ノーパン少女の股間に指を!

 

shy468-02

46860-09

banner-S

kannou468-4

9a1eb14d

468x060

 


 

yamiiro03

 

  

【第8話】
リードしているのは、誰?

 (いっぱい恥ずかしいことをしてやるつもりだったのに、気付けば相手の少女にリードされているなんて)

どちらかといえば背の高い卓造に、背伸びしてまで唇を寄せる千佳。
その少女に背中を抱かれながら、卓造もまた千佳の背中を撫で回していた。

「ちゅぷ、ちゅぷ……もっと舌を入れて構わないから。その、唾も垂らしてよ。ほら、ディープキスしよ」

斜め45度で重なり合った唇が、千佳に導かれて濃厚なキスを開始した。
卓造は言われるままに唾液に塗れた舌を伸ばすと、半開きになって待つ千佳の唇の間をすり抜けていく。
そのまま滑らかな舌肉を捉えると、絡ませながら男の唾液を沁み込ませていく。

「はんむぅ……千佳ちゃんの唇って柔らかい」

爽やかなミントの香り。それに仄かに甘いイチゴの香りも。
それを卓造は舌全体で感じて、千佳の唾液と共に自分の口内に持ち込んでは、再度その香りを味わっていた。
たった一度だけ経験したことのある、遥か20数年前の切ない記憶を呼び起こしていた。

「ちゅぶ、ちゅばっ……ぷはぁ、キスはもういいから、今度は身体をお願い。好きに弄ってくれていいから」

そんな青春の思い出は、20才以上年の離れた少女の催促に掻き消されていた。
愛し合う恋人どうしでも赤面しそうなセリフが、夢見心地の卓造を現実へと引き戻していく。

「いいの、ホントに? こんな所で身体を触っても?」

「していいから。こんな恥ずかしい言葉。女の子に何度も言わせる気?」

「あ、いや……その……」

千佳は首筋まで肌を赤く染めると、覚悟を示すように自分からエンジ色のスカーフを抜き取っていた。
続けて白線がVの字に切れ込む胸元に手を突っ込むと、固定するスナップをプチプチと外して、襟首を大きく拡げる。

「ごくっ、ごくっ……手を入れるよ」

卓造は溢れそうになる唾液を飲み干した。
青春の残り火だったキスの香りも消化させながら、左手をそっと差し入れる。
だらしなく開いた胸元から腕を突っ込んで、その内に潜む下着に触れようとした。
双乳をガードするごわごわした感触を、まさぐるようにして探した。

「どうして? まさか、千佳ちゃん?!」

制服に圧迫される狭い空間で、卓造の手のひらが固まる。
汗の滲んだ指先が、プリンのように弾む肉の塊に触れたのだ。

「ふふっ、驚いたって顔をしてるわね。そうよ、ブラはしていないの。ついでに言っておくけど、下もそうよ。アタシはパンツも穿いていないから。アイツの命令で、学校へ通う時も家にいる時も、下着なしで生活させられているのよ。レイプされてからずっと」

千佳は早口でそう言うと、卓造の右手を掴み彼女の下半身へと連れていく。
折り目正しいスカートヒダに指先を触れさせると、それに添わせるように千佳の膝小僧のあたりまで誘った。

「さ、中に手を入れて。遠慮しないでいいから」

確かに、ここなら多少大胆に振舞っても人目には付きにくいだろう。
歩道から少し奥まった所にいるため、真っ直ぐに前を向いて歩く限りは目に入らないかもしれない。

けれども、麗しい女子学生と、中年の営業マン。少しでも目線が横にずれれば、いちゃついているのは明白である。
それもかなり大胆なモノを晒す羽目になる。特に千佳にとってはだ。

「佐伯さん、何を怖気づいているのよ。このくらいやって見せないと、アナタは今日1日で見切りをつけられるわよ。早くスカートを捲り上げて、アソコを触りなさいよ。ア、アタシは……平気だからさ」

黒目を泳がせながらも、急かせる千佳がいじらしかった。
卓造には、昨夜の和也の言葉を否定する気にはなれない。
しかし、どう見ても羞恥に耐えているとしか思えないのに、男を災いから逃れさせようと懸命に振舞う少女に分がある。
今は、そう思えてならなかった。

「もういいよ、後は俺がするから。千佳ちゃんはそのままじっとして」

卓造は指先にスカートの裾を引っ掛けると、太股の横を滑らせるようにして持ち上げていく。
本音を言えば、自分のコートの前ボタンでも外して、千佳の痴態を包み隠したいところだが、遠目に監視がいるとあっては、それもままならない。
彼女の心意気に報いるためにも、行為は大げさに、それでいて繊細な指使いを。

「んん……風が……冷たい……」

右側だけ大きく捲り上げられたスカートから、真っ白な太股が付け根まで覗いた。
パンティーを身に着けていないむき出しの股間に、真冬の北風が吹きつけてくる。

「早く触って、温めてよ」

土壇場で怖気づく卓造の右手首を、また千佳が掴んだ。
自分から少し股を開くと、立ったまま自慰をするように亀裂に指を押し当てていく。

「あ、あぁ……千佳ちゃんのアソコ、あったかい」

「ホント、いい年して情けないんだから。『後は俺がするから』って言ったのは誰よ。ほら、左手も止まっているわよ。千佳のおっぱいを揉みなさいよ」

卓造は年下の少女の言いなりだった。
でもそれが、とても居心地良かった。

(俺はこの少女を? まさか、そんな……?!)

 
 
 
 

200-40pix

mitinohosi

レメバナー21

shintsuyamilk2

banner_201401221950132f1

banner_20131213230538cb0

banner1

banner_lock

puloto

 
 
 
 

shu01

shu02

shu03

 
kanrinin01
 
toukou
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA