放課後の憂鬱 最終章 余韻(1)

houkago

【最終章(1)】


藍が玄関を開けるとちょうど秋が立っていた。
藍はなぜか気恥ずかしくなり、下を向いた。そして秋と言葉を交わさずに部屋へ戻ろうと急いだ。
しかし、秋はそんな藍の心を見抜いていたかのように、すかさず声をかけた。

「おねーちゃん、最近学校の帰り、遅いね? なんかあったの? ほら、おねーちゃんドジだから居残りさせられてるとか・・・」
「もー、帰ってきてすぐにうるさいなぁ。ドジってことないでしょ?・・・なんでもないよ。」
「うそぉ! 今まで学校遅かったことなんかなかったじゃん。成績悪くて居残りなの?」
「違うって。疲れてるんだからあっち行っててよ!」

藍はそう言うと、そのまま通り過ぎようとしたが、秋は続けて言った。

「あ、おねーちゃん、マネージャーさんからさっき電話あったよ。岸田さんって人。」

藍は立ち止まり、秋に聞いた。

「えっ? 岸田さんから? なんだろ・・・なんて言ってたの?」
「用事は言ってなかったよ。でも、おねーちゃんの携帯、ちっとも出ないからって。帰ったら電話欲しいってさ。」
「そう・・じゃ電話しなきゃ・・」

藍は電話のある方へ行こうとした。しかし、秋がすぐに藍に聞いた。

「ねぇ、おねーちゃん、手、どうしたの?」
「えっ? 手?」

藍はすぐには何のことかわからなかった。そして手に目をやった。
藍の手首には・・・縛ったような跡・・・手錠の跡がくっきりと残っていた。

(・・あっ・・どうしよう・・・なんて言ったら・・)

藍は慌てた。動揺を見せないようにしようと思ったが、そう思うほどドキドキしてしまう。

「な・・なんでもないよ。」

藍は声が裏返っていることに気付いたが、どうしようもなかった。

「なんでもないって・・・なんか赤くなってるよ。やっぱりなにかあったんでしょ?」
「な、なんにもないよっ・・・」
「ううん、ぜったいなんかあったんだ。おねーちゃん、ウソつくとすぐわかるもん。」
「う、ウソなんか言ってないよ・・・」

藍は動揺しているのを悟られまいとしたが、妹の秋にわからないはずがなかった。

「いじめられてるの? 学校で・・・仕事してるからって・・・酷いね。」
「いじめられてなんかないよっ! 別に・・・」

「じゃあ、その手はどうしたの? 何もないのにそんなにならないでしょ? それにもう9時だよ? そんな遅くまで学校にいるなんて、おかしいよ・・」
「う・・うるさいなぁ。なんでもないったら! 電話するんだからあっち行っててよ。」

藍は理不尽だと思ったが、そう言って秋を追い払うしかなかった。

秋は膨れた様子で、
「もう! せっかく心配してあげてるのに! もう知らないから・・・」
と言ってさっさと自分の部屋のある二階に上がっていってしまった。

藍は電話をかけながら考えていた。

(・・・どうしよう、これ。明日までに消えるかな・・)

そう思っているうちに電話がつながっていた。

「・・・だれ?」
「あ、あ、藍です。すいません。」
「なんだ、藍か。誰かと思ったぞ。」
「ごめんなさい。ちょっと考え事してて・・何か?」
「あ、そうだ。明日なんだけどな、俺、所長に呼ばれてておまえ迎えに行けなくなったんだ。で、・・」

岸田は躊躇った様子で口篭もった。

「・・・で?」

藍が聞き返すと、岸田が続けた。

「うん、スタイリストの七種、あした迎えに行くことになったんだよ。」
「真里さんが?」
「ああ。明日の予定はまず七種のところに行って衣装合わせだ。」

 

 

hou016

 

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA