放課後の憂鬱 第12章 目覚め(3)

houkago

【第12章(3)】

 

その様子を見て、さちが藍のロープを解きながら高科に言った。

「このコ、どうすんの?」
「あぁ。俺が家まで送ってくから、おまえら先帰っていいぞ。」

すると、さちが高科の耳元でぼそぼそと何やら話し、すぐに高科はニヤッと笑いながらさちの尻を叩いた。
さちは舌を出すと、ゆうこと一緒に部室を後にした。

柴田と伊藤も機材をしまうと、高科に挨拶し帰っていった。


「藍!・・・藍!」
藍は高科の言葉で意識を取り戻した。

「・・・あっ・・せん・・ぱいっ・・あたし・・」
「やっと気が付いたようだな? だいじょぶか?」

「・・・えっ?・・あっ・・」

藍が言葉に詰まっていると高科が続けた。

「藍、どうだった?」
「えっ? ど、どうって・・」
「気持ちよかったかって聞いてるんだ。」

「・・・・」
「気持ちよかったか?」

「・・・はい。」
「そうだろうな。その濡れ方じゃあな。」

高科は藍の股間に目をやりながらそう言うと、藍はすぐに自分の股間に目をやった。

「・・あぁぁ・・ち、違います・・これは・・おしっこ・・あっ!」

藍はそういいかけて顔を真っ赤にして下を向いた。

「はははっ。そうだった。藍はさっき、おもらししたんだったな。でも、これはおしっこじゃないな。」

高科は大声で笑うと、藍の顔をまじまじと見ながらそう言った。

「・・先輩・・酷い・・」
「ん? 酷い? なにが?」

「だって・・あたしのこと好きだなんて・・ウソついて、あんな酷いことするなんて・・」
「うそなんかついてないさ。それに、気持ちよかったんだろ?」

「・・・・」
「さっきそう言ったじゃないか。」

「・・・・」
「俺は藍の事、大好きだよ。ウソなんか言ってない。」

「・・・でも好きならなんで、あんな酷いこと・・するの?」
「好きだから、するんじゃないか。」

「好きだから?」
「そう。藍の事好きだから、藍を欲しいから、藍の全てを知りたいからしたんだ。」

「・・・・」
「藍は俺の事、好きだって言ってくれたよな?」

「・・うん。」
「藍は俺のこと、欲しくないか?」

「・・・欲しい。」
「だろ? 全部知りたいだろ?」

「・・・うん。」
「さっき気持ちよかったって言ったよな? その時どう思ってた? 酷いことする奴だ、と思ったか?」

「・・・・・」
「どう思った?」

「・・・どうなってもいいって、思った。」
「ほら。藍も欲しいんだよ。ああして欲しいんだ。」

「・・・・」

藍は高科の言うことが当たっていたため、なにも答えられなかった。

「藍。」
「えっ?」
「俺はこれから、おまえの事を犯す。」

「えっ!・・そ、そんな・・」
「正直になれよ! ほんとはして欲しいんだろ?」

「・・・・」
「して欲しいんだろ? どうなんだ?」

「・・・して・・欲しい。でも・・」
「でも?」
「あたし・・・したこと・・・ないのに、そんな事・・」

 

hou015

 

 

 

この作品は、ひとみの内緒話管理人、イネの十四郎様から投稿していただきました。 
尚、著作権は、「ひとみの内緒話」及び著者である「ジャック様」に属しております。
無断で、この作品の転載・引用は一切お断りいたします。

同性の先輩や後輩達に苛められる女子○生ひとみの
アブナイ体験とSMチックな官能小説
banner-S
 
 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
toukou03
 
toukou
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA