スカートを脱がされた少女から恥毛が

 

shy468-02

46860-25

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

yamiiro03

 

  

【第23話】
忍び寄る悪魔の足音

「ぐふふふっ、もう逃がさないぞ、千尋」

千佳は、部屋の隅に追い詰められていた。
だが当の彼女からは、まだ救援の合図は届かない。

レイプ魔の目をした緒方の姿に、卓造は悶々としながら待ち続けた。
その間にも身動きの出来ない千佳に向けて、男の両腕が襲い掛る。
腰も引けない彼女の下半身に触れると、スカートのホックを外しファスナーを引いた。

「嫌ぁっ、スカートを脱がさないで……ヒィィッッ! 誰か……」

「諦めるんだな、千尋。これ以上逆らったりすると、ハヤシバラ文具との取引は解消させてもらうよ。そこにいる上司も困るんじゃないのかね」

垂れ下がったタイトスカートのウエストを掴んだまま、緒方が牽制するように卓造の方を見る。

「な、何をしているんですか? 彼女から離れなさい」

「うるさい! 千尋はワシの女だ。この女のオマ○コはワシのもんだ!」

とても大手企業の副社長とは思えない。
緒方は血走った目でそう吠えると、ガードしようとした千佳の手を振り払い、タイトスカートを一気に引きずり下ろしていく。
ヒザの辺りまで脱がされて、彼女の股間に淡い翳りが覗いた。

「ヒャアァァッッ! 見ないで! 恥ずかしいアソコをみないでぇっ!」

「うっひょお、可愛いマン毛じゃねえか。その奥も見させてもらうぜ」

千佳の悲鳴など、豹変した緒方には聞こえていない。
スリットの先端を晒したまま震える股間に、太短い指を這わせていく。

「ヤメロぉっ! この変態、さっさと手を放せ!」

もう我慢の限界だった。
卓造は緒方に飛び掛かると、背中から羽交い絞めにする。
その間に千佳が、ヒザに絡んだスカートに足を取られながらも脱出を図った。

「クソぉっ! こら、何をする?! こんなことをして、ただで済むと思ってるのか?」

「ああ、充分思っているさ。小嶋技研副社長の悪行は、この通り撮影させてもらったからな」

ずり落ちたスカートを引き上げた千佳が、卓造のスマホを緒方に突き付けていた。
縦長の液晶画面には、数分前の凌辱劇が鮮明な画像で再生されている。

「お、お前達、このワシを嵌めたんだな。いったい、なんのために?」

卓造が腕の力を緩めた途端、緒方はヘナヘナと床に崩れ落ちていた。
ヒザをついてしゃがみ込み、恰幅の良かった肩が情けないほどすぼみ、後退した頭頂部の髪だけを強調させて項垂れている。

「ふぅー、無茶をしやがって……後でお尻ペンペンだな。はははっ」

「へへへ。ごめんなさい、おじさん。でも、わたしのお陰でうまくいったでしょ?」

「ま、まあ……そういうことだけどな」

卓造は無邪気な笑顔を見せる千佳に、仏頂面のままで天井を見上げた。
ハードボイルドな男を気取って、その間に、これからのことをシュミレートしていく。

この動画がある限り、副社長派は終わりだろう。
千佳の父親である小嶋技研社長、小嶋啓治の社長の座も取り合えず安泰でいいのだろう。
後は、この緒方をどう利用するかだった。
この男を手駒にして、和也を封じ込めることができれば……

(これで本当に良かったのだろうか?)

そう考え始めた卓造の脳裡を、小さなわだかまりが駆け抜けていった。
千佳の顔付きを見れば、一目瞭然の完全な勝利を得たのに、どうしようもない不安が脳裡だけでない。
胸の中まで覆ってくるのだ。

卓造は嫌なモノを振り払おうと、首を振った。
危機一髪の千佳の動画に目を落としている千佳が、ぼやけるように歪んで……

カチャッ……!

ドアが開く音がした。

「どうせ、こんなことだろうと思いましたよ。クククッ……」

そこに立っていたのは和也だった。
感情を消した冷たい笑い顔のまま、肩の凝りでもほぐすように頭を傾げて首筋を伸ばしている。

「お、お兄ちゃんが、どうしてここに……?」

「そんな……和也君、キミは確か社長と出張のはずでは……なぜ?」

スマホから顔を上げた千佳は茫然とした口ぶりで呟くと、金縛りにでも会ったように全身を硬直させた。
振り向いた卓造も然りである。

事前に和也の予定は調査済みである。
父親の社長と共に、朝一の新幹線で東京へ向かったはずである。それなのに?

「急に気が変わりましてね。親父……いや、社長には申し訳ないですが、おひとりでの出張をお願いしました」

「それで、引き返した後は、俺達の行動を監視していたと?」

「ええ、そうです。本来の監視役だったお方が役立たずのようですからね。仕方なく僕が代わりに」

和也は卓造から目を離すと、瞳だけを真横にスライドさせる。
背後に控えていた男に向けて、面倒臭そうにアゴをしゃくった。

「申し訳ありません。千佳様、佐伯様」

肩を落とした藤波が、力のない足取りで姿を現した。
まるで縄を打たれて引き立てられた罪人のように。

「まったく、どういうつもりでしょうか? 恩を仇で返すとはまさにこのことですよね。千佳と同い年の妹さんが入院しているというのに……残念です」

そんな藤波に対して、和也の言葉は背筋が凍るほど寒々しいものだった。
そして最後に付け加えた『残念です』が、入院中だった妹の運命を悲惨な意味で暗示していた。

 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA