性教育 第3話

sktop1

【第3話】


教室内に緊張感が漂った。

未来が見回すと約半数の生徒が挙手をしている。
微妙な状況だ。

「1、2,3・・・4、5・・・6・・・7・・・」

石崎は端から順に数えた。
未来のクラスは31名で構成されている。
賛成者が16名以上いれば過半数を超え可決してしまう。
未来自身も挙手した生徒数を無言で数えていた。

「13、14、15・・・16・・・17・・・ふむ、賛成は17名だな」

未来は愕然とした。
播磨と彼の仲間達が賛成に回ることはおおよそ予測されたが、まさか他にもこれほどの賛成者がいるとは。
日頃、未来に対して友人のように振る舞い接していた生徒達も、『未来=教材』に賛成してしまったのだ。
非情の雨が激しく降り注ぎ、未来は呆然と立ち尽くしていた。

教室内は騒然としている。
結果は分かりきっていたが石崎は採決を続けた。

「反対の人、手を挙げて」

当然先程より挙手の数は少ない。

「1、2、3、4・・・12名か。」

「では引続いて態度保留と言う人、手を挙げて。・・・2名か」

石崎は結果をノートに記録しているのか、教壇でボールペンを走らせた。

「賛成17名、反対12名、保留2名。多数決の結果、愛川未来さんが教材モデルに決定した」

教室内でどよめきが起こった。
播磨に至ってはおどけて手まで叩いている。

「よ~っ!未来ちゃん~やったね~!がんばってね~!」

未来は顔を紅潮させて、口惜しそうに唇を噛みしめていた。
その時、すすり泣く声が未来の耳に入った。
それは理美であった。

「酷いわ・・・あんまりだわ・・・未来ちゃんが可哀想過ぎるわ・・・」

岸本リエが一瞥を投げかけ理美を非難した。

「多数決で決まったんだからさぁ、後からつべこべ言うのはやめてもらいたいわ!」

石崎はリエを制して授業の開始を告げた。

「どちらも言い合いはやめなさい。授業が遅れるから。では、愛川さん、教壇まで来なさい」

未来は重い鎖で繋がれたような足取りで教壇へと歩いていった。
教壇までのわずかな距離も、未来にとっては13階段を登るようなものであった。
教師や生徒達の前で恥部を晒すことは、耐え難い屈辱であり、未来にとっては死ぬほど辛いことであった。
身体中の血液がすべて脳に集まったのではと錯覚するほど、顔がほてり、身体の震えが止まらなかった。
教壇までたどり着くと、石崎の残酷な言葉が待ち受けていた。

「では今から女性器について講義をする。愛川さん、下半身に着けている物は全部脱ぎなさい」

未来がもじもじしていると追い討ちを掛けるかのように、石崎の催促が耳に飛び込んできた。

「さあ、早く」
「はぃ・・・」

未来は消え入りそうな小さな声で辛うじて返事をした。

 

skg3

shu01

shu02

shu03

 
toukou02
 
toukou
 
 
 
この作品は、愛と官能の美学 Shyrock様から投稿していただきました。
尚、著作権は、愛と官能の美学 Shyrock様に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。
 
ラヴラヴから凌辱ものまで多ジャンル官能小説取り揃え
体験談・投稿体験談・夜学問・官能詩
エロエッセイ・その他カテゴリー多数
p006
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA