夫婦が服を脱がせ合って裸に

 

shy468-02

46860-06

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

shat

 

第4話 キスしあって、脱がせ合って、裸を見せ合って

カチャ、カチャ、カチャ……

あたしとお父さんは、キッチンで遅い夕食をとっていた。
メニューはもちろんカレーライス。

「雪音。今度の撮影、上手くいくかなぁ?」

「そんなの……もぐもぐ……やってみないとわからないわよ。でも、お父さんだってプロのカメラマンのひとりなんだし、もぐもぐ……白黒の撮影や、ハメ撮りくらい経験あるんでしょ?」

「お、お前……い、今なんて……うっうぅぅぅぅ……」

「ほら、泣かないの。いまどき、こんな情報は、ネットでいくらでも手に入るのよ。それより、スタジオの方なんだけど、さすがにベッドを持ち込むわけにはいかないでしょ。マットで我慢してもらおうかしら?」

あたしは、スプーンを口にくわえたまま、お父さんの方を見る。
ここは、人生経験豊富。あっちの方もあたしが産まれたんだし、一応、豊富のはず?
まずはご指南を……

「うん、雪音に任せる……それよりも、カレーお代わり。ついでに卵も……」

「ダ~メ。我が家では卵は1日1個まで! ホントに頼りにならないんだから」



翌日、美帆さんと共に旦那様の毅さんが、スタジオを訪れた。

「よ、よろしくお願いします」

「こちらこそ。撮影アシスタントの北原雪音です」

日焼けした精悍な顔をしているけど、ちょっと気弱かな?
目が泳いで表情が硬い。
まあ、今からやることが、その~やることだし、これで普通かもね。
それに、さっきからソプラノボイスで撮影準備をしている『ピンクの傀儡子』さんより、ずぅ~っとずっとマシかも。

「雪音、照明はオレンジ色に……」

だからお父さん、声を裏返えさないでって……もう!

「小野寺さん、こっちは準備が整いました。始めてもらって結構ですよ」

そのお父さんが、むせ返るほど声を殺しながら合図を送った。
あたしは、カメラの横で待機する。

薄オレンジの世界に、大きめのマットレスが1枚。ただし掛け布団はなし。
ここは、撮影に関しては冷静なお父さんの判断で……?

「あなた……」「あ、ああぁ……」

美帆さんに促されるようにして、ふたりがマットレスの脇に立つ。
鼻息が届くくらい間隔でしばらくの間、向き合っている。
そして……突然のキス。

背の高い毅さんが、首を折り曲げるようにして美帆さんの唇に触れた。
毅さんが美帆さんの肩を抱いて、美帆さんが毅さんの背中に両腕をまわして……
ふたりとも目を閉じたまま喉仏のあたりを、唾液を呑み込むようにゴクリゴクリと動かして、濃厚なキスを続けている。

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

お父さんがシャッターを押した。

これが大人どおしのキス……?!
想像していたのと全然違う! でも、なんだかすごい!

あたしは、ふう~って熱い息を吐いた。
隣でお父さんが羨ましそうな顔をしている。

いつのまにかキスを終えたふたりが、また鼻息が掛る間合いで向き合っている。
そして、どちらからとなく両腕がお互いの身体に触れた。

シュルシュル……スス、スススッ……カチッ……シュルシュル……

あたしの見ている前で、毅さんの逞しい筋肉のボディが露にされていく。
美帆さんの成熟と若さを兼ね備えた、魅惑的な肉体も晒されていく。

スス……スススス~

膝立ちになった美帆さんが、毅さんのトランクスを慣れた手付きで下ろしていた。
ウエストの前部分をつまんで、はち切れそうな男の……そのシンボルを交わしながら片足づつ抜き取っていた。

「わ、あわわわぁ?!」

生まれて初めて目にする男の性器。
太くて長くて、斜め45度で天井を上向いていて……先っぽがぬらりと光って……

そうしたら、目が合った美帆さんが自分の身体で毅さんを隠した。
彼女だって、腰に白い下着1枚だけなのに、カメラの前にその背中ラインを晒した。

「あなた……早くぅ……」

「あ、あぁ……美帆」

美帆さんの甘い催促に毅さんが応える。

スルッ……スススス~

慎重に、滑らかな肌を指先が傷付けないように、最後の1枚を引き下していく。
毅さんは、露にされた女性の部分に顔を埋めたまま白い布切れを脱がせると、手のひらに収めた。

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

その瞬間を逃すまいとシャッターが鳴いた。
その音に、美帆さんの若々しいお尻のお肉が震えた。
彼女の腰に貼り付いた褐色の両腕が、強く強くギュウっと喰い込んだ。

あたしは口の中をカラカラにしながら、乾いた空気みたいな唾を飲んでいた。
全身がオーバーヒートするを感じながら、瞬きだって忘れかけていた。

どうなるの? この後は、ふたりで何をするの?!

そうしたら、美帆さんが先に動いていた。
小さなお花が散りばめられたマットレスに仰向けに寝転ぶと、毅さんを呼ぶように唇を動かす。
それに呼び寄せられるように、毅さんが上から覆いかぶさっていく。

「ああ、あなた……」

「美帆……」

 
  

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA