縁マンで抱かれて…… INFORMATION

enman

 
 

縁マンで抱かれて…… ご案内

「なあ、千佳。あの話どう思うよ?」

友哉が話し掛けてきて、アタシは『あの話』の対象物を見つめた。
街の人に『縁マン』と呼ばれる、円形をした小高い丘を。
そして、その縁マンには、密かに語り継がれている噂が……

『満月の夜に縁マンの頂上でセックスをすれば、そのカップルは永遠に結ばれる』

その噂が嘘か誠か、その真意は定かではない。
だが縁マンを見上げる友哉の瞳は輝いていた。

「千佳、俺たちも縁マンでエッチしてさ、その永遠のカップルになってみたいと思わないか? 見晴らしのいい丘の上でセックス、気持ちいいと思うぜ」

全5話の短編ストーリーではありますが、どうぞお愉しみくださいませ。


● 目次をクリックすればそのページへ飛びます
  

登場人物紹介

恋人の少女に青姦を迫る少年

第1話
縁マンで青姦
 

美少女が恋人のためにセックスの準備

第2話
寒風に晒されて……セックス! セックス!
 

美少女が恋人に覗かれながらストリップ

第3話
裸にされてキスをして……その後は?
 

 パンティを脱がされた少女が割れ目を触られ快感

第4話
男のロマンって、パンツを脱がせることなの?

 

美少女が屋外セックス&絶頂オーガズム

最終話
バカップルは縁マンの中心で愛を叫ぶ?!
 
 
 
 

【第3話 裸にされてキスをして……その後は? より抜粋】

なぜだろう? 寒いはずなのに身体がカッカしてる。

大声出して怒ったからかな? それとも、こんな危ない展開にこっそりと期待して?
縁マンでエッチして二人の愛を得るよりも、青姦っていう危ないキーワードに千佳自身も乗り気だから?

わけの分からない展開に自問自答しながら、アタシは背負ってきたリュックサックを開けた。
中からレジャーシートを取り出すと、風をはらませながら拡げた。
重しの代わりにアタシが乗っかって、ついでに友哉も手招きして、それでもパタパタとはためいているから、着ている服も重しにするつもりで脱いでいった。

耳元では、北風だけがビュービューと唸り続けている。
それと一緒にドクンドクンと打ち鳴らされる千佳の心臓の鼓動と、フガァフガァってやってる友哉の鼻息。
とっても耳障りな音だったのに、気が付けば全然気にならなくなってる。

だって千佳は、それどころじゃないから。
どんどん身軽になっていく身体に心が怯えているの。
どんどん恥ずかしい姿にさせられる身体に、心の震えが止まらないの。

足元には真っ赤なエアージャンパーが落ちていた。
その上にセーターが乗っかってトレーナーも乗っかって、たった今、防寒ズボンも乗せられた。
……ということは、千佳の身体に残っているモノって?

「ちょっと友哉。そんなにジロジロ見ないでよ。は、恥ずかしいでしょ」

アタシは太股をピタッと閉じ合わせて、バストの真上で両腕をクロスさせて、女の子らしいセリフを呟いていた。
本当は、羞恥心よりも寒さの方が勝っているのに、やっぱり千佳は女であることだけは捨てられないから。

enman02

※ この作品は、以下のサイト様でもご覧になれます。
移動は下のバナーからどうぞ。

官能小説 告白体験談 投稿小説
女性が作ったエッチなサイト ましゅまろくらぶ
q-marsh468-60-bg3

 

〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::〓:::

h-novel_200-40

b200x40

ccbanner200-40

top

esr200-2

piasu200x40

 

 

 kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA