女子高生の娘が父親の前でヌードモデル

 

shy468-02

46860-03 (1)

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

shat

 

第1話 お父さん、綺麗に撮ってね♪

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

「よぉーしOKだよ。雪音。ちょっと休憩しようか?」

「はぁ~い」

夏空をイメージしたブルーなライトの下で、あたしは仰向けの身体を起こした。
そして、はあ~って大きく伸びをしながら、紐ブラジャーからはみ出た乳首を指で押し込んだ。
ついでに、紐パンツから覗いちゃってる大切なお肉もそっと隠してあげる。

いつもの撮影。いつもの仕草。
お父さんは、あたしに休憩だって言っておきながら、カメラを覗いて次の撮影準備に余念がない。

でも、今日こそ言わないと……!
おとといだって、その前の撮影のときだって、結局言いそびれちゃったし……

「うん。今日こそは……ファイト! 雪音」

あたしは椅子の前でUターンすると、カメラの元へと向かった。

「お父さん……あのね……」

ここまで言って、ゴクンと唾を飲み込んで、あとは、エエイッって感じで……

「ほら、ティッシュ、たくさん持ってきたから!」

カメラから目を離したお父さんは、部屋の端に山のように積まれたボックスティッシュとあたしを、交互に見たままポカンとしていた。



「ううぅ、やっぱり……僕には……」

「ううぅでも、やっぱりでも、僕でもないの! いつまでも水着からチラリじゃ、儲からないでしょ。お客さんにだって、マンネリばかりやってると、どこかの一発芸人みたいに忘れられちゃうでしょ」

「でも、僕と雪音は実の親子なんだし、その……ゴニョゴニョまで撮るというのは……そのぉ……」

「もう、焦れったいわね! 娘のあたしが恥を忍んでお願いしてるのに……ホントにだらしがないんだから。だいいち、『ゴニョゴニョ』ってなによ! 男だったらはっきりと、お……お……お、オマ○コって……言いなさいよ! さあ、始めるわよ! カメラ早くっ!」

「ゆ、雪音、い、今……なんて……お、おま……うぅぅぅっ」

「もうお父さんったら、こんなことで泣かないの。あたしだって年頃なんだから、こんな用語くらい知っているわよ。まあ、人前では話さないけど……っていうか、早く始めましょ」

あたしはステージに上がると、水着を脱いでいった。
全然平気って顔で、ブラジャーを取ってパンツを下した。
全裸のまま、唖然とするお父さんの前で、どこも隠さずに突っ立っていた。

優柔不断なお父さんを急かせるため……
今更になって、恥ずかしいって叫ぶ女の子の雪音を黙らせるため……

こんなの恥ずかしくなんかない。
そうよ。いつもの撮影のときだって、素っ裸のまま女の子の割れ目に絆創膏だけで平気だったから。
乳首を指先で隠しただけで笑っていられたんだから。
だから……だから……早くっ……

「そ、それじゃあ雪音、いつものポーズから」

「わかった。綺麗に撮ってね♪」

観念したお父さんが、ぼそっと呟いた。
それに応えたつもりのあたしも、ちょっと声が裏返っちゃった。

ごめんなさい、お父さん。
こんな、はしたなくてワガママで毒舌な娘を許してね。

あたしは腰に左手を添えると、右足を半歩前に踏み出し、身体を半身にする。

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

全裸のあたしを捉える初めてのシャッターの音。
その音に導かれるように、あたしは次々とポーズを決めていく。

「そこで振り向いて……そう。今度はひざを開いて、顔は横向きで……OK。こっちを向いて、挑発的な笑顔で……! そう、いいぞ! そう、そのまま!」

撮影が進むにつれて、お父さんの声に勢いが増していく。
次第に要求するポーズが卑猥なモノへと変化していく。

お父さんのアソコ、パンパンに膨らんでるよ!? 興奮しているのかな?
あたしは、猫のように四つん這いになりながら、黒眼を走らせた。

でも、それって仕方ないよね。
こんな可愛い女の子が、オールヌードでモデルしているんだもん。
それにあたしだって……

「雪音、お尻をこっちに向けて」

「……うん」

あたしは這い這いしながら言われたとおりに、お尻をレンズに向けた。

「あ、あぁぁ……」

頭のスクリーンに、この前撮影した律子さんの裸体が映し出されてる。
ボリュームのある真っ白なお尻のお肉が、頭の中でズームアップされる。

雪音も、一緒のポーズをしている。
まだまだボリュームなんか足りないけど、お尻の割れ目を……ううん、もしかしたら大切な処まで……!

そう思うと、『恥ずかしい』って声が飛び出し掛けて、慌てて口をつぐんだ。
お父さんの隣で腕組みしながら雪音を見つめる、あの時のあたしに負けたくなくて、言われてもいないのにお尻をグッと突き出した。

カシャッ、カシャ、カシャ、カシャッ……

カメラが鳴いた。
あたしは、息を止めてそれが終わるのを待ち続ける。
そしてお父さんから新しい指示が飛んだ。
「足をひらけ」って……

 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA