美少女が恋人に覗かれながらストリップ

 

shy468-02

46860-04

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

 

enman-ti

 

 

第3話 裸にされてキスをして……その後は?

なぜだろう? 寒いはずなのに身体がカッカしてる。
大声出して怒ったからかな? それとも、こんな危ない展開にこっそりと期待して?
縁マンでエッチして二人の愛を得るよりも、青姦っていう危ないキーワードに千佳自身も乗り気だから?

わけの分からない展開に自問自答しながら、アタシは背負ってきたリュックサックを開けた。
中からレジャーシートを取り出すと、風をはらませながら拡げた。
重しの代わりにアタシが乗っかって、ついでに友哉も手招きして、それでもパタパタとはためいているから、着ている服も重しにするつもりで脱いでいった。

耳元では、北風だけがビュービューと唸り続けている。
それと一緒にドクンドクンと打ち鳴らされる千佳の心臓の鼓動と、フガァフガァってやってる友哉の鼻息。
とっても耳障りな音だったのに、気が付けば全然気にならなくなってる。

だって千佳は、それどころじゃないから。
どんどん身軽になっていく身体に心が怯えているの。
どんどん恥ずかしい姿にさせられる身体に、心の震えが止まらないの。

足元には真っ赤なエアージャンパーが落ちていた。
その上にセーターが乗っかってトレーナーも乗っかって、たった今、防寒ズボンも乗せられた。
……ということは、千佳の身体に残っているモノって?

「ちょっと友哉。そんなにジロジロ見ないでよ。は、恥ずかしいでしょ」

アタシは太股をピタッと閉じ合わせて、バストの真上で両腕をクロスさせて、女の子らしいセリフを呟いていた。
本当は、羞恥心よりも寒さの方が勝っているのに、やっぱり千佳は女であることだけは捨てられないから。

「千佳、あとは俺が脱がしてやるよ。いいだろ?」

そうしたら、千佳の女の子ポーズに感化された友哉が、1オクターブ落とした渋い声で訴えてきた。
唇が『いいだろ?』って動くより先に、両手を拡げて抱きついてきた。
そのまま覆い被さるようにして、アタシをレジャーシートの上に寝かせた。

ちゅぶっ、ちゅば、ちゅばっ……むちゅぅっ……

「んむうぅぅ……友哉ったら、脱がせてくれるんじゃなかったの。もう、せっかちなんだから……はんむぅ、レロレロレロ……」

「無茶言うなよ。あんなエロいポーズを見せつけられて我慢なんか……ちゅる、ちゅる……」

瞳と瞳が見つめ合っている。
唇と唇が重なり合っている。
意識しないのに千佳の唇が半分開いて、訪れた友哉の舌を招き入れていた。
お互いに寒いねって言いながら、舌と舌が絡み合ってスキンシップを始めていた。

そうよ。アタシと友哉はキスをしている。
唇だけを触れ合わせる恋人キスじゃなくて、大人の男と女をマネした濃厚なディープキスをしている。

友哉がお土産に持ってきてくれた熱~い唾液ジュース。
それと、千佳の口の中から湧き出した甘~い唾液ジュース。
二つを混ぜ合わせて、バカップル特製の唾液カクテルを作っているの。
それをアタシが3分の2飲み干して、残りの3分の1を友哉にお返ししているの。舌の上に乗せて……

こんな甘いキスタイムなら、もう少し味わっていたいな。
とっても寒いから、友哉の身体をした掛け布団に包まれていたいな。

だけど……これだけだと、エッチしたって言わないよね。
縁マンだって認めてくれないよね。

「やだ……友哉の硬いのが、当たってる……」

だからアタシは呟いていた。
どこかで聞いた『セックス! 交尾!』のフレーズを思い出しながら、もう一声。今度はお願いするように呟いていた。
「『俺が脱がしてやるよ』なんでしょ。だったら、アタシのブラを外してよ」って。
そして、レジャーシートから背中を浮かせて、手のひら1枚分の隙間を作ってみせると、小悪魔っぽく催促していた。



「ふ~ん、ふ~ん。お前、風呂に入ってきたのか? 石鹸の匂いがするぞ」

「当たり前でしょ。その……友哉がセックスするなんて言うから、一応女の子のエチケットとしてさ……」

「エチケットって、お前。風呂上がりでこんな所に来たら、湯ざめして風邪引いちまうぞ」

「こんな所って?! 縁マンを指定したのは友哉、アナタでしょ。ホントにもう!」

アタシは友哉の頭を胸の上に乗せたまま、ほっぺたを膨らませていた。
肝心の友哉はというと、カップの谷間に顔を埋めさせたまま、いっこうに外れてくれないブラホックと格闘している。
お風呂上がりの肌の匂いを嗅ぎながら、シートと背中の隙間に突っ込んだ右手をごにょごにょさせて。

「くそっ、後少しで……この前は、ここに指を引っ掛けたら簡単に外れて……」

くぐもった友哉の声が、会話から愚痴に変わった。
格好いい男を演じようと努力して、この寒いのにオデコに汗を浮かべて。

じれったいわね、せっかくのムードが台無しでしょ。
セックスはね、男がリードするの! 下着の脱がせ方くらいマスターしてよね。ただし、他の女の子と練習したら承知しないけど。

思わずアタシは声を上げそうになって、やっぱり止めにする。
セックス戦士レベル1のアタシだって、男の子の扱い方をマスターしていないもんね。

カチッ……スス……スルスル……

「は、外れた?! ふうぅ~」

それでも、千佳の心の声が届いたのかな?
渋かった友哉の声が情けないくらいに甲高く響いて、胸の絞め付けが軽くなっている。
ついでにいうと、ここからはものすごく早かった。
スルスルって感じで、あっという間に肩に掛るストラップがずらされて、千佳の自慢はできない膨らみが晒されて、それを包むように友哉の手のひらブラジャーが乗っかっていたから。

「はぁあぁっ、おっぱいっ……気持ちいいっ! 乳首ぃ……んはぁっ、んんんぅぅっっ!!」

それから数分して、どこかの女の子が甘い声で絶叫した。
おっぱいとか、乳首とか、気持ちいいとか……誰なんだろうね? 
まだアソコを弄ってもらう前に絶頂しちゃうスケベな女の子は? うふふふっ♪♪

 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA