恋人の少女に青姦を迫る少年

 

shy468-02

46860-02

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

 

enman-ti

 

 

第1話 縁マンで青姦?!

クリスマス、お正月と、楽しかったイベントが終了した。
待っていたのは、冷たい北風が舞うだけの寒~い毎日だった。

高校卒業を1ヶ月後に控えたアタシと友哉は、そんなピュウピュウと鳴く風に身を縮込ませながら歩いていた。

「あ~ぁ、半日だけ登校して消化試合みたいな授業を受けるなんて、なんかバカバカしいよね。アタシも友哉も大学の推薦も決まってるしさ。卒業式まで春休みの前借り出来ないかな」

「そんなもんかなぁ。俺は全然思わないけどな。だってよぉ、青春を共にしたクラスメイトとも、残り1ヶ月でオサラバするんだぜ。なぁ、そう考えると寂しくないか、千佳?」

「アタシはぜ~んぜん。それよりも早く大学に行って、マンションで独り暮らしを始める方が待ち遠しいもの」

「ホントにいいのか、千佳? クラスの男共が、クラスで2番目の美少女に会えなくなるって泣いてるぜ。きっと」

アタシより頭1個半分背の高い友哉が、首を斜め下に傾げて覗き込んできた。
野球部を引退して半年も経つのに、現役世代と一緒のクリクリ坊主の頭が、真冬の太陽に反射している。

「友哉に質問です。どうしてアタシがクラスで2番目の美少女なんでしょうか?」

「ふふふっ。そんなの決まってるだろ。千佳と俺は太くて深~いエッチな絆で結ばれてるのに、それで1番だと他の男共の嫉妬がおっかないからな。まあ、2番目でガス抜きってやつさ」

「太くて深~いエッチな絆って……! ちょっと、なんてことを言うのよ!」

とっても寒いのに、ほっぺたがかぁっと熱くなる。
アタシは覗き見しているツルツル頭をペシャリと叩くと、早足で歩き始めた。
後ろから友哉が呼び掛けてきても、知らん顔。振り向いてなんてあげないから。

でも、アタシが友哉とエッチな関係ってのは、本当の話。
だって去年のクリスマスイヴイヴイヴの夜に、大切なモノをプレゼントしちゃったから。
ふたりお揃いのサングラスして、ふたりお揃いの自転車を漕いで、郊外にあるラブラブホテルで、友哉に抱いてもらったの。
千佳はクリスマス、えーっと、イヴイヴイヴの夜に処女を卒業しゃったの。



「なあ、千佳。あの話どう思うよ?」

それから5分くらい歩いて、口をムズムズさせてたんだと思う。友哉が話しかけてきた。

「どぉって?」

アタシは、ちょっぴり不機嫌そうな声をこしらえると聞き返していた。
首を傾げたまま斜め上の頭に顔を向けて、目の端にチラっとだけ『あの話』の対象物を映し込みながら、そんなアタシの不満を忘れちゃった友哉の顔を醒めた目線で見つめた。

「どうってことないだろ? アレだよ。アレ!」

「だからアレって何よ? アレコレで通じるほど夫婦円満ごっこしてないから、千佳は分かんない」

アタシはアレを知っているのに、知らん顔をしてそっぽを向いた。
そうしたら、鼻の穴を拡げた友哉が、顔を近付けてきて……

「縁マンだよ、そこのエ・ン・マ・ン!」

「ひゃあぁぁっっ!」

耳の中で友哉が口にした最後の4文字が、割れ鐘声で輪唱している。
3年間ずっと野球部に所属してたのに、鍛えられたのは拡声器並みの大声だけという哀しい特技に触れさせられて、アタシは両耳を塞いだまま悲鳴をあげた。
これ以上は地声拡声器に襲われたくないから、何度も頷いてあげて、両腕を伸ばすと指さしていた。
その縁マンと呼ばれる、小高い丘を。

「なんだ、千佳もわかってんじゃん」

「もう、友哉ったら大きな声を出さないでよ。言われなくたって知ってるから。だって、あれでしょ。満月の夜にあの丘の頂上で、あのですね……エッチしたら、そのカップルは永遠に結ばれるっていう、都市伝説だよね。あ~ん。まだ耳ん中がジンジンしてるぅ」

アタシは、友哉の地声を放り出そうと頭を揺さぶりながら、ついでに流れる視線で周囲を見回してみる。
聞き耳を立てているオバサンが、電柱の影にもいないことをチェックすると、口から洩れた恥ずかしい伝説に顔を赤らめてみせる。

縁マン……
街の人は、みんなそう呼んでいるけど、正式な名称を千佳は知らない。友哉だってそうだと思う。
でもね、小学校の頃だったかな、おじいちゃんが言ってたけ。あれは大昔の人が作った古墳だって。そう、偉い人のお墓ってことだよね。たぶん。

「千佳、俺たちも縁マンでエッチしてさ、その永遠のカップルになってみたいと思わないか? 見晴らしのいい丘の上でセックス、気持ちいいと思うぜ」

友哉は、なぜか歩道の上で仁王立ちポーズをすると、その縁マンを見上げた。
アタシはそんな友哉の隣で、はぁ~っと溜息を吐いてから、そのキラキラ輝く目線を追いかけていた。

高さが5階建てのマンションくらいだけど、まるでお饅頭を半分に割ったような緑の丘は、街の真ん中にあるせいかな。どこにいても目に入るシンボルみたいな存在。
当然、口を半開きにして見上げている友哉にも、嫌な予感がしてチラチラっとだけ覗き上げている千佳の両目にも、ばっちりとユーモラスな姿を晒している。

「なぁ千佳、青姦って興味ないか?」

「あおかん? 何よ、それ?」

突然友哉が囁くように話しかけてきて、意味のわからないアタシは、両目に?マークを浮かべた。
でも、とっても嫌な予感だけは倍増している。

「屋外でエッチすることさ。公園とか山の中とか、そこの縁マンとかで」

「もしもし友哉君。ちょっと質問があるんだけど。アタシ達ってその、セ、セックス経験どのくらいだっけ? たぶんだけど、アタシの記憶が正しければ、クリスマスイヴイヴイヴの1回だけだったような……?」

「そうだよ。1回だけさ」

「そうよねぇ。セックスって1回しか経験ないよねぇ。セックス戦士レベル1ってとこよねぇ。だったらさぁ……どうしてそんな大胆な発想が出来るのよ! 青姦?! 冗談じゃないわよ! アタシ、誰かに見られながらエッチして快感なんていう露出狂じゃないからね!」

アタシは始めゆっくり、途中からアクセル全開で言い返していた。
野原の真ん中で、裸のまま抱き合うカップルを想像して。
茂みの影からいやらしい目で覗いている変態さんを想像して。
覗かれているバカップルが、アタシと友哉だって勝手に妄想して。

ちょっと目眩がしてきた。
信じられない未来予想図なのに、そこに向かってエッチな情熱を賭けようとする友哉を、引き留める言葉が見付からなくて。

「そうだ! 急用を思い出しちゃった。先に帰るね」

アタシは白々しく宣言すると、友哉を置いて歩き出していた。

「千佳ぁ! 今夜10時、縁マン公園入り口で落ち合おうぜぇ! 寒いから厚着して来いよぉ!」

聞こえない。全然聞こえない。千佳には全然聞こえていませんから。

 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA