年頃の娘がバスタオルの下にパンティ1枚で

 

shy468-02

46860-05

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

shyou-ti1

 

 

第4話
有里って、ハシタナイの?


7月18日 金曜日 午後9時45分  早野 有里


「あー、サッパリした」

汗でべたついた肌がお風呂で清められたみたいで、心まですっきりする。
特に、お風呂上がりの桜色の肌から立ち上るほのかな石鹸の香りは、なんとも言えない。
我ながらうっとりとしてしまう。

なんだか今日は開放的な気分……

わたしは素肌に下だけ身に着けると、その上からバスタオルを巻いてリビングに入った。

「もう、有里! また、そんな恰好で……年頃の娘がすることじゃないわよ」

案の定、怒られた。

「大丈夫よ、お母さん。誰も見てるわけじゃないし……それに、ほら。下はちゃんと穿いてるんだし」

わたしは、わざとタオルの裾をひらいて腿のつけ根まで露出させた。

「やめなさい! もう、あなたって子は……ほら、ご飯ができているから、早く服を着なさい」

「はぁ~い」

今日のわたしは何か変……

勘違いしないでよ。
普段はもっとお淑やかなんだから……

服装だって、よく友達に地味だと言われる。
夏の暑い季節でも肌の露出はなるべく控えるように、長袖のTシャツにジーンズが定番のスタイル。
ミニスカートや、ちょっと露出っぽい服も持ってはいるけど、身に着けることはほとんどない。

以外でしょ。
明るくて身体を動かすのが大好きで、そういう女の子は大胆な衣装も平気って……
みんなはそう思うかもしれないけど、わたしは全然平気じゃない。

どうしてかな……? 

肌を見せるのに、ちょっと抵抗があって……
別に羞恥心が異常に強いってわけじゃないよ。

ただ、好きな人ができたら、わたしも変わるかもしれない。
それだけに今日は特別だと思う。

「もう、お腹ペコペコ。いただきまぁ~す」

わたしは母と向かい合うように席に着くと、あいさつもそこそこに食事を始めた。

お腹のムシが、耐えきれないようにまた鳴いた。
時刻は午後10時。他の家と比べれば結構遅い夕食。
でも、わたしがバイトを始めてからはずっとこの時間。

お母さんには気を使わせたくなかったから、先に食事するように頼んだこともあったけど、バイトが終わるまでいつも待っていてくれた。
そして、帰宅時間に合わせて食事の準備をしてくれる。

ありがとう、お母さん。

わたし「いただきます」の後に、いつもこう言っているんだよ。
でも、口には出さないようにしている。
だって気を使わせたくないからね。

「それにしても、毎日暑いわね。有里も身体には気をつけてね」

「うん……気を付ける」

わたしはお腹のムシを退治しようと、口をモゴモゴ動かしながら曖昧に返事をした。

「あなたにもしものことがあったら、私……」

「大丈夫よ、お母さん。バイトにも慣れてきたし、それにおじさんや店に来るお客さんもいい人ばかりだから、心配しないで」

なーんか嫌な予感がする。
もう少し気の利いた返事をすれば良かったかな。

「ごめんね……有里……」

……やっぱり! お母さん、涙ぐんでる……!?
どうしようかな。ここはなんとか穏便に……

「やだなぁ、そんなことで謝らないでよぉ。ちょっと照れくさいじゃない」

「うっううぅぅぅっ……」

だめだ、泣きやんでくれない。
こうなったら奥の手でも……
うん。ちょっと恥ずかしいけど……やってみますか……!

「もう、お母さんったら……わたしの体力を甘くみないでよ。さあ、有里の右腕にご注目……中学、高校と鍛えに鍛えたこの身体。見よ! この力こぶ……!」

わたしは、袖をまくる仕草をしてひじを曲げた。
……我ながらやっぱり恥ずかしい。

「ふふっ……有里ったら……」

でもよかった。ちょっとだけ笑顔が戻って……

わたしは、気付かれないように母を見つめた。

お母さん、あんなに白髪あったかな。
髪の生え際に、白いものが目立ち始めてる。
それに、あまり笑わなくなったよね。
……やっぱりお父さんの入院のせい?

でもね、そんなことひとりで抱え込まないでよ。
娘のわたしにも、もっと相談してよ。
……これじゃ、こっちまで悲しくなる。

わたしは母から顔をそらすと、思い出したように話題を変えた。

「ところで、お母さん。今日もお父さんの見舞に行ったんでしょ。具合の方はどう?」

お父さん、ごめんね。
これって、突然振る話題じゃないよね。
わたしは胸の中で父に謝罪しながら母の様子を窺った。

「ううん、昨日と一緒。目は開いているんだけど、お母さんが呼び掛けても何も応えてくれない。でもね、松山先生の話だと、少しづつでも良くなっているらしいわ」

「良かったじゃない。先生がそう仰るんだったら、わたしも安心。それにお母さんの呼び掛けも、お父さんの耳にはきっと届いていると思うよ。ただ身体が動かないだけ。あさってはお店の定休日だから、わたしも一緒に行くね。お父さんに会うのも1週間振りね……早く会いたいな」

「そうね。日曜日にはふたりで行きましょう。きっとお父さんもびっくりするわよ」

お母さんが笑っている。
もう大丈夫。元気を取り戻したみたい。
さすがは夫婦の絆。御見それしました。

……でも、わたしは複雑な気分。
母が話した松山先生って、お父さんの担当医なんだ。
お母さんは信頼しているけど、わたしは苦手。

初めて会った時から、なんかこう……身体を舐め回すような視線にビクッとなっちゃって……
きっとわたし、あの先生に会うのが怖いのかもしれない。

でも、こんなこと言ったら罰が当たるよね。
多分、わたしの思い過ごし……多分……

「あ、それと……並木のおじさんも心配していたよ。お父さんの容体と、お母さんにあまり無理しないようにって……」

並木のおじさん、ごめんなさい。
ついでみたいな言い方で……

「並木さんにも余計な心配を掛けちゃったわね。お母さんは大丈夫だから、有里の方から宜しく伝えてくれないかしら。それと、近いうちにわたしもお礼に伺うわね」

「えっ、お母さん来るの?」

「ええ、行かせてもらいます。娘の働き具合も見てみたいしね」

なんか最悪……
これも並木のおじさんをついで扱いにしたから?

でも良かった。
お母さんとこんなに長く話できて……
お父さんも、早くこんな会話に加われたらいいのにね。

わたしは、父がいつも座っていた椅子に視線を落としてから、リビングの本棚に目を移した。
その棚には、家族三人の思い出が詰まった写真立てが飾られている。

父と母と私が三人並んだ状態で、高原の湖をバックに撮った記念写真。
父と母の笑顔が眩しくて懐かしい。

お母さんの代わりに、わたしの涙腺が緩んできちゃった。

 

 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA