悪魔の集う家 登場人物紹介

 

shy468-02

46860-01

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

akuma1

 

 

【登場人物紹介】

市川遥香(いちかわ はるか)

本作品のメインヒロイン 17才 処女
女手一つで育ててくれた母親が病気で他界し、弟の孝太と共におじ夫婦の養子として引き取られることになる。
父親を早くに亡くしていることもあり、仕事で忙しい母親に代わって料理、洗濯などもこなす健気な美少女。
目の見えない弟のことをいつも気にかけて見守っている。

市川孝太(いちかわ こうた)

遥香の弟。生まれつき目が見えない。
姉の遥香には『孝ちゃん』と呼ばれ可愛がられているが、目は見えないなりに遥香を助けようと懸命な一面も。
基本的には冷静沈着な性格。

前田弥生(まえだ やよい)

本作品のヒロイン 20才 非処女
遥香と孝太が暮らすことになる市川家で、妹の皐月と共にメイドとして雇われている。
ショートカットの髪が似会う、モデル並みの体型をした美人。
表向きの仕事は、市川家での家事全般となっているが、その裏では……

前田皐月(まえだ さつき)

本作品のヒロイン 17才 非処女
市川家で、姉の弥生と共にメイドとして雇われている。
小柄な体型がマッチした美少女で、表向きの仕事は弥生と同様で市川家での家事全般をこなしている。

市川重吉(いちかわ しげきち)

市川家の当主。年令は50代半ば。
遥香の父親の義兄にあたり、母親を亡くした彼女達を養子として迎え入れている。
小太りな体型から温和な印象を受けるが、その性格は妻の千鶴子と並んで根っからのサディストである。

市川千津子(いちかわ ちずこ)

重吉の妻で、年令は50代を過ぎたあたり。遥香の父親の姉にあたる。
夫に比べグラマラスな体型をしているが、その性格は夫より残虐とも。
相当なサディストであり、ヒロイン達に難癖を付けては鞭で打ち据えることも。

市川和志(いちかわ かずし)

重吉、千津子の息子で、20才になる青年。遥香と孝太の義兄。
前髪をすだれのように垂らした髪型で、優柔不断な性格。

今川

市川家の使用人をしている男。
浅黒い肌をした不気味な男で、遥香と孝太の大きな決断に関わってくる。

 
 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu00

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA