな?」
「はいはい。わかりました。」

藍の気の抜けたような返事に、岸田はすぐに返した。

「おいおい、おまえなぁ、心配するほうの身にもなってくれよ。なんかあってもしらねーぞ、おい。」
「はい。だいじょぶですって。早く終わらせて迎えに来てくださいね。」
「わかったよ。まったくよぉ。じゃあ、な。」

藍はクスクス笑いながら電話を切った。岸田がムキになって自分を心配しているのが嬉しかった。

(真里さん・・・かぁ・・)

しかし藍は今日の出来事で頭がいっぱいだったので、あまり考えていなかった。

部屋に戻り、藍は高科の事を考えていた。

(・・・先輩に、抱かれたんだ・・)

藍は嬉しかった。高科に抱かれたことで全ての出来事が消し飛んでいた。いや、消えたわけじゃない。しかし少なくとも嫌な思いではなかった。
藍はその夜、眠れそうになかった。考えれば考えるほど、目をつぶればつぶるほど高科の顔が、手が、体が鮮明に蘇って来る。
ア○コが熱くなってくる。

(・・・もう、眠らなきゃ。明日早いし・・)

しかし体の火照りがどうしても取れなかった。
まだ、痛めつけられた乳首とク○○○スが疼いていた。その上ア○コには、高科に入れられた時の、何か挟まっているような違和感が残っていた。

藍は、火照りを冷まそうとして、そっと熱くなっているア○コに指を伸ばした。
指が触れた瞬間、ズキンと痛みが走った。

「ううっ・・・」

藍の口から、小さな喘ぎが漏れた。その痛みの中で、一層鮮明に高科とのことが思い出された。藍の目から、一筋の涙がこぼれ落ちた。

「せんぱい・・・ありがと・・・」

しかし、藍の顔は穏やかだった。痛みの中で、高科と結ばれた時の、あの幸せだった気持ちを思い出していたのだった。
当然の出来事として受け止めていたから・・自分の望んでいたことだと、心のどこかで理解していたからだった。

藍は目をつぶってみた。瞼の裏に高科の顔が写っていた。そしてその情景の中に自分を重ねていた。

(せんぱい・・・また、抱きしめて・・・)

やがて、藍は眠りに落ちた。藍の顔に安らぎが・・・微笑みが浮かんでいた。

【放課後の憂鬱 完】

 

 

 

hou016

 

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu00

shu03

 
toukou03
 
toukou
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA