見えぬ赤い糸 告白

akai-ti

【第4話】 
 
 
「姉さん、出るよ…」寿哉が言っても、靖子は意味がわからず「ウグ、ウグ!」唇で肉竿を擦り続けが(何よ、咽に変なのが…。もしかして…)急いで肉竿を口から取りだし「オェ~!」吐き出した。
「ごめんね、抑えが効かなかったんだ。僕が嫌いになった?」泣き顔になっている。
「そんな顔は似合わないわよ。姉さんは気にしてないから」寿哉を気遣っている。
「良かった。もう、お嫁にならないといわれるかと思った」
「寿哉、そんなに姉さんをお嫁にしたいの?」
「勿論だよ。だって、血が繋がって…」言いかけてやめた。
「知っていたのね、姉さんが養子だったのを!」
「ウン、知っていた。だから、どうしても、姉さんをお嫁にしたいんだ」それには靖子も黙り込んでしまった。
その後、長い沈黙が続いたが「本当に、姉さんが好きなの。それに、お嫁にする気があるの?」
靖子が問いただした。
「好きだよ、死んでもいいくらい好きだ。どうしても、お嫁にする!」寿哉はまた抱きついて唇を押し付けた。
「寿哉、姉さんも寿哉が好きなの…。だけど、今のままでは結婚できないの。わかってくれるよね」靖子の目から筋となって涙がこぼれていく。
「わかってる、今じゃなくたって、必ずお嫁にするからね」唇を押し付けて、また抱きあった。
「姉さん、オッパイだけならいいよね」乳房を揉みながら乳首を吸うと「いいわよ、寿哉にならされてもいい…」頭を撫でながら身を任せた。
 
 

2人は昼近くまで抱き合っていたが、午後には入院している寿治の見舞いに出かけた。
寿治は2人を見るなり「何だ、2人一緒か。姉弟でも仲がいいと変に思われるぞ」苦言を言う。
「そんなの気にしないよ。僕の大事な姉さんなんだし」それには寿治も、頭を掻くだけだ。
3人が話し合っていると「家族の方ですね。主治医が居られますから挨拶なさっては。今日は、当番ですからいますよ」看護婦から言われた。
「そうね。お礼を言っておかないと行けないしね」靖子は、主治医がいる診察室に出向く。
「お忙しい所申し訳ありませんが、挨拶に伺いました。宮川寿治の家族です…」靖子が丁寧に挨拶すると「丁度良かった。ご家族に説明したいことがありまして。こちらに来てください」モニターの前に連れて行かれる。
「検査した結果、異常が見つかりまして…」モニターに映された画像を指差しながら「ここです。これは、悪性のガンで、ここにもあります…」白い点を1つ1つ指さしていく。
「お父さんが、ガンですか…」
「はい。しかも、たちの悪い急性ガンでして。お気の毒ですが、もって半年でしょう」
「後、半年の命ですか…」頭の中が真っ白になっている。
「残念ですが、もうすぐ、末期症状が現れます。かなり苦しみますから承知してください」
「わかりました。覚悟します」主治医と30分程話して病室に戻ったが、靖子は冷静さを失わなかった。
 
 
 
病室に戻ると「靖子、何の話だった?」寿治が心配そうな顔で聞く。
「世間話よ、タダの世間話…」
「靖子は相変わらず嘘が下手だな。俺は後半年の命なんだ」
「馬鹿なこと言わないで。縁起でもない」
「俺が一番知っているよ。時々、ここが痛むんだ。おそらく、急性ガンだと思う」
(自分が、後わずかの命しかないのを知っているんだ…)神妙に話す寿治に2人は黙り込んだが「靖子、俺が生きてる間に言っておきたいことがある」真剣な顔をして話し出した。
「靖子、お前は俺の子じゃないんだ。養子なんだ…」寿治は今まで、秘密にしていたことを一気に話した。
「そこで、靖子には頼みたいことがひとつある。寿哉と一緒になってくれ」それには2人とも顔を見合わせる。
「養子は破棄して新しい籍を作ってくれ。それなら一緒になっても大丈夫だ」そう言うと、弁護士と会うように勧める。
「寿哉、靖子を貰ってくれるよな」
「姉さんとなら喜んで一緒になるよ」
「靖子はどうなんだ?」
「寿哉とならいいわ」
「決まりだな、明日にでも会うんだぞ」寿治は機嫌良く話した。
翌日、靖子は寿治から言われた弁護士の事務所を訪ね、並べられた書類に靖子は署名し、後は、弁護士に任せた。
 
 
 
自宅に戻った靖子に「どうだった?」寿哉が心配そうに話しかける。
「弁護士さんが、全部やってくれるそうよ」
「そうか、それなら安心だな。だったら、お風呂一緒に入ろうよ」靖子の服に手を掛けた。
「いいけど、セックスは無しよ」
「わかってる。オッパイだけでもいいよ」シャツを脱がし、ブラジャーも脱がした。
「恥ずかしいな、こんなに小さいのよ」
「小さくないよ、僕はこれが好きなんだ」撫でながら吸い出す。
「待って。まだ下を脱いでない…」
「そうだね。これじゃ、お風呂に入れないよね」スカート、パンティと脱がして靖子は全裸にされた。
「寿哉も脱がないと」今度は靖子が寿哉を脱がせていく。
「カチカチよ。そんなにセックスしたいんだ…」パンツを脱がすと、肉竿がそそり立っている。
「我慢する。大学入ったらいいよね?」
「できたら、式まで待って欲しいの。それまでは手と口でするから」肉竿を手で擦りだした。
「姉さんがそう言うなら我慢する…」寿哉も淫裂を撫で出した。
「いつまでも、こんな事してたら入れないわよね」
「そうだよね、休戦にしよう」2人は仲良く風呂に入った。
風呂に場に入った2人は相手の体を洗っていく。
「ここもやって」
「わかってる。でも、出さないでよ」肉竿を掴んで石鹸を擦りつけていく。
「終わったわよ、今度は寿哉がここにやる番よ」手を淫裂に導いた。
「丁寧にやるからね」手で石鹸を泡立てて、それを塗っていく。
「気持ちいいわ。セックスしてる感じがする…」
「僕もだよ、ここにチンポを入れた感じがしてる…」2人は肉竿と淫裂を触りながら妄想した。
 
 
 

akai05

 

 

 

この作品は、未知の星 赤星直也様から投稿していただきました。
尚、著作権は、未知の星 赤星直也様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
赤星直也様が運営されておられるオリジナル官能小説サイトです。
人妻、OL、女子学生に始まり、婦警、スチュワーデス、ナース……等々。
あらゆる女性が凌辱されます! 恥辱の涙を流します!
mitinohosi
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou07
 
toukou

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA