クリトリスの皮を剥いて、指で弄って

 

shy468-02

46860-10

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

yamiiro03

 

  

【第9話】
黒いレンズにせっつかれて、男は軟肉を……

 行き交う車の騒音をバックミュージックに、卓造は千佳への愛撫を始めた。

胸元に差し込んだ左手が、張りのある乳房をやわやわと揉みしだいていく。
10代特有の硬さのある乳肉に5本の指を貼り付かせて、下からすくい上げるように刺激する。

同時に、スカートの中に差し込まれた右手が、千佳の手助けなしに花弁に触れた。
ノーパンで冷え切った恥肉を人肌に温めようと、小判型の肉丘を手のひらで覆う。

「あ、はぅ……もっと激しく……でないとアイツが、んんっ、割れ目を、擦って……あふ、くうぅん」

白い前歯を覗かせたまま、千佳が甘い声を漏らした。
それでも鋭い目力を湛えた両目は、道路の対岸を捉えたきりその視線を外そうとはしない。

和也の命令で監視がこっちを覗っているのだ。
ここが白昼の歩道にも関わらずに、妹の肢体を他の男に弄ばせる様をおそらく撮影し報告するためにだ。
そしてその結果次第で、卓造の運命は決まる。

「あぁ、はぁ……おっぱい、気持ちいいからぁ……早く、アソコも……んん、じれったいわねぇ、オ、オマ○コも……弄って、んくぅっ」

千佳が禁句の単語を口にして、恥じらうように目を伏せた。
けれども数秒も経たないうちに、口を大きく開いて空虚な声を放出させる。

(この子は本気で俺を助けようと、大げさな演技までして感じているフリを。だったら俺も)

千佳の想いが伝わるほど罪悪感が募り、それが戒めのように卓造の指を強張らせていた。
その指先全てに、男の本能を注入させる。

「千佳ちゃん、本気で鳴いてもらうよ」

一生涯触れることなどないと信じていたセーラー服の少女に、卓造の性欲もタガが外れた。
右足を大きく前へ踏み出すと、太股を使って千佳の両足を更に拡げる。
女性器をガードするように覆った手のひらを引き剥がし、指先を立てた。

くにゅ、くにゅ、くにゅ、くちゅうぅっっ……

「あふっ、はあぁぁ……そうよ、千佳のオマ○コ……好きにして……ひうっ」

人差し指と中指が肉厚な扉を開いて中に沈んだ。
追い掛けるように薬指と小指も埋没し、取り残された親指が亀裂の先端を押した。
薄い包皮に覆われたクリトリスを刺激する。

その瞬間、千佳の両肩がバウンドするように揺れた。
演技なんかではない、本気で感じたのだ。

「はぁ、はあぁ……おじさん、上手……んん、アイツなんかと違う……優しくて、指がぁ、ヒダに絡みついてきて」

鼻に抜ける千佳の声が、耳元で囁いてくる。
その甘い声援をエネルギーにして、卓造は大胆な指使いで千佳を責め始めた。
ここが、歩道に面していることも忘れて。

「ふふっ、千佳ちゃんのオマ○コ、熱くなってる。それに、これは何かな?」

「はうぅっ、いや……そんなの見せないで……意地悪」

卓造は花弁から引き抜いた指を、千佳の顔の前でかざした。
テラテラと輝く糸を引く指先を2本同時に立てて、ツンと尖った鼻先にひっつけてやる。

これがホテルの一室なら……
誰の目も感じない密室なら……

通りの対岸にいた黒い影が消えた。
まるでワープでもしたように、イチャつく年の差カップルの傍に出現すると、平然とビデオカメラを構えている。
黒いサングラスにマスク姿。
このまま鋭い刃物でも携えて銀行に向かえば、間違いなく手錠が待っているだろう。

目をトロンとさせた千佳が、コクンと頷いてみせる。
目の前に監視がいる以上、彼女の方から指示は出せないのだ。

「ふふふっ、はしたない娘だ。オマ○コがびっしょりじゃないか」

代わりに卓造が口にしたセリフは、限りなく棒読みに近かった。
だが彼が気弱な男であることは、和也も知っていることである。
それよりも今は行動で示すことが先決だった。
千佳を辱めることが出来なければ、彼女の助言通りに悲惨な末路が待っているのだ。

「チンポを入れてやるから、そこに手を突くんだ」

再び棒読みセリフが響いた。
それでも千佳は向かい合う卓造から身体を反転させると、ビルの壁に手のひらを突いた。
命じられるまでもなく、両足を肩幅に開いている。

ファサッ……!

「ひゃあぁっ! や、優しくして……おじさま……」

卓造の右手が、太腿まで露わにさせたスカートを豪快に捲り上げていた。
パンティーを穿かせてもらえない、白桃のようなヒップが露出される。

(きれいだ! 真っ白で沁みひとつなくて……それなのに俺は……?)

卓造は強張る指にズボンのファスナーを引かせると、硬直させた肉棒を摘まみ出していた。
胸のハートが割れ鐘を打ち鳴らすなか、身体を千佳の背中に寄せる。

「お嬢ちゃんのオマ○コ、愉しませてもらうぜ」

少女の無防備な後ろ姿に、もっと見惚れていたかった。
だが黒いレンズがせっついてくる。

伸ばした指が、尻の割れ目の下半分を拡げた。
深く刻まれた谷間から、それに続く恥肉の溝が白昼に晒されて卓造の喉が鳴る。
もう片方の指に支えられたペニスが、いれ込むように脈打ってみせる。

ずにゅ、ずにゅ……ずりゅぅっ……ズズズゥッ……

 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA