新妻が夫の目の前でアナルオナニー

 

shy468-02

46860-12

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

nagaku-ti

第11話
あなたにアナルバージンを捧げます

「綾音、お尻でするって……冗談だよね?」

「ううん、わたしは本気よ。吉貴のオチ○チンをお尻の穴でも感じてみたいの」

「でも、俺だってアナルセックスは経験ないし……綾音だって初めてだろ。きっと痛いと思うけど……」

案の定、綾音の提案に吉貴は尻込みしていた。
男の割に、性欲には淡白な方だった。
尻の穴で繋がるといったアブノーマルなプレイには、あまり興味がなかったのである。

「あらぁ、吉貴ったら、ケツの穴でセックスするのが怖いの?」

「け、ケツの穴ってお前! なにもそんな下品な言い方をしなくたって」

「そうなの。ケツの穴って言った方が吉貴も興奮すると思ったのに。でも安心して、アナルセックスのレクチャーは、完璧だから。きっと気持ちよくなれると思うわよ」

今夜の綾音は、いつもと違う。吉貴は思った。
いや、ここ最近ずっとそうだった。ベッドインしてからの彼女の態度は、積極的に女を見せつけて俺の男の部分を誘惑しているような……とも、考えていた。

そんな彼の心を覗き見たかのように、綾音は瞳を潤ませて欲情する女を演出してみせる。
美和が帰宅した後、急いで購入したローションの詰まった容器を逆さにすると、ドロリとした中身を手のひらに乗せる。
両の手のひらを重ね合わせて擦り合わせて、納豆のように粘度を高めて、呆然とする吉貴の前にしゃがみ込んでいた。
半分自立したペニスに指を伸ばすと、透明な潤滑油を優しく塗り込めていく。

「あっ、勃ってきた。オチ○チン君が元気になってきたね」

「んはぁ、綾音、そんなに強く握り締めたりしたら……俺、やばいよ」

「やばいって……なに? オチンチン君が暴発しそうってこと? ふふっ、ダメよ、吉貴。そんなことくらいで射精したりしたら。今夜は、こっちでしてもらうんだからね」

綾音は頬を真っ赤に染め上げたまま、吉貴の前で身体を反転させる。
リンゴのように赤いほっぺたから、桜色に発色したヒップを晒してみせる。
ローションを追加して更に濡れた右手を、上体の側面に添わせて背後に回し込ませると、二つ並んだ双丘を割り拡げていた。
おぼろげな明りの下に浮かんだ赤い肌に、ヌルヌルとした指先の刷毛を丹念に撫でつけていた。

「ひゃあっ、ローションがひんやりとして……でも、触ってると気持ちいいかも。ほらぁ、吉貴見える? 綾音のアナル、ひくひくしてるでしょ?」

「ああ、動いてるよ。まるで別の生き物みたいにね」

意識して括約筋を働かせた綾音の耳に、次第に興奮の色を高めた吉貴の声が届く。
その声の期待に応えようと、綾音は人差し指を挿入してみせる。
ひくひくと蠢く菊座の中心に照準を合わせて、なんなく飲み込ませていく。

「あ、はあぁぁ……指が入っちゃう。綾音のお尻の穴に、ズボって沈んじゃう」

吉貴が帰宅するまでの間、トイレに籠って経験させた指の感触と同じモノを綾音は感じ取っていた。
それだけではない。愛する夫の目線が、その刺激に彼女の羞恥心をプラスさせる。

『綾音、吉貴さんのオチ○チンを受け入れる前に、自分の指でよーく解しておくのよ』

美和のアドバイスが、脳裡に響いていた。
綾音はそれを実践しようと、吉貴にお尻の内側まで晒して念入りな指使いを披露していた。

ずにゅ、ずにゅ……ズボッ、ズボッ、ズボッ……

「あんっ! はあぁぁ……指がぁ、中で擦れて……ふうっ、気持ちいい……」

排泄するための器官が、指の愛撫に感じ始めていた。
ペニスのように抽送される人差し指の感触に、デリケートな肌が熱を帯びて応えていく。

「綾音……その、入れてもいいのか?」

目の前で繰り広げられるアナルオナニーに、吉貴が音をあげた。
男らしくない消え入りそうな声で懇願すると、既にローション塗れのペニスを握り締めている。
そして、嬌声を上げ続けている綾音の返事も待たずに、彼女のウエストを両手で固めた。
血流が溜まり切って硬直したペニスの先端を使って、閉じかけた尻肉の割れ目をこじ開けていく。
ペニスの先端と綾音の指のペニスが触れ合い、バトンタッチするようにお互いの立場を入れ替えていた。

「来てぇ、吉貴。綾音のアナルにオチ○チンを差し込んでぇっ!」

「ああぁ、わかってる。綾音のアナルバージンを、俺の息子で奪ってあげる。だから、もっと力を抜いて」

「うん、優しくしてね」

いつのまにか、吉貴がリードしていた。
綾音は言われるままに深呼吸を繰り返すと、強張り掛けた下半身を脱力させる。
ベッドの縁に両手を突いた四つん這いのまま、その身体のすべてを愛する夫に預けていた。

「いくよ、綾音」

「ええ……アナタ……」

綾音の唇から洩れた『アナタ』の呼び掛けに、吉貴の顔が綻んでいた。
夫婦としての階段を一歩昇った実感に、胸が痛いくらいに絞め付けられていた。

吉貴は改めて綾音のヒップを眺めた。
毎夜のセックスで気にも留めなかった妻の張りのある双丘に、感慨を新たにする。

ズズズ……ずりゅ、ずりゅ、……ズニュゥゥッッ!

「あんっ……はあぁぁ! 感じるぅっ……お尻でぇ、アナタのオチ○チン……感じてるぅっ!」

「んんっ、綾音ぇ……俺もぉ、はあ……綾音、愛してるよ」

綾音は嬉しかった。
処女を頑なに守って生きてきて、吉貴と初めて結ばれた夜にバージンを捧げて。
その時の、額に玉の汗を浮かべながら腰を押し出した吉貴の顔を思い浮かべて。
アナルバージン喪失という妻の試練に、そっと寄り添うように優しくペニスを抽送させる吉貴の心に触れた気がして。
そのすべての想い出に、今この一瞬の吉貴を重ね合わせて……

(美和先輩、サンキューね。わたし、何か勘違いしてたかも。肌を合わせるのって、性欲を解消するためじゃないよね。お互いのパートナーのハートを癒すためにするものだよね)

 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA